僕たちがやりました 2話

窓ガラスが割れるだけの爆弾だったはずが、大爆破テロになってしまい、死者が二桁に達する大惨事になってしまった。トビオ(窪田正孝)、マル(葉山奨之)、翔(間宮祥太朗)、高校のOBニートで資金源のパイセン(今野浩喜)は慌てるが、実際に深刻に考えているのはトビオと翔の2人だけ。パイセンはバカ、マルは従順なバカなのでまるで危機感が無い。トビオが現実を受け入れろとばかりに強めに説得してようやくヤバさを実感しつつもやはりバカなので3人に金を渡して黙っていようと言い出すパイセン。翔は金を受け取り、2度と関わらないとして仲間を離脱。しかし結果的に1人で背負い込んでしまい精神的に追い詰められていく。

パイセンだけは前夜に目撃されていて容疑者として忠実な似顔絵が出回っており、既に両校の教師や、トビオらをよく知る者たちは蓮子も含めてパイセンとの4人組でつるんでいるのは周知。トビオは突如ヤケクソのハイテンションになったり、新世界の神の血前述のようにパイセンの顔がバレている以上自分たちに捜査が及ぶのも時間の問題のはずだと冷静に状況を判断しようとしたり、幼馴染の蓮子(永野芽郁)にキスを迫りそれ以上まで行こうとして嫌われたりと情緒不安定。ていうか17歳の女子高生にキスして脱がせようとする28歳というのはもう立派な別件逮捕案件じゃないだろうかお巡りさん。

パイセンは海外に高飛びしようとし、トビオも結局便乗することにするが空港ではパイセンが刑事たちに確保されていて次回へ続く。なお何故か死んだことにされていた市橋(新田真剣佑)は病院で意識を取り戻しており、似顔絵を見てパイセンだと気づき復讐に燃えていた。

パイセンが漫画的なバカキャラすぎ(原作ソックリという称賛の声が多いのでたぶん漫画的には合ってるんだけど)、マルが従順すぎて現状把握すらろくにできてないのでこのせいでストーリーが進まず、かなりゆったりした展開に感じた。トビオと翔はもう少し冷静に状況を見て焦っていたが、翔は離脱するし、トビオは情緒不安定だしで、結局ほとんど話が進んでないような…。話が動く前に見るのがしんどくなってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)