3年A組-今から皆さんは、人質です- 6話

一致団結してシャワールーム使用解禁にもなってさっぱりして楽しく人質生活を1日過ごした生徒たち。しかし空気が緩くなりすぎたためか、柊(菅田将暉)は携帯類を再度回収すると、教師勢に対してフェイク動画依頼者は名乗り出ないと教室を爆破すると言い放ち、再び生徒たちを戦慄させる。

体育教師で水泳部顧問でもあった坪井(神尾佑)が生徒間では容疑者筆頭に上がり、涼音(福原遥)は彼氏とのデートを理由に水泳部をクビになった事を恨んでいた。怒りが再燃した涼音は坪井が犯人だとする告発動画を携帯を隠し持っていた生徒に撮らせて投稿を命じる。

最終的にはTV電話を通して坪井と直接対決した涼音だったが、実は涼音は不整脈の診断が出ていて辞めさせるために普通に説得できないと考えた坪井が母親公認で無理やり作り上げた辞めさせ方がアレであった。それでも彼氏とのデート写真を証拠として部員の前で投げつける必要は無かったというか写真の枚数多すぎだったし、あの写真を撮影・提供したの誰だったんだよ…完全に盗撮風だったぞあれ動画投稿を後悔する涼音だったが、柊が事前に止めており安堵。しかしそれだけでは許せない柊はもっと考えろ!と熱い説得を繰り広げ、それはまるで昨今再度話題の炎上動画・ネット社会へ鋭く切り込んでいくようなメッセージだった。というか今回は「明日、ママがいない」並にストレートなメッセージだったな…。

さくら(永野芽郁)だけは最初から気づいていたが、柊はみんながノリノリだった時に眼鏡をかけているときは信じろ、外した時は信じるな!と妙なゲームを宣言しており、ここまでの言動も全て意識的に眼鏡をかけたり外したりして行っていた。さくら以外気づいていなかったためようやく気付いて安堵する生徒たち。

そして柊はさらに教師陣に突っ込んでついに武智(田辺誠一)を犯人として名指し。また郡司(椎名桔平)は柊がかつてスーツアクターだった事、ガンが発覚して辞めて教師になった事、よく柊が見ていた特撮は自身が出演していた作品だった事、そしてそこの社長が文香(土村芳)の父、相楽孝彦(矢島健一)であり、これまで柊が使っていた偽の死体パーツや爆弾と思わしき備品を事件前に相楽が買い付けていたことを突き止め、その相楽が新たな動画をネットに投稿したところで次回へ続く。ドッカンドッカン大量爆破でおなじの映画コナンの犯人はどこでそんな大量の爆薬を入手したんだよ?的な問題については触れないのがお約束かと思ったけど丁寧に設定準備されてた。

これまで景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相に着実に迫りつつ、生徒たちに熱い授業をしてくる構成だったけど今回ばかりは本筋が停滞して、メッセージ性を前面に出したような感じになったような…。今回は何か新しい情報を暴くでもなく最後に一方的に武智が名指しされただけで終わったし。

涼音も初期から中尾(三船海斗)一筋の恋愛体質女子として描かれていたのに水泳部で景山澪奈に迫る有力選手だったとか急に全く異なるストイックな過去が明らかになって(ただしその頃から付き合ってもいた)ちょっと違和感があった。一応水泳というかけていたものを失って涼音には中尾だけが残った事になるので、結果そういう恋愛体質キャラになってた…という説明はつくけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)