マジムリ学園 6話

革命集団【華組】として決起集会を計画する一行。その頃狂犬ジャックと音信不通になったのでやられたと悟る生徒会は新たな刺客として荒地の怪力ギガントコング(坂口征夫)を召喚しようとしていた。それより早くアインツ(加藤美南)が動き出し、【華組】の拠点である写真部の部室へ通じる廊下を封鎖、抗議するリリィー(小栗有以)、バラ(向井地美音)、ヒナ(岡部麟)だったが、アインツによるスタンガンアタックでリリィーが気絶。ツヴァイ(谷口めぐ)が送られていた教化室に連行されてしまう。ていうかツヴァイさん連行された時のままの姿なんだけど、マジでずっと監禁されてたの?

しかしこれは決起集会の邪魔をされないようにアインツとその取り巻きを閉じ込めておくための作戦であった(現幹部のうち2年生がアインツのみで他は3年生でこの日は不在という設定)。あっさり返り討ちにあったアインツとゆかいな仲間たちは閉じ込められ、逆にツヴァイは【華組】と和解し、【華組】入り。決起集会も生徒たちが大勢集合して(なんかクラスメイトしかいなかった気がしなくも無いが)大成功に終わった。

アインツ御一行を開放した【華組】だったが、ツヴァイによるアインツへの説得は失敗。この2人は入学時にニッコニコのアイドルスマイルで声をかけてきたカイザー(本間日陽)に親衛隊としてスカウトされたらしい。ユートピアを作るとか神がいないなら私が神になるとか言っているアブネーことは今と変わらないものの無表情な現在と違いニッコニコだった当時のカイザー。あの笑顔を取り戻さないか?という説得にアインツも少し迷いがあったようだが振り切っていってしまった…。しかしなんかもうすぐに折れそう。

一方名前が出てきただけだった荒地の怪力ギガントコングはラストに登場。元々顔面血に染まった奴だったが仲間の死をきっかけに丸くなったとされていたこのギガントコング、死んだ子猫を前にうずくまっており、咄嗟にカイザーは【華組】の仕業だとして、奴らは血を見るのが好きな集団、最近子猫を殺しまくっているなどとホラを吹きまくり、ギガントコングがまんまと騙されたところで次回へ続く。神がいないなら私が神になる選ばれし存在カイザー様との触れ込みだったが運転手が極めて微妙な表情をなさるほどペラペラとホラを吹く姿は…哀れなり…。

あと前回病院送りにされたスミレ(倉野尾成美)が目を覚ましてすらいないっていう回復の遅さが不穏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)