ドラゴンボール超 96話

フリーザを正式に10人目として全員が揃い、ついに大会の会場へ。みんなが集まる前に一足先に完成した舞台に来ていた他の宇宙の界王神や破壊神。舞台は意外と狭く、隠れるような場所も無い。強度を心配する一部の破壊神に大神官はカッチン鋼よりも硬いカチカッチン鋼で作られているから大丈夫だと豪語。しかし実際に3人の破壊神が試しに舞台で戦ってみたところ、ちょっとズドンとやっただけで昔の天下一武道会はおろか、以前の第6宇宙との格闘試合や、先日の前覧試合の時よりも大穴がドッカンドッカン。豆腐の上で戦ったんですか?と聞きたくなるほど最終的にはズッタボロになってしまった。

カチカッチン鋼とか豪語しておいてちょっと戦っただけでガッタガタで目も当てられない状態になるって大丈夫なのかよ…。大神官はいい反省材料になったとか言いつつも出迎えで忙しいからと破壊神3人に強度を増しての修復を投げちゃってるし。破壊神の戦いがそれだけ凄いものだという描写なのかもしれないが、カチカッチン鋼の硬さが全く伝わらず、名称が出るなりその豆腐っぷりがクローズアップされてカチカッチン鋼(笑)になってしまったカチカッチン鋼の立場

各宇宙の戦士も集まり、フリーザは早速フロストと意気投合し、協力を呼びかけ合う。ゴールデンフリーザとフロストでは戦力差がすさまじいことになっていると思われ、実際に実力を見たらフロストは恐れおののき、フリーザはガッカリするという勢いじゃないくらいガッカリしそう。お互いシンメの存在とはいえそんな相手と見た目だけで結託してしまって大丈夫だろうか。

武空術使用禁止問題に関しては既にこの空間自体に調整がされていて、飛べないようにされていた。さらに重力も出身宇宙の重力が各自に適用されているという。惑星ベジータって地球より重力重かったと思うんだけど、それだと悟空とベジータは普段より重くなっているんじゃないか。確かナッパやベジータが地球に初めて来襲した際にこの星は重力が軽くてスイスイ動けると発言してたような。悟空やベジータは現在の居住星である地球で出身判定されているんだろうか。

また場外に落ちたらどうなるかは明言されなかったが、底が見えない闇になっていて無事では済まなそう。ベジータが飛べばいいと発言→飛べない設定が明かされる、という流れだったが、飛べないルールを知ってそれを知らされていなかった面々が驚くような描写は特になし。ベジータの発言も落ちた後に飛んで戻って来ればいい程度にも取れるような形に。武空術使用禁止は悟空や悟飯が他のメンバーに伝えていた描写が皆無だったがまあ今更また悟空の言動不足のせいで揉めてもね…。

悟飯や界王神による作戦はなるべく固まり、挑んで来たら1人なら2人、2人なら3人がかりで叩きのめすというシンプルなもの。悟空ベジータフリーザは言う事聞きそうにないので悟飯とピッコロが戦況を見ながら戦う考えのようだが、舞台が思ったより狭いので色々と瞬殺で終わってしまいそう。

ありがとうさようならガラケー…そして。

このサイトにあるプロフィール欄を見ると携帯電話を使い始めてからの使用期間と歴代機種が記録してある。携帯電話を周囲が持ち始めたのはちょうど00年3月の中学卒業時期。卒業前に買ってもらったというやつがクラスに数名いる感じで、00年4月高校入学と同時におおよそクラスの半数程度が買ってもらった感じになり、ワンギリ文化や意味のないショートメールのやり取りなどが流行。中学時代までは無かった新たなツールとして時代と共に進化していった。高校を卒業する頃にはもう持ってない奴が数人とかそういう普及率だったと記憶している。

J-PHONEだった社名もVodafoneに変わり、ソフトバンクへ変わり、外人が「予想GUYです」と言い始めて犬がお父さんになったCMを始めて落ち着いた。やがてスマートフォンが登場した。そんな中でもガラケーを使い続け、2014年からは格安スマホと2台持ちへ変更したが、2011年秋に変えたNEC最後のガラケー001Nがこの6年弱の中で徐々に疲弊

第一ケータイ

2014~15年頃だろうか?ここの蓋がどこかへ旅立っていった

第二ケータイ

今年になると1回落とした際にここの部分が彼方へと旅立っていった

第三ケータイ

そして先日、ここの蓋までもが何処へと旅立とうとしたが引き留めた

という感じでパーツがボロボロ剥がれ落ちてきてしまい段々無残な感じになってきた。前任の820Nは現役バリバリだったところ、自転車走行中にポケットから落下、背後から来たトラックの下敷きになり木っ端みじんという一撃での凄惨な最期を遂げたが、今回のはじわじわボロくなっていく。さらに前任のV-601N(GOING UNDER GROUND「ハートビート」CMタイアップで宣伝してたやつ)は4年半使っただけで電池が瀕死(1回電話しただけで電池残量真っ赤)だったが、電池に関しては過去最長の5年8ヶ月の使用でもへたることはなかった。まあ途中で電池パック1個無料プレゼントを駆使したのもあるが。

とはいえパーツが3つ旅立ち、角も欠けてボロボロなのでこれはそろそろなんじゃないかと思い、思い立ったが吉日。機種変更をする事にした。

しかし既にスマートフォンは格安スマホのZenfone Goを昨秋購入したばかりでここでスマートフォンに乗り換えたら意味が無くなってしまう。なので店員の「ガラケーからスマートフォンですとお得な…」という言葉を遮るようにガラケーを宣言。既に選択肢は3つしかなく、そのうちの1つは「かんたん携帯」。しかも厳密にはガラケーはもう滅んでいた。さらっと4Gのガラホと呼ばれるものへと変化していた。

ガラケー全盛期はSHARPが最先端を誇っていたので、反抗期だった俺はSHARPを回避し続け、やれKENWOODSANYONECだとそんなとこが携帯出してたの!?ていうかSANYOもう無いよ!と現代では驚かれそうな会社の機種ばかり選んでいたが、回避し続けて17年、ついにSHARPの携帯を手に取る時が来た

SHARP降臨

なんだか色々な新プランがあり、無駄に6000円くらいかかっていた使用料が半額以下くらいになるという事で結果的に物凄いコストダウンになる模様。というのも当時はパケ放題が定額で4000円超えるようなのしか無かったが、現在はGBごとに選べたり、使った分だけ上がっていって以前の4000円強のラインで上限になるという仕組みのもあるという。Web使用の大半をスマートフォンでやっていて、ガラケーではほとんど使わない、調べたら毎月1000円ちょい相当しか使ってなかったらしく、これがコスト減に繋がった。というか無駄にボラれていた感じじゃねーかこれ。5年8ヵ月も料金プラン放置はマズかったか

雑記

ドラゴンボール超 95話

第9宇宙の刺客が悟空とフリーザの暗殺に登場するがゴールデン化したフリーザはものともしない。というか地獄で精神統一した事でレベルアップしてゴールデンの時間制限が無くなって無敵になったのを示すためだけにわざわざ変身したっぽい。困った刺客ボスは破壊神からもらった破壊の力でフリーザを捕獲するもフリーザは打ち破ってしまう。そのままフリーザは破壊の力を油断していた悟空にぶち込んで捕獲。第9宇宙の界王神と破壊神に生き返らせることを条件に引き抜きを持ち掛ける。さすがの第9宇宙もこんなアブない奴を入れるのはどうなんだとモメてしまい交渉はまとまらなかった。

そこにウィスとビルスが登場。気づいてきたわけではないようでフリーザの謀略にも気づかず、フリーザも以前のようにビルスにビビらない始末。フリーザが脱出できた破壊の力を破れなかった悟空はビルスに助けてもらい、何故か誰も回復してないのに服が元に戻ってフリーザと1発対決。200%勝つと自信満々だったフリーザに対して相撃ちに終わり、またしても誰も回復してないのに全開した悟空とフリーザはようやくみんなと合流。ようやく大会へ向かう事になった。

どう考えてもあんな量産型の雑魚刺客しか送ってこれないような弱そうな第9宇宙に行ったところで第9宇宙最強にはなれても他の選手レベルがたかか知れてて勝ち抜くのは無理そうなんだけどフリーザは何を言ってるのだろうか。厄介すぎる悪のフリーザと言うのを強調したかったんだろうけど、もう少し冷静で冷徹な奴じゃなかったのかフリーザ。

ドラゴンボール超 94話

悟天トランクスは17号と交代で島へ移動。大会の事は黙っておくらしい。ブウ編の時は戦える戦士がいなかったので最前線での戦いを託されたこの2人、父親が2人とも蘇ったからとはいえ、Gフリーザ戦といい、おざなりな扱いが続くなぁ…。激しく落とされた悟飯やピッコロでさえ今回のシリーズで復活したのに、この2人は超ゴテンクス3状態でコピーベジータの足元にも及ばないというのが最後の戦績のまま…。

一時期は超はGT以下とまで言われる事もあっただけに、17号やクリリン、ピッコロ、ブウ、最後は悟空など容赦なく原作生存キャラを亡き者にしたGTに対して、17号と18号とクリリン、17号とピッコロ、カリン様と亀仙人…など原作のその後の関係性を描いた描写が実に当時の読者・視聴者ホイホイ。

フリーザはラストでようやく地上に降臨。しかしスパイに入っていた第4宇宙が第9宇宙をそそのかし、第9宇宙からたくさんの刺客が悟空とフリーザを取り囲む。フリーザはゴールデン化して準備運動として彼らに勝負を挑もうとする…。

瞬間移動でこいつら無視できるんだけど、言う事を聞かないフリーザ、まもなく時間なのに2人が遅い事に苛立つビルスという謎の構図になっているが、そもそもフリーザは以前悟空と戦った時もそこにいるだけのビルスにビビっていた。ビルスが一声いいからおとなしく大会に出ろ!破壊するぞ!と命じれば確実に言う事を聞くはずなのになんで何もしないのか。他の宇宙が破壊神、界王神が圧倒的に命令できる立場で選手を選んでいるのに、ビルスは何故威厳を見せないのだろうか。

ドラゴンボール超 93話

フリーザを地獄から占いババの力で24時間だけ連れてくることを提案した悟空。アニメ版悟空の常識外れっぷりも行くところまで行った感があったが、いざスカウトの場では久々にクールに頭のキレる悟空が思いがけず顔を見せた。大会出場を持ち掛けての駆け引きは近年の悟空とは思えない言動のキレっぷりで、フリーザが断ると見るやとっととあきらめて去ろうとして逆にフリーザを慌てさせたり、うまくいったら生き返らせろ!という条件も1度では飲まずに却下。MVPは超DBだから自分で活躍して獲得しろと言い放つ。フリーザは自分と戦いたくはないのか?と悟空の闘争本能に訴えかけ、地球のDBでいいから生き返らせることを条件にして悟空もそれを飲んだ。

結果的にフリーザを生き返らせることを独断で承認してしまい、いつものクレイジー独断悟空にはなったけど見せ方が違うだけでこうも印象が変わるものか。既に黒歴史化している悟空のせいで宇宙消滅危機になってしまったみたいな流れもまさに悟空の言動行動の描き方が最悪だったせいなわけだけど、このくらいのキレで悟空を描いていれば…。とりあえずフリーザを生き返らせるのをみんなに黙っているかどうかでまた信用問題になってきそうだけど、何故かレーダー使ってとっとと集められるDBを「ちょっと集めるのに時間がかかる」と言っていたので、集まらなかったフリして約束を反故にするつもりなのだろうか。だったら凄いけど。

別の宇宙のスパイがフリーザを利用して大会前に悟空たちを潰そうと画策する中で、第6宇宙ではキャベがスカウトした女サイヤ人カリフラが超サイヤ化したのに続いて妹分のケールも超化させようとしていた。しかし気弱でおとなしい性格のケールは変身できず。

だがキャベとカリフラが仲良さげに言い合いしているのを見たケールは突如ブチ切れて変身。しかもなんかヤバそうな気をまといながら変身した姿は元の面影の無いムキムキ巨体化で、かつてのアニメ映画版に3度出演したブロリーそっくりの姿に。

この女ブロリー、キャベを指さしながら「まずはお前から血祭りにあげてやる…」だの「力が高まる…溢れる…」だのブロリーの印象的な台詞やポーズ、技などをほぼ完コピしまくり。キャベは早速3人の中で最弱扱いになってしまい、超サイヤ人2に覚醒したカリフラが攻撃を防いだ事で助かり、女ブロリーもケールに戻った。

完全にブロリーのパロディで懐かし世代にクリティカルヒットだなこれ。ブロリーが出た映画3作って93~94年だからもう23,4年前だけどな!