僕たちがやりました 8話

トビオ(窪田正孝)と蓮子(永野芽郁)は相思相愛となったが、蓮子に告白した市橋(新田真剣佑)にどう伝えるか迷う。応援すると言っておいて横取りした形のトビオは自分が言うと宣言するが、市橋は唯一の肉親だった祖母が亡くなった、歩けるようになる見込みは薄いという宣告を改めて受ける(こっちは後で話すまでトビオ蓮子は知らず)という状況でとてもじゃないが言えなくなってしまう。

トビオは一方的なハイテンションで市橋と親しくなっただけだったため、蓮子の方が市橋の内面に触れて知っていた。トビオは改めて市橋の事をあまり知らない事に気付く。さらに親睦を深めたトビオはLINE動画レターで励ましのメッセージを送った後に、市橋に直接蓮子を付き合っていると告げる。その場では祝福する市橋だったが明らかに内面ズタボロなのは明白。しかしトビオも蓮子もこれで心配事は片付いたモード。

今宵(川栄李奈)の妊娠が発覚し、父親(竹内力)も登場。伊佐美(間宮祥太朗)と修羅場になるが、何故か今宵は父親と縁を切った挙句に、伊佐美とももう会わないと宣言してしまう。しかもこのドサクサでトビオが今宵とめくるめくったのを今宵がバラしてしまう(頭の弱いビッチ扱いされていたが、伊佐美とトビオの2人だけとも)。後日、改めてちゃんとすると宣言する伊佐美だったが、今宵は伊佐美は綺麗ではない、爆破事件の事を理由に犯罪者の子供と呼ばれないために1人で育てるとかなんとか。事件は完全にもみ消された以上、犯罪者の子供と呼ばれる事はこのままでは恐らくないとは思うが…。

パイセン(今野浩喜)は輪島(古田新太)に辿りつくが、輪島には愛人も子供も何人もいて、パイセンを何度も不細工だったと連呼。母親はいい女だったがとんでもなく不細工だったので別れたとまで。いや、遺伝子的には完全にあんたのほうのそんなわけで子供に対して特になんとも思っていなかった。立花(水川あさみ)の完全に不意をついていたナイフ特攻も懐にしまってあった札束で防御されてしまい、2人揃って何だか絶望的な心情に。

クズマル(葉山奨之)は加藤諒へ逆襲を企てるが、加藤諒はトンファーを習得しており、肝心の初撃を防がれてしまう。接戦の末に敗退。

病院を出たトビオに市橋から友情感謝メッセージ動画が届くが、さらに市橋は「もう終わりにする」と宣言。蓮子と幸せになれよ!と告げたところまで再生した直後、トビオの眼前に飛び降りた市橋が降ってきた。市橋が絶望して自殺してしまったところで次回へ続く。

この状況でトビオと蓮子が付き合ったままでいられるはずがないので今回限りだったか。市橋本人が過去の悪行の酬いが今だと分かっている上での自殺はやはりしんどい。10人+1人(死刑確定になりそうな真犯人役のオッサン)+市橋で合計11人を殺した罪はやはり…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)