3年A組-今から皆さんは、人質です- 9話

数年後の3月9日。柊(菅田将暉)の3回忌に生徒全員が教室へ再集結して逢沢(萩原利久)が撮影していた景山澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリーが上映される。それぞれの進路や恋模様などが詰め込まれて描かれる中でさくら(永野芽郁)が遅れてやってきたところで現在の3月9日へ…。

3回忌としか明言されず何年後かは不明だったが、就職した者以外は普通に大学生になっている様子だったのと柊が今からあと1年延命できるとは思えないくらいボロボロなので間もなく亡くなるとしてそのまま現代を1とすれば3回忌なら2年後か。

ファイター田中(前川泰之)がヒーロースーツで郡司(椎名桔平)を撃破。目覚めた柊は警察に郡司を人質にしたことを宣言するが再度気絶してしまう。そして業を煮やした警察は宮城(細田善彦)が相楽(矢島健一)確保に動いたため、相楽は武智(田辺誠一)ではなく柊顔のフェイク動画を当初の予定より少し早く投稿して自身の仕事を完遂。警察に運ばれて行ってしまった。

ファイター田中は秘密逃走ルートから爽やかに去っていき、目覚めた柊は生徒全員に全ての目的を告白。真犯人の名前も含めてすべてを語ったが、最終回用に肝心な真相は無音声・白黒加工映像で処理されて不明のまま。新たに明らかになったのは柊がこの学校に来たのは文香(土村芳)を陥れた武智の悪事を暴くためだったが、ガンが再発してほとんど何もせずに日々を過ごしていたという説明が入った。ファイター田中の後継になる予定だった学生時代にガンになったが1度治っていたらしく、再発した後に景山澪奈(上白石萌歌)が殺されたその日に余命を宣告され、景山の死を受けて今回の計画を思い立ったという。

郡司を盾にして屋上に向かって大衆の注目を浴びて最後の計画を発動しようとした柊だったが何者かに銃撃されてしまう。そして事前に全てを聞かされていた逢沢は景山とさくらについて何か知っているようでそれを聞いたさくらはこの土壇場で殺したのは自分だとクラスメイト達に宣言して最終回へ続く…。

展開上、屋上での最終計画の前に生徒たちには全てを話す必要があったとはいえ、後で全部回想じゃなくて肝心なところだけ演出でモザイク入れるとはズルい演出だった…。さくらと澪奈については1話から描かれていた澪奈は友人のつもりだったけどさくらの態度が対等じゃない(さくらにとっての澪奈は友人というより憧れているレスラーとポジション的に変わらない扱いに近いところがあった)ところで2人の友情感(?)に溝がある事は示唆されていたのでそれかなとは思うけど…。少なくともこの前に柊が真犯人を生徒全員の前で発言していて全員衝撃受けていたし、そこに至るまでの間に自分にも責任があった、みたいな。この辺は真相が判明して繋がるようになっているんだろう。このドラマなら幾多の真相が判明しても辻褄が合ってなかった…なんてことはないようにちゃんと構成されているだろうきっとそうだろう…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)