とある魔術の禁書目録Ⅲ 4話

主人公が全く出てこない学園都市暗部の話に突入。さすがに分かりにくいためか冒頭で一方通行が色々あって組織「グループ」の一員として働くことになったとナレーション。この「グループ」には土御門(上条の元に指令を持ってきたかと思えばアレイスターともイギリス清教とも通じている多重スパイ)、海原(エツァリが化けている姿で上条の監視とかしてたけど美琴に惚れた事で最終的に上条と和解した事がある)、結標(「残骸」事件で黒子をしばらく車椅子生活にさせる重傷を負わせたが、一方通行に撃破された)、といった以前の騒動や事件で出てきた4名で構成。それぞれ全く関係なく行動していたが、2期の最後の方でいつの間にか「グループ」の一員になっていて一方通行を加える形で今後を示唆して終わっていた…はず。

今回そこに様々な組織がそれぞれの思惑で暗躍しまくり、それを防ぐためとかなんとかでドタバタと複雑に交錯する展開となったが早すぎて良く分からん…。とりあえず能力第2位の垣根帝督率いる「スクール」が何か計画していて、「グループ」がそれを追い、『超電磁砲』で美琴と交戦した事がある4人の女子+2期の最後に出てきて下っ端として採用された浜面を加えた「アイテム」もまた「スクール」を追っているという状態で、「スクール」の誉望万化というメンバーが早速「アイテム」の麦野の一撃で死亡退場。しかし第4位の麦野の力では垣根には及ばないらしく戦闘シーンカットで敗北して取り逃がし、既にフレンダと絹旗が行方不明。麦野・滝壺・浜面も別々に逃走しながら敵を追うという状態に。

これまでも学園都市ってなんだか治安あんまり良くないよな…というところはあったが、この暗部組織の抗争は治安悪いどころの騒ぎじゃない勢いで人が死にまくる地獄絵図状態。知らんキャラが続々出てくるので分かりにくいが、それでも「アイテム」4人を超電磁砲で先に出しておいたのは良かったのかもしれない。「グループ」メンバーでさえ、土御門とか一方通行何でこんなところで急に組織活動してんの?とか後の2人どこに出てきた人だっけ(特に海原の方)とか、そもそも土御門先週まで上条と一緒だったのにもう帰ってきてんの?とか色々疑問が尽きないのに、「アイテム」の面々まで初見、「スクール」も初見、まだほかにも色んな組織が出てくる…とかだったらパンク必至だもんな。

森山直太朗 コンサートツアー2018~19『人間の森』

8月22日にリリースした『822』を引っ提げて10月26日~来年6月まで行われる『森山直太朗 コンサートツアー2018~19『人間の森』』2日目、川口総合文化センター リリア メインホール公演へ行ってきた。26、27日のいきなり2daysが川口総合文化センター リリア メインホール公演で27日公演の方。

森山直太朗はベスト盤のツアーは落選で行けなかったため、2015年1月以来2度目。川口リリアは初めて訪れたが、駅の目の前、直結で突入できるので非常にアクセスが良かった。

15周年の活動やベスト盤の好調が持続したのか、今回のアルバムもオリジナルアルバムとしては1st以来のトップ10入り、ベスト除く直近5作の売上を上回るなどここに来て売上がわずかながら上がっており、ツアー規模もかなりのもの。MCでアルバム買った人と買ってない人を聞いたところ、買ってない人もかなりいたので、CD買わないし最新アルバムも聞かないけどライブには行くというお客さんがかなり多数いる模様。なんだかんだ初期に有名曲がある、今でも売上の割に各音楽番組ほか『SONGS』レベルでも取り扱ってもらえるというのは強い。

以下ツアー始まったばかりなのでネタバレ。 「森山直太朗 コンサートツアー2018~19『人間の森』」の続きを読む…

SUITS/スーツ 全11話

アメリカで2011年に始まり、現在シーズン7まで放映されているドラマの日本版リメイク(タイトルもそのまま)。あの10年前の伝説の迷走作『太陽と海の教室』以来となる織田裕二主演。そして91年月9ブランドをブランド化させた伝説のヒットドラマ『東京ラブストーリー』の主演カップル、織田裕二と鈴木保奈美の27年ぶり共演も話題になっていた。これに便乗して放送前には夕方の再放送枠で『東京ラブストーリー』の再放送が行われ、再放送されることがニュースに、再放送の視聴率までもがニュースに、若い人にも携帯の無い時代のラブストーリーが新鮮に受け入れられているといったリバイバルヒットを誘発するような持ち上げ記事まで出回った。

主題歌のB’zが放送中一切発売されずに翌年のアルバムまで収録されない、今作自体が何故かBlu-ray/DVD化されずに放置されたまま続編の放送が開始される…などソフト化がやたらとされないドラマとなった。

「SUITS/スーツ 全11話」の続きを読む…

2018秋

とある魔術の禁書目録Ⅲ 3話

テッラとの戦闘に土御門が乱入。魔術を使うとすぐに副作用で血を噴き出すため、既に吐血状態ながらも余裕顔の土御門だったが、今度は学園都市がパワードスーツ部隊を送り込んできてパワープレイに出てきたので戦闘中断。土御門は一応味方側のはずのパワードスーツ部隊の足止めに全力を使うハメになり、さらには戦闘機部隊まで出撃。一般市民を眠らせて強制回収した挙句に、街の指定範囲を焼き切って隔離、さらに戦闘機には一方通行がやってきていて今期初登場。

テッラと上条・五和の再戦の直前、美琴に電話して現状のニュースを聞いていた上条だったが通話中のまま戦闘が行われてしまった。この戦闘中、イマジンブレイカーが期待以下だったことを嘆いたテッラは可能性として本来の役割や使い方を忘れているのではないか?と問いかける。上条は1期の最初のエピソードでインデックスを救う際に一撃喰らって以前の記憶が全部飛んでいたが誰にも言わずに隠していたため激しく動揺。これにより記憶喪失である事が再度確認され、落ちていた通話中のままの電話から美琴が上条の記憶喪失を知ってしまう

…まあ記憶喪失だったところで、読者も視聴者も物語開始時点での上条と記憶喪失後の上条の違いなんて特に描かれてないので果たして記憶喪失前はイマジンブレイカーについてもっと本人が知っていたのかなんて正直誰にも分からない。美琴としても記憶喪失後に最初に会った時に上条の様子が少し違った(初対面のような誰だか分からないような態度だった)時しかぶん違和感なかっただろうし、むしろ美琴と上条の濃いエピソードはその後(超電磁砲でもやった「妹達」の事件)だったのでほとんど問題は無い気がするが…。

テッラの小麦粉演芸(違)の弱点、を掴んだ上条はパンチ2発で勝利。C文書もあっさり破壊に成功した。そして改めてイマジンブレイカーについて話を聞こうとしたが、そこに戦闘機部隊からの灼熱の壁がテッラめがけて降り注ぎ戦闘は強制終了。なんというタイミング…。

一方通行がブツブツ言いながら降り立って炎の中を去っていったが気絶から目が覚めた五和が硬直しているだけで今回も上条と出会わず(「妹達」の事件で最終決戦して以降は1度も2人は直接会ってないまま)。そして灼熱の壁の余波で吹っ飛ばされた上条は出てこないまま終了。

灼熱の壁を小麦粉演芸(違)で防いで帰還していたテッラだったが、演芸(違)の調整のために一般市民を犠牲にしていた行動を「神の右席」の1人である後方のアックアにとがめられて粛清(殺害)されてしまいあっさり出番終了。今度はこのアックアが動き出しそうなところで次回へ続く。

とりあえず展開が足早すぎて良く分からないが学園都市・イギリス清教VSローマ正教・ロシア成教という対立構造ってことでいいのか。

あと今更だけどイマジンブレイカーの発動音が3期になって変わったらしく、今まではピャイン!というキャンセル音みたいのだったのが、今作ではフゥゥフォーン!というF1みたいなのになってしまったせいで、発動のたびにF1が横切ったみたいでどうも慣れない。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 2話

冒頭でステイルが「神の右席」について取り調べしている男女2人は2期で出てきた敵だったっけ…?さっぱり覚えていないが男の方は明らかにセルの声の人だったし、そこそこ暴れた人だったんじゃないかと思う。オリアナがどうとか飛び交っていたのも多分その時出てきた人だと思う。そして書記みたいな役割をしていたシスターは何回か出てきていた気がする。

マッハな高速飛行機から放たれた上条は川に落下し、土御門は行方不明に(後で電話だけしてきた)。偶然にも上条が降ってくるのを橋の上で目撃した以前知り合った天草式の魔術師の五和に救助され、行動を共にする事に。またどっかで出てきた気はするがどんな話で出てきたのかは覚えてないのが出てきた…。アニメ2期の最初の頃に出てきていたらしいがこんだけ次から次へと新キャラが出てきて前のキャラが背景化していく作品において7年の歳月はやはり相当厳しい…。

とりあえず学園都市が敵視されていて暴動寸前になっているのは「C文書」が原因なのでそれをどうにかしよう、らしき今回の行動目的がようやく薄々分かりかけてきたところで早々に今回のラスボス感漂う「神の右席」の1人である左方のテッラが襲撃してきて戦闘したまま次回へ続く。

テッラが言ってた「神の右席」の1人で前方のヴェントってのが2期の最後の方で学園都市に出てきて上条が倒した奴か…。しかしマジで平然と7年前の続きをそのままやって、7年前に1エピソードで出てきただけみたいな人たちがポンポン再登場したり、姿すら出てこなくて名前が飛び交うっていうのは上級者向きだなぁ…。人々が超電磁砲の3期の方が喜んでいる理由が分かってきた。