とある魔術の禁書目録Ⅲ 26話

ラストオーダーが無事復活。しかし一方通行はベツレヘムの星からテレズマが降り注いだらみんなが危ないので守るために特攻を決意。黒い翼は白い翼に代わり、天使の輪が出現して傷も全て消えた一方通行は微笑みながら浮かんでいき…ってこれ完全に死んだ奴が天に召される時の演出じゃないか。

前回ラストでは確かに自信満々に俺様の勝利だとかのたまっていたはずのフィアンマだったがなんかもうすっかりうろたえていて、敗色濃厚に。今回はもう大した反撃もできずについには上条の突撃で撃沈。上条は最後の脱出ポッドでフィアンマを逃がしてしまい、ようやく助けに来た美琴もスルー。フィアンマが落としていったインデックスの意識を封じている霊装越しにインデックスの幻が出現して記憶喪失を告白して謝罪し、帰還を約束した後はベツレヘムの星を安全な場所に落とそうとステイルと連絡を取りながら実行していたが…。そこにガブリエルが復活。厄介なので上条はベツレヘムの星ごとガブリエルに特攻して北極海に突入すると水中越しにガブリエルごと粉砕。自身を犠牲にして事態を終結させた。

突っ込んだはずの一方通行は何故か学園都市に捕縛されていた。天使にまでなって突撃したのに結果が描写すらされないほど全く通じなかったのかなんなのか…。あまりに自信たっぷりな態度に捕縛者たちが心配になって電極のスイッチを切っているか確認してしまったのでそれでスイッチを入れさせた一方通行は能力を発動させてこのドマヌケな捕縛者たちを粉砕するという学園都市の闇世界を全部ぶち壊すと宣言。

浜面は再び追っ手に囲まれていたが、追っ手側のリーダー格の女が余裕ぶってペラペラ喋っている間にいつかの村人たちが助けに来てくれたので形勢逆転。女の腕と足を撃ち抜いて、女がしゃべりかけていた素養格付(パラメータリスト)という学園都市の重要機密の情報を引き出そうとしたところで出番終了。これが探していた交渉材料とやらで最後までラッキーマン&容赦しないときは本当に容赦しない恐ろしい男だった。

フィアンマは無事に着陸していたが突如現れたアレイスターに右腕を吹き飛ばされ瞬殺されてしまった。瀕死のところにまた新しいキャラ連中が出てきて意味深なセリフだけ吐いておしまい。

原作では上条の生死は確認されないままに「二度目の死」とされ、完結。巻数リセットで「新約」として再び物語が始まり、新約1巻は上条がいない学園都市が舞台という流れだったが、さすがに色々意味不明で投げっぱなしなこともあってか、ラストカットで北極海に浮かぶ上条を前回出てきたバードウェイが助けに来るというカットをオリジナルで差し込んで終了。

とても最終回とは思えないような上条・一方通行・浜面の3人とも途中で話が終わり、エピローグが全くないという…。全体に詰め込みすぎで半分くらいはOP/EDカットだったけど、消化不良のまま無理やり最終巻まで走破させた感じ。改変せずに新約への伏線を張りまくったのでそのうち本当にやるつもりなのだろうか。一方通行や超電磁砲をやる以上は本編を放置するわけにも…という理由で消化するためだけにやったような3期だったけど、新約が既に同じ22巻まで出ていてこっちはまだ終わる気配なし、という状態。4期どころか5期6期までやれるくらいのストックがあるだけにもうちょっとどうしようもないかもしれない。もう少しじっくりであれば続きも見たいけど、今回みたいな詰め込みじゃどうにもなぁ…。

日本ボロ宿紀行 11話

静岡県下田市「昭吉の湯」が舞台。今回の営業先は下田城美術館という寂れた場所。宇宙パワーを売りにした怪しい場所では完全にどうかしちゃっているおばちゃんに宇宙に向けて歌えと言われ、報酬は隕石と称した怪しい石。振り切れ具合がヤバかったが、宇宙パワーの看板等は実在するものであり、怪しいスポットとして一部マニアの間では知られた場所のようだ。美術館の名の通り、実在した下田城でもなんでもない観光用の偽の城で、しかもネットの古いレポでは在りし日の姿が見れるが潰れてしまって10年ほど経過した完全な廃墟らしい。とんでもねーところでロケしたなおい…。

ヘトヘトの2人は温泉の看板を見て「昭吉の湯」に向かうが宿もやっていると知り宿泊。部屋が空いていないのでバンガローの方に泊まるという事になり、温泉も日帰り温泉がメインなので景色も良いせいか今回はいつもより風呂のシーンも長め。さらにバンガローは標準的なものだったのでいつものボロっぷりはほぼ施設外観のみに留まるという珍しい展開に。宿泊曲の青年を指名手配犯と間違えたら売れない役者だったというドタバタもありつつ、酔って暴言モードになった春子(深川麻衣)は営業を回る金が無いと吐露。龍二(高橋和也)は100枚売ってやる!と意気込むが最終回という旅の終わりが見えてきて次回へ続く。

よりによって今回みたいな完全に相手に騙された形になるような営業の後で金が無いと言われてもそれはもう完全に春子の営業手腕に問題があるとしか…。

翔んで埼玉

翔んで埼玉

2019年2月公開。

原作は魔夜峰央による少女漫画誌『花とゆめ』に82~83年に連載された漫画。作者が当時埼玉県の所沢市に転居した事から埼玉ディスをネタにして連載が開始されたが、程なく横浜に引っ越したことや、今作自体が漫画としての強烈なストレス下において執筆(近所に編集長ら漫画家生命を左右する偉い人が住んでいた)していて作者曰く追い詰められおかしくなっていた状態で執筆されていた事もあって、連載は中断されたまま未完となった。86年には短編集『やおい君の日常的でない生活』に収録された。

本来そのまま埋もれて消えていたはずだったが、2015年頃からネット上で発掘されて大ウケするようになり、復刊したところ予想以上のヒットを記録。その勢いでついに映画化となった。

原作が未完のためオリジナルでの完結及び作中の話を過去の伝説の話として、現代パートも新たに設定された。高校3年生の役で45歳のGACKTが起用された。

「翔んで埼玉」の続きを読む…

とある魔術の禁書目録Ⅲ 25話

前回放置されっぱなしだった滝壺を探す浜面だったがなんか普通に出現。謎の武装をした学園都市の刺客3名の襲撃が始まるが、相変わらずのラッキーで無傷。しまいにはお得意の機転でウソ演技まで交えながら続けて2人を殺害。さらにもう1人も麦野の援護でふっ飛ばし、これまた殺害。けっこう容赦ない浜面、一気に3人殺害。今回学園都市側のレギュラーキャラで浜面が断トツで殺しまくってないか…。

一方通行は魔術を行使しての「歌」をついに実行。リアルに中の人の声が美声を。土御門と同じく科学の力を得た状態で魔術を使うと血管破裂の法則により流血しまくりながら絶唱する一方通行であった。

先週汗ダッラダラで焦りすぎだったフィアンマだったが、かなり立て直したのか再び余裕な態度に戻って戦闘を継続。一進一退であまり進展が無かったが、その頃世界各地で巨大な腕が噴き出すとそれが爆裂するという謎現象が発動。あまりの謎っぷりに戦っていた者たちは戦っている場合じゃない今はこれを何とかせねば!と共通の敵を認識して共闘し始める。ドサクサでバードウェイとかまた新たな結社とかキャラとか出てきたけど、新約もアニメ化するつもりなんだろうか…。

なんかロシアとローマが手を組んで、さらにイギリスも共闘したのでベツレヘムの星が崩壊し始めたが、これが爆発すれば地上が吹っ飛ぶためフィアンマは逆にさらに余裕になり勝利宣言。最早次クールに突入するというのに知らん顔で次回へ続く。

結局今週また余裕顔に戻るなら先週の焦りっぷりと文字通り滴り落ちる勢いの滝汗描写はやりすぎだったよな…。

2019年4月チェック予定CD

シングル

4/3

ロマンチシズム(初回限定盤)[DVD付] ロマンチシズム(通常盤)
ロマンチシズム/Mrs.GREEN APPLE
けっこう速いペース。アルバムも近いのか?
追放ダービー:入るだろう。
→入荷

4/10

意志(TYPE-A)(DVD付) 意志(TYPE-B)(DVD付) 意志(TYPE-C)(DVD付)
意志/HKT48
指原本当の最終参加シングルとのことだが、AKB48でセンター、ソロ曲までもらって完全にサヨナラしておいてなんとまさかのセンター・アゲイン。こっちが本籍なので間違ってはいないがなんだかなぁ…。
追放ダービー:Aのみ入るだろう。
→TSUTAYAレベルでは全追放、別店舗でAのみ入荷。

4/17

イチリンソウ(初回限定盤)(DVD付) イチリンソウ(通常盤)
イチリンソウ/山本彩
初シングルなのでかなり勝負曲になっているはず。
追放ダービー:いきなり追放は無いだろう。
→近隣3店舗中2店舗で入荷。

4/24

OH!
OH!/SHISHAMO
なんかすっかり地味な存在になってきてしまったような…。
追放ダービー:そろそろ危ない気がしなくもないがまだ若手枠で大丈夫だろう。
→近隣3店舗中2店舗(TSUTAYA)で早くも追放。別店舗で入荷。

アルバム

4/3

RYOTA FUJIMAKI Acoustic Recordings 2000-2010
RYOTA FUJIMAKI Acoustic Recordings 2000-2010/藤巻亮太
レミオロメンの弾き語りセルフカバーという第一報だったが、視聴が開始されたら普通にセルフカバーだった。アコースティック主体ではあるようだが、なんかエレキギターとか普通に鳴ってるし、そもそもバンド入ってるし。最初のニュース完全な誤報だったのかよ。
追放ダービー:企画作品だけど「3月9日」需要は高いしたぶん大丈夫。
→全追放。追放は初。

4/10

SUKIMASWITCH 15th Anniversary Special at YOKOHAMA ARENA ~Reversible~
SUKIMASWITCH 15th Anniversary Special at YOKOHAMA ARENA~Reversible~/スキマスイッチ
ライブ盤毎度リリースは継続。
追放ダービー:前ライブ盤追放されてるので追放確実。
→追放。

Catch the Rainbow! 【初回限定盤】 Catch the Rainbow! 【通常盤】
Catch the Rainbow!/水瀬いのり
見るからに順調なペース。
追放ダービー:余裕で入るだろう。
→入荷。

4/17

plusequal
plusequal/LUNKHEAD
20周年に向けて気合が入ってきていて期待が持てる。
追放ダービー:聞き始めてからレンタルで見たことない。
→追放

今が思い出になるまで(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)(特典無し) 今が思い出になるまで(TYPE-A)(Blu-ray Disc付)(特典無し) 今が思い出になるまで(TYPE-B)(Blu-ray Disc付)(特典無し) 今が思い出になるまで(通常盤)(特典無し)
今が思い出になるまで/乃木坂46
増え続けた新曲数が初めて減少に転じ(1stと同数)、秋元的扱いがついにちょっと微妙になってきた。あと初回”生産”限定と初回”仕様”限定A,Bという買わせる気のない曖昧な区別方法を繰り返すのは何故なのか。
追放ダービー:通常盤のみになるのかが焦点。
→TSUTAYAは通常盤のみ、他店舗では全種入荷

ログライン(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付) ログライン(初回生産限定盤)(DVD付) ログライン
ログライン/夏川椎菜
麻倉ももではBDはMVのみ、DVDにMV+特典映像だったが、こちらはBDとDVDで特典映像を変えてきた。
追放ダービー:追放…かなぁ…。
→TSUTAYA1店舗のみ入荷。

9999 (初回生産限定盤)<CD+DVD>(特典なし) 【早期購入特典あり】9999 (通常盤)(特典DVD付) 9999 (通常盤) (特典なし)
9999/THE YELLOW MONKEY
再結成以降初のオリジナルアルバム。
追放ダービー:大丈夫なはず。
→入荷

DUO (初回限定盤A [CD+DVD]) DUO (初回限定盤B[CD+DVD]) DUO (通常盤[CD])
DUO/家入レオ
もう少しゆったりになってくると思いきやけっこう早い。
追放ダービー:まだ大丈夫。
→入荷

4/24

NEGOTO BEST(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)(特典なし) 【早期購入特典あり】NEGOTO BEST(通常盤)(NEGOTOオリジナルチケットホルダー付)
NEGOTO BEST/ねごと
解散に伴う最終作品。ラストツアー開始までも1ヶ月くらいあるのに平成のうちにリリースは終わらせてしまうのか。
追放ダービー:解散ベストなら大丈夫。
→TSUTAYAレベルでは追放、他店でかろうじて入荷。

STARTING OVER! STARTING OVER!
STARTING OVER!“DISCOGRAPHY”CASE OF TGS/東京女子流
初のライブアルバム。確認せずともライブ盤を出せるという事はライブでも生歌。
追放ダービー:追放確実。
→追放