3年A組-今から皆さんは、人質です- 最終話

狙撃された柊(菅田将暉)は防弾チョッキで無事だった。夜明けと共に最後の演説をすると宣言し、この間に郡司(椎名桔平)に真意を先に説明。そしてさくら(永野芽郁)が自分が殺したと言ってみんなの前で話した内容の方が今更おま…って感じの代物だった。

自殺当日、現場にいたのはさくらで景山澪奈(上白石萌歌)にドーピング疑惑以降無視していた事を謝罪するため、かつて会話を交わしたビルの屋上に連れていって2人きりで話をしていた。しかし、澪奈は既に幻覚・幻聴に悩まされていてさくらがスマホを取り出しただけで症状が発動。耐えかねて発作的に飛び降りを図ってしまい、助けようと腕を掴んださくらだったが力及ばず…というものだった。

追い込まれて以降の武智(田辺誠一)が武智自身の視点で行動が描かれるという変な演出に始まり、その武智ビジョンで何も喋っていない人々が次々に自分の悪口を言っているような幻覚・幻聴に見える、そしてどんどん追い込まれていく…という武智の描写がけっこう繰り返されていたのは景山澪奈も実はその状態に陥っていたというのをすぐに分からせるための仕掛けだったのか。今までの回想では景山澪奈が幻覚・幻聴で苦しんでいる様子はないどころか、むしろ柊にこれから武智と会ってくる!とけっこう力強く語っているくらいだった。これはたぶんドラマ的には死の真相が自殺ではなく他にあるとして最終回まで引っ張るためでもあって、景山澪奈が自殺に至るほど追い込まれていたという描写を出したくなかったが、しかしさくらと会った途端に急に錯乱して飛び降りたのではかなり唐突で意味不明になってしまうので、武智ビジョンの演出でカバーした感じかな。柊はそこまで症状が悪化しているのを知っていたわけだから、武智と会いに行くと言った景山澪奈に断られてすぐ見送ってしまったのはこれは確かに1番の後悔になるな…。

そんなわけで中盤頃からは生徒たちが必死に追い求めていた死の真相、てか現場にいたんかい…という衝撃展開だったが一応序盤頃の回想を未公開ロングバージョンで挟んで柊にはすでにそのことを伝えていたこと、10日間見届けるよう約束していたと発覚。

柊の翌日のネット中継では悪意をばらまくネット民へのストレートな説教であり、ネットの悪意が束になって景山澪奈を殺したというものだった。途中までは全く聞く耳持たずに誹謗中傷を続けるネット民の書き込みが散々流れまくっていたが、終盤になってくると柊の叫びは祈りに近いものへと変わり、ここからはネット民の声を出す演出は無くなり、1人だけでもこの言葉が届けばいい、というメッセージで締めた。ドラマというより視聴者へ向けてのストレートなメッセージだった。

唯一残念だったのが唐突に登場したモブの戦闘民族インターネッツの人たちがザ・オタクみたいなテンプレ連中ばかりだったところか。特に1番目立っていた男がいかにもな乱雑な引きこもり風味な部屋に風貌、最後に踏みとどまって改心するとかステレオタイプすぎた…。『電車男』の頃からネット民のテンプレイメージ変わってないじゃないか。

全てを終えた柊は飛び降りようとするが駆けつけたさくらが今度は手を離さないと奮闘し、生徒たちが駆けつけて救助。柊がさくらを救うためにわざとやったらしいがそれにしてはギリギリすぎたような…。柊は逮捕されていき、前回出てきた数年後の世界で柊は結局余命1年を全うした事が語られて終了。

最終的にはドラマというよりドラマ自体がネットの悪意というメッセージを視聴者に伝えるための大きな仕掛けみたいになっていた感じ。途中からネット民への怒りのメッセージが随分強くなってきていた感じはあったけど、一方で徐々に真相をあぶりだして真犯人が他にいるというミステリーのような作りにして最終回まで引っ張りまくり、いざ蓋を開けたらネット民の言葉が凶器だ!というメッセージ一直線。しかもその言葉は説教かよwww何様だよwwwという反応でまるで届かない…という現実を見せる事でたぶんこのドラマの世界よりも現実の視聴者にはもっと客観的にメッセージが届くという仕掛け。一風変わった、しかし熱いドラマだった。特に今の10代に刺さって少しでも考えが変わる人が多くなればいいなと思った。

それにしてもこの流れだと緻密な計画を立てていた柊にしてみれば計画の根幹は変わらないとはいえ、開始直後にさくらが自殺現場にいて手を放してしまったなんて話を聞かされたのは相当にイレギュラーな事態だったのでは…。もしくは生徒たちには徹底して伏せられていたけど、さくらがあのままこっそり逃げたとも思えないので警察調べや教師間ではさくらが現場にいたのは周知だったのか…?どっちだったんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)