モブサイコ100 5話

黒酢中の裏番長で能力者の花沢(荒井敦史)の登場で、肉体改造部は瞬殺され、仕組んでいた鬼瓦(白戸達也)らも瞬殺。モブ(濱田龍臣)はこの状況においても能力を人に向けてはいけないよ!と訴えかけるが当然花沢はふざけるなと攻撃を仕掛けてきた。しかし余裕で回避、直撃後も軽くさばくモブに対して同じ能力者だと気づいた花沢はどちらが上か分からせてやるとヒートアップ。素の状態ではさばききれない波動を連続で繰り出し、モブも吹っ飛ばされるようになりそこそこ流血沙汰に。

見かねた悪霊エクボが全盛期の姿を取り戻して挑もうとするがモブに敗北した際に残りカスだけで生き永らえていたので見せかけだけで花沢に瞬殺されてしまった。

迷惑がっていたとはいえ、なんだかんだ情が芽生えてきていてこれで100%かと思いきや、55%のまま上昇せず意外と優しくねぇ…

さらに「僕以外に向けたらケガをする」だのナチュラルに下に見ている発言を繰り出すモブ。さらにヒートアップした花沢は最大出力の攻撃を放ち、さすがにこれは直撃を避けて強めのバリアを張って跳ね返したモブ。これがうっかり花沢の頭部を霞め、綺麗に髪の毛だけ刈り取られ落ち武者のような姿になってしまった。モブが55%のまま、花沢頭頂部0%になって次回へ続く!

オチが1発ギャグみたいだったが、やはり3回に1回100%コースのようで今回ほとんど花沢が一方的に攻撃してモブがすっ飛ばされ続けるだけの展開に。公式のあらすじでは「一方、モブを探し回る律(望月歩)は途中でツボミ(与田祐希)と遭遇する。」とか書いてあったが、ツボミはタコヤキを幸せそうにモグモグしながらいつもの言い間違えを披露するだけの1ショットファンサービス要員やってただけ。これはあらすじ無関係すぎる…。

バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~ 2話

ホテルの空き部屋が無いという理由で5人はそのまま廃屋に住むことになるが、最年少の松重豊が4人に振り回されて苦労して寝不足になる話。松重豊の苦労を前面に出すために、他の4人のキャラが前作よりやたら自由奔放になってて正直おざなりだったのと、前作では1番下だった寺島進が出なくなって松重豊が5人の中で最年少になったのでここぞとばかりに「最年少だから」を使いまくっていたような…。朝ドラの方は1話で大量に出ていたキャストを削減し、毎回新キャストを加えていく方針らしい。

ていうかエンドトークでこの2話は田口トモロヲの舞台の都合で撮影が2ヶ月も空いた(昨年11月に撮っていた分と2月に撮ったばかりのシーンがある)とかナチュラルにバラしていたけど、それやると寺島進の「スケジュール」という降板理由が立たなくなってしまうのでは…。

オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~ 5話

土田(斉木しげる)メイン&「キャプテン翼」回。ようやく全巻読んだことあるやつ(無印とワールドユース編まで。ROAD TO 2002以降はあまりにつまらくなって離脱)が来た。昔の常連客の子供が「キャプテン翼」に出てくるスカイラブハリケーンが実現できるかできないかで友人にバカにされ、月山(伊藤淳史)と土田が昔仲間とやっていたがその仲間と決別したので封印したというロナウド氏(ワッキー)の指導の下、スカイラブハリケーン再現に奮闘する話。

いつもはおなじみの面々がコスプレ姿でクラブにいるのに今回土田と、ノーコスプレの美樹(佐藤仁美)しか来てない状態に始まり、話の大半が月山と土田とゲスト。残りの面々は練習の序盤でノーコスプレで応援にかけつけてスカイラブハリケーン失敗負傷コントを繰り広げてからは出番が無く、ラストでようやくいつものコスプレ姿でクラブにいる…というコスプレ省エネが見られた。

今回は土田が3代目マスターであることが明言され、さらにスカイラブハリケーン成功の際に土田の目が燃えて覚醒する様子、ラストで誰かに電話をしてもうすぐ揃うと意味深な事を話しているシーンがあったが、いつものように土田が冷蔵庫の中の覚醒玉(?)を見つめるシーンは無し。土田も覚醒候補に含まれてたのね…。よりによって体張る回でメインにしてくるとは…。

痔でスカイラブハリケーンが出来ないとのたまっていたロナウド氏が常にスカイラブハリケーン発動に実に的確な位置へボールを蹴りこみ続けるという異常なまでの正確性のあるキックをしていたところが地味にウケた。またやっぱりこのドラマらしく、「キャプテン翼」といっても同じ少年ジャンプで連載したワールドユース編の方は綺麗にスルー。以降の青年誌移籍以降のグダグダは確かに放置でいいと思うけど、一応ワールドユース編も少年ジャンプなのに。そっちは壮絶な打ち切りエンドで終盤ダイジェストされたからなぁ…。

電影少女-VIDEO GIRL AI 2018- 5話

アニメプロデューサーの清水(村上淳)はアイ(西野七瀬)目当てで翔(野村周平)の家にやってきて適当なアドバイスを送る。心そこにあらず…といった感じで掌返しなコメント連発する清水。純粋に聞いている智章(清水尋也)、奈々美(飯豊まりえ)がかわいそうになってくるレベル。清水はアイに25年前にお世話になったっぽいが記憶が無い事を把握して去っていった。後からビデオデッキに異変が起きたので何か仕掛けたのか…?同時に大量のビデオテープを険しい顔で見つめる洋太(戸次重幸)という謎カットも…。

清水の適当アドバイスにより、映画の音楽担当を探すことになった3人は翔の後輩のリカ(大友花恋)経由でネット音楽で有名になっていたカオル(富田健太郎)に依頼しようとするが、カオルはリカを1日言いなりにさせる条件で引き受けた挙句についてきたアイと1日デートするのが条件だと乗り換え宣言を行うクズ野郎だった。アイは引き受けることにしたが翔は不機嫌になってしまい、なんとか立て直したところで次回へ続く。

なんでこの3人の前にはクズ野郎ばっかり近づいてくるのだろうか…。3人の関係性だけじゃもうネタが無いので外に広げるしかないと言えばそうなんだろうけど。清水の説明も良く聞けば「昔ヒットさせた」という過去の人っぽいし、逆に今の人であるカオルは早いうちにネットスキャンダル自滅しそうなクズだし…。

バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~ 1話

1年前に放送されたドラマの続編。寺島進だけスケジュールの都合を理由に降板し、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研が続投。テレビ東京がNHKに対抗して本田望結を主人公とした朝ドラをスタートさせることになり、島を舞台にしたロケ主体の撮影になるという事に。出演が決まった5人は大杉のクルーザーで島へ向かうが…大杉の付き人になっていたジャスミン(北香那)が地図を渡し間違えていたため、無人化した島内(昔は観光地だったが寂れて無人化した)に上陸してしまった5人はクルーザーも島内の猿に流されてしまい、廃ホテルでの無人島生活を余儀なくされてしまった。

一方、5人が来ない事に困り果てたスタッフ一同だったが、行方不明になる直前に光石研がマネージャーに送った動画では旅に出ることをほのめかすようなハイテンションムービーでこれを見た役所広司が静かにブチ切れて勝手に代役を指名。5人には小日向文世、甲本雅裕、菅田俊、森下能幸、野間口徹が代役に入ってしまった。

サバイバル生活を1ヶ月ほど生き延びた5人だったがある日、朝ドラ出演者の岡田将生と遭遇。実は島の反対側が撮影地で、島の反対側はまだ栄えていた!初めて場所を移動しての撮影が行われ、撮影隊は現在無人化しているという島の反対側にやってきていたのだった。無事撮影に合流した5人だったがわき役に降格してしまっており物語が始まった…。

と、いきなり無人島ではないことが判明してしまったが、なし崩し的に撮影期間中そのまま島の反対側の廃墟ホテルで生活することになる…という設定らしい。

一気にスケールを拡大させてきてゴールデンに進出してきた感じだけど、前作の日常っぽさとは少し離れた感じになりそうなので果たしてどうなるか…。寺島進だけスケジュールの都合というけど『コード・ブルー』にも1話1カット出演後は写真が飾ってあるだけだったし、なんでそんなに続編モノのスケジュールが合わないのか地味に謎。他の皆さんと比べて格段に多忙な印象もないんだけど…。