SICK’S~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~ 恕乃抄

『ケイゾク』、『SPEC』に続く新シリーズでSPECサーガ完結篇と銘打たれたドラマ。2018年4月からParaviの有料ネット配信限定で公開された。ピンチョス配信と題して毎日数分ずつ公開して週末にまとめ配信していたが、不評につき2週目からは週明けにまとめ配信を先にして毎日配信に切り替わった。おおよそ1ヶ月で1話が完成という形で8月までに5話まで公開されて一旦終了した。三部作の序章とされ、この5話までは「恕乃抄」と題されている

その後、続編の公開が無いまま半年以上が経過していたが、2019年3月にBlu-ray/DVD BOX化及びレンタルDVD合計3巻がリリースされ、3月下旬から続編「覇乃抄」の公開がParaviで開始された。これに合わせ「恕乃抄」を編集した「特別濃縮版」を無料配信、TBS深夜で放送もされた。

今回DVDレンタル開始に伴いレンタルしてきて見てみた。

「SICK’S~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~ 恕乃抄」の続きを読む…

とある魔術の禁書目録Ⅲ 24話

ヒューズ・カザキリは一方通行にラストオーダーを救う手段についてヒントを与えると活動時間の限界なのか消失してしまった。一夫通行のところでついに科学と魔術が交錯しそう

爆撃の余波でふっ飛ばされた浜面は滝壺を雪の中から救出しようと引きずり出したらなんか滝壺に化けた麦野が沸いて出た。何だこの人、滝壺に化けてこのドサクサで雪の中で待ってたのか。

麦野は体晶を使って力を暴走させて浜面に迫る。が、暴走しているのでコントロールが効かず、何よりラッキーマン浜面相手にはかなり逃げ場がないくらいにしっちゃかめっちゃかに攻撃を放ちまくってもかすりもしない。結局自滅してしまった麦野に対して浜面は和解を提案。フレ/ンダの墓の前で涙を流し、他のメンバーにも謝れ!というのはこんだけやっておいて…という気がしなくもないが奇跡的に和解。そこに新たな追っ手が迫りそうなところだったが…それより滝壺は無事なのか。どこいった。

置いて行かれていたレッサーはどうやったのか再登場してサーシャに合流。上条とフィアンマの戦いも始まったが、終始余裕なフィアンマはひとしきり魔術攻撃を行った後にあっさりと上条の右腕を切断奪取。自身の腕に吸収して「神上」になった、願っていた能力が完成したと喜んでいたフィアンマだったが…。

歓喜もつかの間、吸収したはずの力に異変が起こり、腕を失って大量出血していた上条はふいに立ち上がると謎の力があふれ出した。しかし上条はてめぇがどこの誰かなんて知らねぇとかここでは黙ってろ!とかこいつは俺が片付ける!とか、フィアンマではない他の誰かに言い放つ右腕が再生。驚愕しまくりのフィアンマはあれだけの力をわざわざ棒に振ってイマジンブレイカーを取り戻した!?とか言っていたので、なんかもっと巨大な何かが上条の体内に宿っていて上条はそれに向かって今は引っ込んでろみたいな事を言っていたらしい。

いずれにせよ先ほどまでの余裕顔とは打って変わって滝汗全開のフィアンマから一気に小物臭が漂う一方で上条はフィアンマに自信満々にお説教を開始して形成が逆転しそうなところで次回へ続く。

アニメなので分かりやすくしたとはいえ、ちょっとフィアンマの滝汗顔芸っぷりはやりすぎだったような…。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 23話

ヒューズ・カザキリが飛来してきてガブリエルと戦い始め、一方通行も参戦。エイワスよりは強くないとかで初撃は押し気味で反射も通じたが、ガブリエルの上空からのレインフラッシュみたいな攻撃はカザキリ&一方通行にまとめて大ダメージを負わせる。

アックアがガブリエルの動力源(?)であるテレズマを吸収、代償として全身流血で倒れてしまうが力が大幅にダウンしたガブリエルを奮戦する一方通行&カザキリの協力で撃破。

浜面と復活した滝壺は助けてくれた村へ戻ってロシア軍が使おうとしている細菌兵器を叩き潰すとか何とかで移動していたはずだがその道中に倒れたアックアがいたのでお説教。もう死ぬから置いていけというアックアに待っててくれる人がいるはずだから勝手に死ぬんじゃねぇとかなんとか熱くなった浜面は重傷のアックアに「立てぇぇぇぇぇ」と言い出して、アックアは鼓舞されてウオオオオと立ち上がる…という謎の根性プレイが展開。

その後、軍の前で機をうかがっていた浜面だが学園都市の攻撃部隊が上空からやってきて勝手に協力してくれて片っ端から空襲始めちゃった。相変わらずのラッキーマンで目的を果たした浜面だったが爆撃の余波でふっ飛ばされて次回へ続く。自動モードのインデックスとステイルの戦いを冒頭、美琴とミサカがウロウロしているのは最後…とこれらの配置は固定。

ようやくフィアンマと上条の戦いが始まりそうだけど、幼女の為に戦う一方通行とお説教ポジを奪い去ったラッキーマンが主人公状態になっているのでそろそろ活躍を…。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 22話

大天使ガブリエルが出現。上条は「ベツレヘムの星」にてサーシャと合流し、今回はサーシャに憑依してミーシャが出現したわけではなく独立して出現したらしいことを知る。

このガブリエルが出撃した事で一方通行やアックアがその気になっていたが戦闘は始まらず、キャーリサとフランスの人が最初にガブリエルに挑み始めて時間稼ぎしている間にヒューズ・カザキリが飛来してきておしまい。ローマ教皇が復活したり、フィアンマに協力していたロシア成教があっさり切り捨てられたりなんか色々各地で対策の為に動き回っているだけでほとんど終わってしまった。美琴なんて前回とほとんど同じ(最後に出てきただけ)。

滝壺は回復させてもらったので後は学園都市と交渉できる材料探しへ移行。とりあえず助けてくれた村が危なそうなので助けに行くとかなんとか浜面だけ違うところでラッキーマンしているだけになってるな…。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 21話

もう何度目かというOP/ED全カットで詰め込むだけ詰め込んで進行。フィアンマにやられてしまったローマ教皇が冒頭で復活。風斬氷華とエイワスも会話した後、風斬氷華もロシアへ飛行。

浜面はアックアに助けられ、村人からも感謝されて車を提供されて離脱。学園都市の追っ手に襲撃されてまたしても絶体絶命になるがそこに一方通行が登場して合流。エリザリーナによれば滝壺は助けられそうだが、ラストオーダーは無理めとのこと。一方通行は生き残るために番外個体と契約して協力して手がかりを追う事に。

上条はレッサーが離れたタイミングでフィアンマの「ベツレヘムの星」発動により、立っていた場所ごと空中に形成された空間に運ばれてしまう。パイロットを脅して近くまでやってきていた美琴は通りがかった風斬氷華に飛行機を両断されてしまい能力を使って着地。そこに都合よくシスターズの1人(初登場のシスターズ)が出てきて次回へ続く。

と、何が起きているのかは良く分からないが主要キャラが続々集結してきたが、いかんせんダイジェストすぎてどうにもこうにも。一方通行と番外個体の会話には時間を使っていたので、今まで悪を極めようとしていた一方通行が考え方を変えた、というのは割と強調されていたような気がする。