モブサイコ100 3話

小学生の頃、兄弟で高校生にカツアゲされた律(望月歩)とモブ(濱田龍臣)。律を傷つけられキレたモブが正気を取り戻すと律までもまとめて傷つけていた…というトラウマから力の開放を恐れていたモブだったが、(笑)教祖エクボは悪霊(人間に憑りついていた)だったことが判明し、モブサイコ100となったモブは力を開放。激しい能力バトルを繰り広げ、ほぼ一方的にエクボをぶちのめす。モブサイコ100覚醒時は髪も逆立ち、態度も強気だったりと別人のようなキレの良さを見せたが戦いが終るとまたしてもネガティブモード。うさんくさい師匠の新隆(波岡一喜)が的確なアドバイスを送る辺り、うさんくさいけど意外と理解者なのかもしれない。

エクボはなぜか小型浮遊霊として復活してへりくだったフリして復讐の期を伺うツッコミギャグキャラポジションに収まったが、今度は能力者の学校の裏番長が出てきたところで次回へ続く。

ようやく主人公の二面性が明らかになったのでここまでが初回、という印象。長かった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)