マジムリ学園 9話

リリィー(小栗有以)が帰還し、公開処刑(笑)に合っていたメンバーも全員救出した華組は次の革命の一手を考えるが特にこれといった案は無く、そこにラマン(横山由依)からカイザー(本間日陽)の父であり神崎ランド、Gグループの社長で学園オーナーに直訴するという手段を教えられる。始まりの街であるため一応大事にしていたがもう潰すか…とのたまうカイザー父、そして父に反発するカイザー。

その頃もうあと1話しかないのにようやく動き出した卍(瀧野由美子)と荒地工業高校御一行は宣戦布告にやってくる。カイザーはすかさず小切手を取り出してリリィー撃破のために雇おうとするが卍はこの街の発展のせいで父の工場の経営が破綻して自殺した事で街全体を恨んでおり交渉決裂。

小切手を燃やすリーダー卍にウオオオオ!!と盛り上がる荒地御一行、この期に及んでカイザー様コール宗教化著しい親衛隊、ついに熾烈な戦争が始まるのかと思いきやまさかの1ヶ月後派手にケンカ売っておいて華組含めて1ヶ月何もなかっ

カイザー父が凱旋しての学園での講演会の際、ラマンが電源を落としてその隙にカイザー父に娘の愚行を直訴する算段だった華組だったが、そこに卍の部下のガラケー(城恵理子)が電気ラッパ銃を発砲。盾になったバラ(向井地美音)が病院送りになってしまった。リリィーがガラケーを追いかけている間にバラが直訴だけは済ませたらしいが…。

カイザーは今度はリリィーを雇って卍を潰そうと画策。報酬は兄と母の事件の真犯人を突き止めることで、以前は華組解散が条件だったが今回はこれ以上の争いを防ぐためというそれらしい理由もあって契約を結んだリリィーは単身卍の家へ向かう。しかし卍の兄から父自殺の件を聞いたリリィーは戦意喪失。やってきた卍からは一方的に攻撃を受け続け、一切反撃しないまま戦う意味を失ってノックアウト。

最終回を前にして全く収拾がつきそうにないこの展開…どうなる…。

ていうか卍さん演じる瀧野由美子だけ格好もセリフの言い回しも何もかも似合わな過ぎてちょっとキャラクターがどうしようもない状態になってるんだけどこれもう少しどうにかならなかったのか。演技が下手とかそういう問題じゃなくてとにかく合ってない。ある程度凄みのある子じゃないとこのキャラは無理でしょ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)