ドラゴンボール超 86話

17号に会いに行くのにデンデが案内してくれたなんと悟空が少年時代に神殿に初めて行ったときに連結して以来連結しっぱなしだった如意棒とカリン塔の連結を取り外し、17号がいる島の上空まで神殿ごと移動。突然何この初披露機能。デンデとの会話の中で、純粋ブウの生まれ変わり(ウーブ)の存在ともう少し大きくなったら戦い方を指導してあげてくれという話も出てきた。

17号は当時よりも遥かに強くなっており敵のままだったら脅威であるほどだという。当時の強さって神コロ様と互角、16号とセル(第一形態)に及ばない程度のレベルだったのに、今回勝負を挑んできた悟空ブルー相手にお互い本気じゃないとはいえ互角の戦闘力を見せるという上げっぷり。つくづくピッコロや悟飯の弱体化著しいな…。

17号相手には嘘が通じず、島を保護するために2時間でも離れるわけにはいかないと拒否。何故か黙っている宇宙消滅の話という参加へ向けての切り札になる話までした悟空だったが、17号はみんな消えるならそれはそれで仕方ないと言い放ち参加を拒否してしまい1話で参加は決まらず。

島に向かって変な宇宙人が迫ってくるという次回も丸々17号に費やす勢いで次回へ続く…。試合始まらない…。

クールな性格はそのままにすっかり大人になった17号に対して悟空の退化っぷりが…。セル戦の最後には父親失格っぷりを晒したとはいえ、それでもまだあの頃の方が精神的に大人だったよなぁ…。

ドラゴンボール超 85話

それぞれの宇宙の思惑という時間稼ぎのような回。第7宇宙をハブにして他の界王神が通信会議を行うも建設的な話し合いにならず、提案者の界王神も「みんなで全王様に考えを改めてもらうよう進言しよう」という程度の低い話で文字通り時間の無駄に。

破壊神同士でも同じような通信会議が行われていたが、こちらに関しては一部の破壊神は悟空のおかげで即消滅を免れたと悟空を評価する者、態度が悪いと嫌う者など様々。

悟空は17号の居場所をデンデに聞きに行くがその道中で修行中のブウと手合わせ。前覧試合を終えて気合いの入ったブウは修行し続けて激ヤセしていた…が眠くなってたので大会始まったら元に戻ってるか寝てて使い物にならなそう…。

悟飯はピッコロの元に出向き、怠け切ったその力を鍛え直してやると仰るピッコロ。さすがに悟飯もピッコロ以上のカンは戻ってるんじゃないのか…。

結局17号に会いに行くという当初の目的が果たされないままに終了。いつまで続くんだこれ。