ごめん、愛してる 4話

塔子(大西礼芳)でさえ気にしている凛華(吉岡里帆)のサトル(坂口健太郎)への思いにサトル本人が全く気付かず、限界を超えた凛華はアメリカ留学のために辞めると宣言。途端に動揺するも恋愛感情は無い、想像もできないなどとのたまうサトルスタイルに麗子(大竹しのぶ)までもが飽きれ、凛華はサトルが好きだったのにサトルだけが気付いていないとクールに告げ、ようやくサトルスタイルも神妙な面持ちに。しかし下手に止めることもできず見送るのみ。

症状が出てこない事から誤診だったのではないかと思い始める律(長瀬智也)だったが、ついに視界がぼやける症状が発動。凛華を空港に送った際に激しい頭痛で動けなくなってしまったため凛華は家まで律を送り届けアメリカ行きは延期に。

凛華は翌日旅立とうとしたが今度は若菜(池脇千鶴)を襲いに来たオッサンを追い払い、ケガした若菜を手当てしたのでまたしても延期に。そのまま若菜、息子の部屋に居残る事になり、律も含めた4人での共同生活が始まった!…さすがに部屋狭くね?

症状が出始めた律は何故か病院に行くのを拒否し、遠くの韓国の医者に再度連絡。既に1度聞いた話なのに「俺はどれくらい生きられる?」と聞いて3ヵ月と宣告されていた。いやその話最初に聞いただろ。さらに鼻血まで出て来るなど一気に症状が出まくっているが…とりあえず日本で再診断してもらった方が良くない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)