3年A組-今から皆さんは、人質です- 4話

殺されたかに思われた里見(鈴木仁)ら5名の前に殺されたはずの中尾(三船海斗)が出現。殺された事になった生徒たちは美術準備室の下の教室への抜け穴があり、そこで身を潜めている事、真意を聞かされた6人はいずれも柊(菅田将暉)の協力者となっていることは判明した。

里見へのフェイク動画作成を依頼した人物、甲斐(片寄涼太)は課題直後に自供するが、加工者及び黒幕について語ろうとしない。甲斐は母が事故で脊髄損傷になってしまいダンスも辞めてバイトの日々を送っていて、金欲しさにダンス仲間から景山澪奈(上白石萌歌)と会わせる約束を取り付けるがその仲間たちというのは関東一帯を取り仕切る半グレ集団「ベルムズ」のメンバーであった。慌ててさらわれそうな澪奈を逃がして集団と戦闘を繰り広げた甲斐だったが、後日動画加工の件をボスのKから依頼されて引き受けてしまったらしい。

柊がこの日から不調(腰のあたりに激痛が走っている様子)になっているのを見た甲斐は柊が直接対決して勝ったら話すという条件でタイマンを挑む。やはり痛みにより劣勢になる柊だったが「ベルムズ」のKが黒幕であることまでは掴んでいたため、じわじわ真相を語らせながら甲斐を揺さぶり、撃破することに成功。誰にも頼ろうとしなかった甲斐に救いの手を差し伸べ、さらに友人たちも何で話してくれなかったのか!といつもの感動展開に。

偶然にも前日の一件で捜査を外された郡司(椎名桔平)が取り調べていたのが「ベルムズ」案件の違法ガールズバー運営の件。「ベルムズ」とは関係なさそうなので容疑者連れてガールズバーに現場検証に来ていたところだったが、そのタイミングで柊が一連の甲斐との会話を電話で聞かせ、さらにベルズムのリーダーKの名前は喜志正臣(栄信)だと甲斐が明かした。郡司の目の前にいるこの容疑者こそが警察もその名前すら掴めなかったKそのものであり、警察が未だ場所を一切特定できていなかったKの拠点であるガールズバーというのもたまたま今いるこの場所そのものであった。どんなミラクルだ。というわけで激戦の末に逮捕。しかし喜志がKだと知って生徒の1人の諏訪唯月(今田美桜)が動揺…。

この間に夜中どうも下から音がすると気にしていたさくら(永野芽郁)がドア越しに中尾と会話して全員生存を確認。それをみんなに伝えたため、頃合いだと判断した柊は全てを話す!と宣言するが直後に痛みにより気絶してしまい次回へ続く…。

ベルムズとは柊の元恋人が精神に異常をきたして退職を余儀なくされるのに絡んでいるようで…とここいらの街の闇を取り仕切る悪の組織みたいなのが出てきてしまった。この手の犯罪組織みたいなのって転がし方を間違えると一気にしょっぱい展開になりかねないが大丈夫だろうか…。ていうか警察も名前も居場所すら掴めていないトップのKが何で甲斐の目の前で本名名乗って登場してたのか。KがKじゃなかったみたいな展開だとどうもなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)