マジムリ学園 5話

HDD突如のデータ消失により4話未聴(他ドラマも同様で以降2話分飛びます)。

3話のバラ(向井地美音)の母の店の放火犯だった事が発覚したツヴァイ(谷口めぐ)が4話で暗躍して、リリィー(小栗有以)、バラ、スミレ(倉野尾成美)、ヒナ(岡部麟)と戦っていたようだが尺が足りなかったようで、戦闘のラストからスタート。放火犯だと知り激昂するバラをリリィーが止め、ツヴァイは親衛隊二番隊を解任されドブ落ちに。さらにカイザー(本間日陽)とアインツ(加藤美南)のアヤしい関係を暴露しようとしたためカイザーにボコボコにされた挙句に1ヶ月間教化室送りにされてしまう。なんだかよう分からんが実質監禁状態という事らしい。

既に男子1名がドブ落ちされており、これで2人目となったが、48メンバー4人のうち唯一のAKB48である谷口めぐが追放された事で、早くも親衛隊幹部がNGT48だけになってしまった(あと男1人)。

カイザーは元親衛隊の狂犬ジャック(廣瀬智紀)を呼び寄せてリリィー一派を倒すように指示。以前革命を試みた一派を抑えるためにナイフで1人を刺して革命を阻止したがナイフ使用を前生徒会長に咎められてドブ送りにされていたらしい。

ツバキ(髙橋彩音)とアヤメ(山内瑞葵)も加わった革命集団【華組】はラマン(横山由依)から廃部になっている写真部を隠れ蓑にすることを提案され、部室に行くとそこには過去の革命計画の資料とあきらめた顛末(狂犬ジャックによる傷害事件)が書かれていた。資料を音読しながら帰宅中だったスミレはまさにその該当箇所を音読中に狂犬ジャックに遭遇して刺されて意識不明の重体に。音読しながら帰宅しているだけでも変な人なのにピタリ該当箇所で当人に遭遇して再現のようにグサリとかベタすぎるにも程があるだろこの展開…。

リリィーの前に狂犬ジャックが現れ、ナイフによる初撃は腕を切り裂いたものの、ナイフを恐れずに特攻してくるリリィーの攻撃には全くなすすべが無くほぼ一方的にやられてしまう。1話から苦戦続きだっただけに5話になって出てくるようなレベルの敵じゃなかった

あっさり撃破したリリィーの前に今度は荒地工業高校の卍(瀧野由美子)と部下2名が相互協力を持ち掛けるためにやってきた。ひとまずスルーしたリリィーだったが…。公式紹介で当初から「最大の敵」とされていたのでラスボス感漂わせてるカイザー様の立場が実は最初から無かったんだけどここでようやく主人公と接触。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)