コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命- 5話

名取(有岡大貴)が現場で診断し、別の病院へ搬送させた患者が急変して救命に運ばれてきた。名取の診断ミスで、名取は動揺するも強がって言い訳を繰り返す。なんとか患者は助かったもののその患者はレスキューの人でレスキューしそこねて意識不明のままの若者を気にし続ける。その様子と言葉を聞いた名取は自らのミスを認めて謝罪する。

名取のやる気の無い態度が少しだけ改善されるのがメインの展開かと思いきや、予告ではちょろっと触れられていた冴島(比嘉愛未)が突如倒れるというのが大騒動に。なんとそのまま緋山(戸田恵梨香)の尽力でもどうにもできず流産。藤川(浅利陽介)がなんで冴島ばかり、好きなやつに死なれたり(前シーズン)、子供に死なれたり、あんまりだ!と言うほどにあんまりな衝撃展開に。

さすがに主演級5人のうちの1人である冴島に流産展開では全体のトーンも激重。今シーズンでポッと出の名取がウダウダしているのなどどうでもよくなるような勢いで、なんとか合間合間にほっこりするようなシーンも入れてきていたものの、藤川と冴島が供養に向かうラストシーンも気分が沈むばかり。

緋山の丸山智己への突如の恋心展開は冒頭では友人の話として相談を受けた白石(新垣結衣)が不倫!?と叫んで不倫ダメを叫ぶギャグ展開とされたが、丸山智己は今回の負傷によりあっさり離婚。さすがに『コード・ブルー』でゲス不倫なんてやるほどフジテレビも落ちぶれていなかったのには安心突如コロッと恋に落ちてしまうくらいしか見せ場を与えられない緋山の立ち位置がどうもなぁ…。

藍沢(山下智久)はやや影が薄めだったがラストでは緊急手術したピアノ少女の手に麻痺が残った事が発覚するという救いの無さすぎる展開でただでさえ冴島流産で暗かったストーリーがさらにダークに…。

あと前回で冴島にアドバイスされて少し考えを改めた様子の雪村(馬場ふみか)だったが、考えを少し改めた事でこれまで虚勢を張っていた糸が切れたのかなんなのか、冴島が倒れた様子を見ると異様に動揺して半泣きで震えおののくという過剰な反応を示していたのは何だったんだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)