SUITS/スーツ 最終話

自身が有罪にしてしまい13年ぶち込んだ男の冤罪を晴らすという目的で再審請求に挑むことにした甲斐(織田裕二)は幸村(鈴木保奈美)の許可を取り付けてこれが最後という条件で鈴木(中島裕翔)にも協力を要請。

真犯人の証拠をつかむために追い詰められながらも疫病神遊星(磯村勇斗)も最後の最後に貢献。真犯人がかつてクスリに手を出していた事から売人経験のある遊星の人脈が役に立ち、さらに完全に違法行為ながら真犯人のうち気の弱そうな1人を襲撃して無理やり自白させる実行犯の役回りを引き受けてくれた。まあ今まで犯罪実行は鈴木にやらせるばかりだったのでこれくらいはしてくれないとな

全てが片付き、最後に鈴木の処遇が残ったが、甲斐は事務所の不正を部下たちに調べさせそれを突き付けて何らかの取引を行った。明言されなかったが鈴木のクビは撤回された…が、甲斐はボストン行きのチケットを渡して休職しろ2年やると告げるが、別に2年で資格を取って来いというわけでもなく今のうちに遊んで来いと告げ何がなんだか分からないいままに終了。

詐称のままで向こうで経験を積んでもっと使えるようになって来いという事だったのか、ねぎらいだったのか何だかよく分からなかった。前回の玉井のテープレコーダーといい、唐突なところがいくつか分からないままだったな…。

砂里(今田美桜)と真琴(新木優子)との女性関係も最後はあまり盛り上がらず、真琴には理由を語らずにやめるとだけ告げていた鈴木。砂里は真琴の言葉なら思いとどまるはずだから説得してほしいと真琴に頼んできて、真琴が最後の仕事を終えて戻ってきた鈴木に声をかけたものの、すぐに甲斐がやってきてしまった。そのまま辞めないことになってしまったので嬉しそうににんまり笑って去っていくだけで真琴の出番が終わってしまった。説得託されたのに説得不要で片付くとかナンダソレ。

とりあえずボストン行きで終わったので、戻ってきましたというところから続編の制作は可能っぽい。原作である海外ドラマ版のストックは膨大にあるようだし、これは続きが見たいドラマではあった。前半は甲斐が理不尽に見えすぎたところがあったのとコンビ感が皆無で2人のエピソードがほとんど別進行だったので何ともハマり切れなかった。しかし後半から急に甲斐が人徳者になって信頼を見せるようになり、それからの方が見やすかったし、急にコンビっぽくなった。コンビになっていく様子をじっくりという感じでもなくテコ入れされたかのように急に態度変わった感じがしたけどそういう原作だったのだろうか。蟹江の憎たらしさはコミカルな感じを醸し出して嫌な奴だけどどこか憎めないみたいなポジションぽかったけど、そのさじ加減が微妙すぎた感じはある。なんか邪魔ばっかりしてた印象になってしまった。いずれにせよ後半コンビになってからの2人の物語はとても良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)