残酷な観客達 7話

担任(原田龍二)を助けるための大縄跳び100回の最後の1回を14番みこ(長濱ねる)が失敗。30万いいね!をもらうのに成功が絶対条件というものではなかったのだが、最早カウント画面すら表示されない始末。どのくらいいいね!がもらえたのかも不明のままに担任はわざとらしく思い出した!と告げる。教師が二手に別れた場所を聞きだした生徒は担任を後で助けるとして放置し、言っていた場所で二手に分かれる。

片方が到着したのは室内プール3万いいね!獲得という指示にもう全員無表情。なんとか一念発起して浮き輪を使った小ネタをやるも、またしてもいいね!カウント画面すら表示されない。いいね!獲得はもうストーリーとしてもどうでもいいんだろうかこれ。6話からは「※平手友梨奈さんの喉の不調のため、一部のセリフを吹き替えにて対応しております。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。」と書かれていたが、今回はあかさらまに口が動いてないのに台詞量が多い…みたいなカットが増えていた。急に表情に乏しくなったのは平手のリアルな心労が反映されているのかというくらいなんか無表情というか疲れ切った空気が…。

9番静香(佐藤詩織)と20番杏奈(渡辺梨加)の中学時代の先輩が唐突に登場。ゆうと先輩というその先輩はこれまでも優しいコメントをしてくれており、実際に観客の1人である女子大生の彼氏として登場。てっきり駆けつけるのかと思ったら駆けつけたのは中年ニート35歳として登場していたオッサンの方で彼こそがHNゆうと先輩だったというワケの分からないオチで終了。前回既にニート詐欺のフリーターだったことが判明したこのオッサン、オチとしての衝撃はいいにしてもどうやって侵入し、どうやって追い出したのか。ますます疲れ切った生徒たち。そして閉じ込められていたはずの担任は余裕で脱出して一仕事終えた感じで去っていった。

観客達の描写が増えてきて女子大生の彼氏の本物ゆうと先輩に加えて主婦の主婦仲間も登場。この主婦仲間は余裕がある感じでスマホを連打していたのでいいね!連発しているようだが、女子大生なんかは就活ストレスで苛立っていて憂さ晴らし感覚で見ているので全くいいね!している様子が無く、You Tuber連中は初回で撮影終了してたんじゃないかというレベルで黙々と見ているか、キーボードカタカタ(コメント?)しているだけのエンドレスリピート状態。タイトルの「残酷」を示している…ということなんだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)