戦慄!G現る!2017

9月も終わろうというその日、唐突にそれはやってきた。星野源の「Family Song」を聞いて感想を書こうと思っていた何でも無い夜の事だった。ふいに部屋の上部に何かが現れた気配を感じた。

それは”G”だった。

※今回の「戦記」は生々しい戦いが生々しく綴られております。苦手な方は御注意ください。
閲覧注意です。了承された方のみ先へお進みください。
その後気分を害されても責任は負いかねます。

「戦慄!G現る!2017」の続きを読む…

戦記

あさひなぐ

2017年9月公開

こざき亜衣によるなぎなたをテーマにした漫画原作の実写化。
乃木坂46メンバー主演による舞台化・映画化が同時発表され、5~6月には先行して舞台版が公開された。
映画版は西野七瀬主演で桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華、生田絵梨花、中田花奈、斉藤優里が出演している。

まあレンタルでいいやと思っていたが…

当初6月公開のX-MENシリーズでヒュー・ジャックマン最終出演作となった『ローガン』を見るつもりで映画館の優待チケットを確保していたのだが、よほど客入りがよろしくなかったのか、開始2週間程度で1日2回上映とかの隅っこに追いやられ、1ヵ月で完全終了してしまい、見逃してしまった

このチケットは9月末が期限であり、何か見ないと1300円が無駄になってしまう!

この極限の危機の中でギリギリのタイミングでこの映画『あさひなぐ』が公開された。正直48・46系のドラマは緩いものが多く、1以外は投げっぱなしか奇をてらいすぎた最終回でがっかりするパターンが続いた『マジすか学園』シリーズに始まり、1番普通に完結した乃木坂46の『初森ベマーズ』もかなり緩いアイドルドラマだったし、狂信的な評価を浴びる欅坂46でさえ散々思わせぶりに引っ張って結末を全部放り投げたあの惨状が記憶に新しい。正直あまり期待できなかった。

とはいえ秋元康が適当な原案だけ出して後全部組み立てを無茶ぶり丸投げしたような一連の深夜ドラマ群と異なり、今回は漫画原作というしっかりしたものだし格段にちゃんとしたストーリーモノだろうという事で、『あさひなぐ』で期限切れ間近の優待券を消費することにしたのだった。 「あさひなぐ」の続きを読む…

ドラゴンボール超 108話

悟空は第2のリブリアンと接戦を繰り広げていたが、お互いノーダメージのまま勝てるのかとか煽って全く進展ないまま終了。勝てるのかも何も悟空、ノーマルで戦ってるじゃないか…。

悟飯は第3の機械戦士の1人に苦戦し、やられた隙に姿を消すが今度は第2のヤードラット星人の襲撃を受け、瞬間移動の連発に全く歯が立たない。さすが瞬間移動の使い手!という扱いだったが、瞬間移動しか使えないとは拍子抜け

悟空に瞬間移動を授けたのがヤードラット星人でそれが何で対の第6ではなく第2にいるのかはともかく、ヤードラット星人は不思議な術を使う宇宙人で、悟空は滞在時に時間が無くて1つしか教えてもらえなかった、それが瞬間移動だと当時言っていたので、てっきり様々な不思議な術を持っていてそれらを駆使して戦うのかと思っていたのに瞬間移動1本のごり押しって。

フリーザが乱入してきたがなんと静観を決め込み、悟飯がさらにやられたところで再乱入。フリーザは瞬間移動をものともせずにヤードラット星人を撃破。さっさと超サイヤ人になって本気を出さないせいだなどと説教していたかと思ったら、現れたフロストと手を組んでサイヤ人への復讐をするなどと宣言。悟飯に襲い掛かる。アルティメット化VSゴールデンの激しい対決となり、かろうじてフリーザが勝って悟飯が倒れた後で、MAXパワーなど技の講釈を一通りフロストへ繰り広げたフリーザは直後にフロストを裏切って瞬殺。敗北して激昂したフロストは敗北者席から反撃を試みて全王に消されてしまった

フリーザ裏切ったと見せかけて演技だった、気付いた悟飯はそこに乗っかった、という事だったがフリーザも言っていたようにフロストのような小物相手にこんな手の込んだことをする理由が全く無く、意味不明。まだ何か企んでいるっぽい…という事で去っていったが結局なんだったの今回…。

本気じゃなかったとはいえ、あまりにふぬけだったら殺していたというくらいは本気だったゴールデン相手に押し負けないアルティメット悟飯という強さを見せたとはいえ、体力の無駄遣い、ビルスにも全王にも完全に「息子」呼ばわりされ続ける悟飯の活躍は本当にあるのだろうか。次回はいきなり悟空とジレンが激突する1時間SPだし、もうめぼしい敵いないじゃないか。

ドラゴンボール超 107話

クリリンを不意打ちで落としたくらいしか出番の無かった第6のフロストが弱った亀仙人を襲撃。悟空がかけつけようとするがリブリアンが再登場して阻む。どけー!!と叫ぶ悟空。

亀仙人はフルボッコにされるが、魔封波狙いでMAXパワー化して反撃。一応フロストが殺さないように手を抜くのも難しいとか言っていたので、相当手を抜いている事が示唆されてはいたが…さっさと倒せばいいのに余裕ぶっていたせいで魔封波を喰らってしまう。しかし執拗に腕に攻撃を喰らってプルプルしていた亀仙人は魔封波を失敗。ビビったフロストだったが魔封波を使えると判断。近くにベジータを発見し、ベジータをこっちに誘導して復讐を開始。最初から組んでいたのかマゲッタも参戦。攻撃が効かずに吹き飛ばせない重量級のマゲッタを倒すために魔封波を使った亀仙人だったが、フロストは魔封波を取り込んでベジータへ向けるという魔封波返しの応用技でベジータを封じてしまった。

亀仙人は最後の力で一矢報いて封印された小瓶の破壊に成功。救出されたベジータはブルー化でマゲッタの耳栓を破壊し、悪口で弱体化させて吹き飛ばすもフロストは逃亡。亀仙人も力尽きて転落し、第6、第7互いに1人減って決着。

魔封波返しの応用は咄嗟の思い付き作戦であり、元々フロストはどうやって復讐するつもりだったんだろうか…。前の試合以降は逃亡生活で強くなっていない、時間稼ぎのでまかせのようで割とその通りっぽいし(弱くなったというのはさすがに嘘だろうが)、クリリンは不意打ちで瞬殺したのに亀仙人を無駄にいたぶって結局直接落とさなかったのも良く分からん…。

亀仙人とベジータという組み合わせは非常に珍しい…というかベジータは亀仙人知らなくてもおかしくないんじゃないか。最初の襲撃時には会ってないし、人造人間戦に向けて地球に永住してからも特に会う機会無かったし、妻(ブルマ)の昔の関係者としてブルマが自宅でパーティーとか開けば片隅で「パフパフ」とか言ってるファンキーな老人がいるのは目に入るはずだが、ベジータがそんなところまで見ているとも思えないし。

何はともかく大奮戦した亀仙人はビルスに「じいさん」から「武天老師」という名をしっかり覚えてもらい賛辞を受けるのであった。悟飯が「悟空の息子」から「孫悟飯よくやった」と言われる日は来るんだろうか。OP/ED映像だと今シリーズはベジータでなく悟飯が悟空と並ぶ存在のはずで、アルティメットを取り戻した前後はNo.2扱いだったのにいざ大会始まったらなんか苦戦してばっかで不安だ。

なおどけーー!!と言ったきり出てこなかった悟空だがノーマルのままリブリアンと楽しそうに向き合っていてどかす気ゼロ。亀仙人の事はすっかり失念している様子。ベジータが駆けつけたので安心して命も無事だったので目の前の敵と楽しもう、ということなのか。

ドラゴンボール超 106話

ドクターを名乗る敵と遭遇した悟飯とピッコロ。その能力とドクターと呼ばれる理由をドヤ顔で語ろうとした敵は狙撃手のような別の敵に撃ち抜かれてやられてしまう。カマセだった。悟飯とピッコロも狙撃手の餌食となり、追い詰められていく。

この狙撃ビーム、相当強力なようで直撃を喰らったピッコロは片腕がもがれてしまった。岩を破壊して目くらましとして敵へ接近するも狙撃手はサーモグラフィーみたいな能力で体温で判定。悟飯をかばったピッコロは両腕をもがれてしまった。

と、再生できる(が体力は削られる)のをいいことにピッコロが2度も腕をもがれるトンデモ展開に。ビームがそんなに強力なのかピッコロの腕がヤワになっているのか。そういえば悟飯がアルティメットを取り戻した際の攻防で悟飯が防御のために振り払っただけであっさり腕がちぎれていたので、ヤワになってるのか防御をおろそかにしているのかもしれない。

悟空ベジータ天津飯も駆けつけて対抗するが決定打にならず、狙撃手とサーチ&反射担当の2人組だった事が発覚。サーチ&反射担当の方にかめはめ波やらギャリック砲を撃っても反射されてしまって効かないので、残された天津飯が狙撃手本体を狙う事に。四身の拳三つ目の目の良さを駆使して狙撃手に接近していく天津飯。

しかし、テッテッテッテッテッテッテッテッ…と全て1/4になる四身の拳といえどDBにしてはあまりに動きが鈍足なのと(なんか悟空やベジータも同じようなテッテッテッ走りで鈍足に見えたので警戒しているってことなのかもしれないけど)、三つ目を生かしているのを示すためにいちいちキラーンとか目が光るのがなんとも言えずめっちゃダッセェ…。1人また1人と分身を3人犠牲にして最後の1人で敵の眼前に到達した天津飯はここで新気功砲で相手をぶち抜き戦闘不能に。とどめの1発ということで腕が上がらなくなった敵は地面を破壊して天津飯を場外へと叩き落そうとする。最後の罠にはまった天津飯だが先ほど倒された四身の拳(もしくは再発動)の3人が敵を背後から3人がかりで羽交い締めにして一緒に落ちたので相撃ちに成功。クリリンに続いて天津飯が敵1人を道連れに脱落した。

もう1人の反射担当は攻撃の手段を失って追い詰められていたがそこに冒頭のドクターさんが登場。再び能力とドクターの由来を説明しようと話し始めたところでベジータが2人まとめて吹き飛ばしてしまったのでドクターさんの能力も由来も不明のままだった。気になる。

悟空がスカウトに行った時の天津飯も扱いが良くなかった(操られた亀仙人が異様な力を発揮)上に、その後の悟空天津飯VS悟飯ピッコロの練習試合でも乗り気じゃなかったせいで早々に痛い目にあってしまい、その後はこんな戦いは無駄だと繰り返すばかり。大会が始まってからの活躍は亀仙人が萬国驚天掌で動きを止めていた相手を連携して新気功砲で倒したのみ。

ようやくの見せ場となった今回。活躍した事はしたんだけど…他のキャラクターの復権&強化っぷりに比べると天津飯だけ物凄く地味というかセルやブウ相手に一矢報いた戦歴からすると修行続けていた割にあんまり強くなった感じがしないまま終わってしまった。掘り下げにくいキャラクターなんだろうか。

そして戦場がいつの間にか容易に破壊可能な岩石地帯になっているんだけど(それ以前から強度に怪しい部分が多々あったが、ブロリーの大破壊でこうなった)、カッチン鋼よりも硬いとされる最強硬度のカチカッチン鋼だよねこれ?制作者もうカチカッチン鋼だったの完全に失念してるよね?