残酷な観客達 最終話

一撃5万いいね!突破を果たした17番ゆずき(平手友梨奈)。出て行ってみんなを助けるべきだという14番みこ(長濱ねる)の主張を振り切り、みんなと脱出したいとその場に残ってしまう。今までテキトーなツッコミを入れているだけだったナレーションがここだけバカ丁寧にゆずきの心情を補足説明しまくっていたのはこの先の展開が説明しようがないくらい投げっぱなしなのでせめてもの視聴者サービスだったのか。

とはいえまたしても無気力モードのまま夜明けに。これで24時間絶食状態になってるけど最早そんな食事事情など描写するはずもなく全部放棄。意を決した一行はまたしても一芸を披露していく。最終回にして初登場の観客が数名増えており、彼らの反応は上々だったが、何故かいいね!は数千程度までしか溜まらず、観客のコメントも冷たいものばかりになってしまう。これまでもあからさまにテキトーだったいいね!の溜まり具合だが、ここに来てようやく操作されているのでは?という疑念を抱いた生徒たち。

そんな中、21番(渡邉理佐)はある可能性に気づく。それはゆずきがクリアしてからドアを開け閉めしていないのでもしかして鍵開いたままなんじゃね?ということだった。実際鍵は開けっ放しだった。これまたこれまでストーリーの都合でドア関係の描写はクリアした人しか開けないし、クリアした人しか進まない、入室の際は必ずドアを閉める、という暗黙的なところを放棄。全員で脱出を図り既に消えた他のメンバーを探すため、これまでの場所を巡っていくが、二手に別れながら進んだので気づけばゆずきとみこだけがプールに。

「ゆずきはここにいる」など意味深な言葉をかけるみこだったが、プールの水面に映る影がゆずきだけ消えたと思ったら今度はそれが反転。プールの影にだけゆずきが映り、そのままゆずきが消えてしまい、みこはまたか…と崩れ落ちる。この時点で観客達は次々と飽きてPCやタブレット、スマートフォン等から離れていた。

1人になったみこが教室へ進むと今度はけやき坂46メンバーが揃っていて1話と同じような事が始まった!

新たな展開が始まり、再び画面の前で視聴開始してほくそ笑む観客達。その中には教師の姿もあったが、真っ先に姿を消した今泉佑唯の姿もあった。ただし観客側ではない教師と今泉は無表情でほくそ笑んでいない。

終 了

全部終わっての感想

やりやがった…。

昨今のヒットアニメでそういうのがいくつかあったらしく、ゆずきが何らかの理由で死んでしまい、生と死の狭間の世界でゆずきを現世へ救い出すためにみこがこの世界を何度もループしている…というような事を思わせる終わり方だったが、確かなのはみこがループしているという事くらいで後の細かい事は全部放り投げた感じ。というか実際に投げていてこれらに細かい設定は用意していないと思われる。難解そうに見せかけて熱心なファンにあーでもないこーでもないと考察させてバズればいいや的な

これで振り出しに戻り、ゆずきを助けるためにもう1度みたいな流れならもう少し分かりやすかったが、みこが戻った先はけやき坂46のメンバーになってしまったのでゆずきを助けるためという事ではなくなった。世界観そのものがリセットされている。

ゆずきが消えてしまった時点でみこは「またか」と言っていたので、ゆずきがまた消えた、これまでの意味深な言動の数々からまたゆずきを救えなかった、と思ってしまうところだがけやき坂46メンバーのいる教室に入ったみこのモノローグは「こうして私はまた1人ぼっち」というものだった。これではどっちにも話が繋がらない。

さらに「私の中の戦いはまだ終わることができない」「私がみんなを外に出してやる」というセリフも後に続いた。これら最後の3つのみこのモノローグは全部長濱ねる本人の欅坂46加入への経緯とけやき坂46との兼任、境遇と被せてきているのでドラマ(みこ)としてではない。もう狙いが長濱ねるのグループ内唯一の特殊な立ち位置に被せる事にしか行ってない。メンバーの境遇、さらにはアイドルという職業の境遇と照らし合わせるような描写を重ねていったという以外に本当にストーリーに意味は無かったんだろう。

観客達が終盤に飽きて興味を無くしたらみこ以外が消失し、新たなメンバーで新たなドラマが始まったらいちいち観客全員がほくそ笑むカットを入れたというのも数々の現れては飽きられて消えていくアイドルと移り変わっていくそのファンたちという構図をなんとな~く投影してみたようなしてないような…というくらいの感覚でボヤッと暗示したのかもしれない。

ストーリーに意味は無かった、ドラマには何の意味も無かった、ただ”企画は「ミスターXという謎の存在からお題が出されて、いろんなネタをやって教室から脱出するような話をやったら、バズると思わない?」という秋元康のアイデアから始まった”ものとされている。実際それだけで終わらせた。しかし考えたがりの人は意味のない数々の描写も勝手に深読みしてバズってくれるでしょ?という。バラエティでやるような1発ネタのメドレーだけでドラマにしてしまったんだから恐るべし。後にも先にも秋元系ドラマ色々やってきたとはいえこんなドラマは2度と作れないと思う。DVD/Blu-rauの宣伝も清々しいくらいにオフショット映像にフォーカスされていた。

観客達のプライベートが後半で少し掘り下げられたのも終盤になると特に意味は無かったので単なる尺稼ぎだったっぽい。一方でそれとは別枠で開始前の話題性の1つだったYou Tuberが観客として出演するというのは結果的に浮きまくる不気味な存在に。

というのも当初は役者観客達もYou Tuberも自室空間でカシャカシャやっているだけだったのでほとんど同じだった。やがて役者観客達は中盤以降で生活感を出し始めた。しかしYou Tuber達は24時間同じ空間で延々カシャカシャやっているだけで、中にはお面被ってるようなやつもいたので観客達の中でも非リアルな異質の存在と化してしまった。撮影自体も1日で終わっていたような同じカットが適当に随時挟まれているだけだったし(ヒカルという筆頭格のYou Tuberに至ってはずっと他のもう1人と一緒に見ている設定で9話で空間が変わって1人になったのに最終話でまた元のカットに戻ってしまう始末)、You Tuberは放送開始前の話題性のために利用されただけみたいだった。

途中退場した今泉佑唯は黒幕側のように匂わせて1カットだけ入れ込んだが、その後で1人いなくなっていた上村莉菜は触れられなかった。たぶん元々は二手に別れる形で後半にまとめて減らすつもりだったか、減らさずに最後まで行くつもりだったんだろうけど今泉の体調不良による退場は予定外だったので、その後で今泉消失を意味深なものにするためにもう1人くらい単独で消える人を選ぶ事になり、2番今泉の次が3番上村だったので選ばれただけだったのかも。理由もないのに唯一単独で消された上村はかわいそうだった。逆に唯一1度退場(別行動)しながらも復活したのは齋藤冬優花だったけど、これも色々謎のままだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)