探偵が早すぎる 6話

※HDD突如のデータ消失により4,5話未見。

前回トリック返しにより全身包帯グルグル巻きの重傷を負ったラスボス朱鳥(片平なぎさ)の息子(桐山漣)。これにより千曲川(滝藤賢一)を狙う事にした朱鳥。そしてこれに乗じて交互に仕掛ける約束を反故にした亜謄蛇(神保悟志)も刺客を雇い、全方位から刺客が迫る展開に。

千曲川は捕まったと見せかけて騙していたオチで、刺客のうちの1人は雇われた殺し屋で、指示を受けていた橋田(水野美紀)が処理。なんともう1人がレギュラーキャラの城之内(佐藤寛太)。突然妹(優希美青)が出てきたと思ったら義理の父に酷い目に遭ってきて妹の医者になる夢をかなえるためには何でもする、そのために誘いに乗ったとして友人の一華(広瀬アリス)を殺そうとしたという。確かに彼は一華の間の悪さもあって、背後から近づいたら刺客と勘違いした一華から不意打ちを喰らったり、刺客を恐れる一華に近づくな!と強い口調で言われたりと毎度かわいそうな役回りではあったがまさか急に実行犯になってしまうとは…。

千曲川のトリック返しにより屋上から突き落とされそうになった城之内だったが、なんと自ら罪を懺悔して振り払って転落。意識不明の重体となってしまい、これにより真相を知った後でも一華は千曲川を許さず、千曲川もまた殺しはしないというポリシーを破られそうになって過去を思い出して険しい表情で次回へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)