コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命- 9話

3人同時に運ばれてきた急患をチーム全員の迅速な動きで救う事ができ(しかし後に1人急変死亡)、フェローの成長、チームのまとまりを感じる白石(新垣結衣)と橘(椎名桔平)。しかしそれは幻想だった…。

前回立ち直ったかに見えた灰谷(成田凌)だったが、何かやらかした事だけが「ヘッドセット」というキーワードと共に冴島(比嘉愛未)、藤川(浅利陽介)が何か知っている事をほのめかしながらも謎のまま。あれ?なんか見逃したっけ?編集ミス?と不安になったまま詳細不明の灰谷ヘッドセット事件は放置されていたが、その後藤川が白石に報告する形で判明。フライトの際にヘッドセットから現場の消防への連絡をする際にガタガタ震えてしまい動けなくなってしまったという、以前の着陸失敗事故の時の後遺症だという。いやさっさと報告しろよ…。白石との面談の末、ひとまず灰谷はヘリ業務から外されることに。しかし白石、ラストでの大事故の際は普通に灰谷に出動を命じてしまい、橘にたしなめられてから灰谷を外すというやっぱり相変わらずな行動。

緋山(戸田恵梨香)には周産期母子医療センターへの復帰依頼が直々に届く。しかも医局という待遇で迎えてくれるという。上司が出世してセンター長になった事で緋山を評価していたその人が待遇を用意してくれたようで、不幸続きだった緋山にも光明が…。

しかし良く考えたら緋山は序盤の頃に書いていた論文を教授に奪われたと嘆いていた。この教授=高待遇を用意した出世した人なのだとしたらタイミング的に緋山から奪った論文が評価されたのが出世に影響しているわけで、緋山への高待遇は罪滅ぼし的なアレで高待遇用意するからチャラね!テヘペロ!ってやつなんじゃ…。

橘の息子はついにドナーが見つかり、出番のなかった三井(りょう)も再登場したが、息子突如拒否。1時間の間に返事をしなくてはいけないので説得タイムとなったが息子は受けないとしか言わず。再説得の際に医師としての橘を尊敬していたが病気になってから子供の重傷のニュースや脳死のニュースを新聞で追っている、変わってしまった、そんな父は見たくない…という面倒なものだった。

橘は何も言えず苦悩して残り10分となってしまったが、緋山が前シーズンでの裁判沙汰の際に励ましてくれたのを返す形で悩みを吹っ切ってくれたおかげで、息子の許諾を取らずに移植を受けると宣言。運ばれていくヘリの中でとにかく生きていてほしいんだ!と熱弁。この件はさすがにこれで終わりだろう…。

これまでの反動で幸運の風が吹き荒れるかに思われた緋山だったが、丸山智己にはいずれ自分が重荷になるとして別れを切り出されてしまったり、唯一指導していたフェローの名取(有岡大貴)が親父命令で親父の病院に戻る事になる、その理由は前回の針刺し事故のような名門名取の名を汚すようなことがこれ以上起きては困るという親父のエゴによる事案…とやはり笑顔全開ではいさせてくれない模様

藍沢(山下智久)はピアノ少女の将来を奪った事を理由にトロント行きを辞退していたが、西条(杉本哲太)は既に藍沢に決めている。似たような唯我独尊タイプだったのにチームプレイを覚えて丸くなったという車椅子競技の患者が死んだのに合わせた演出でかつての尖りを失いつつある藍沢に白石もらしくないし、いなくなっても大丈夫!と豪語する。…が、白石が思うより灰谷は思い悩んでてそのうちヘリにも乗れなくなりそうな精神状態だし、名取がいなくなる事は知らない。ヘタしたら横峯(新木優子)しか残りませんでした…なんてことになる危機なんだけど、そういうところに気付かずにいいチームになってきたとかけっこうギリギリまで勘違いしていた辺りが実に白石。なんかもうそういう繊細なところに全く気付かないズレた人…という印象になっている。

やがて最終回名物(?)の大惨事が発生。今回は開通前の地下鉄の線路内を歩こうというイベント(ナンダソレ)の最中に落盤というもの。冴島が藤川をやたら心配する描写を序盤から連発し、ついには行かないで!→俺は救命医だからな!(行く)…という死亡フラグテンプレートまで発動。ここで藤川に何かあったら冴島死神説が視聴者の間に定着しかねない状態だったが、追加崩落で負傷したのは主人公藍沢だった…という事で最終回へ続く。

藤川への異様な死亡フラグからの藍沢に落盤直撃とはまた…。ていうか過去の列車事故や飛行機墜落と違って開通前の新品の地下鉄線路内が試運転の振動でとかじゃなくて線路内を歩くイベント中にピンポイント直撃でボッロボロに崩れるって。事故より何者かの爆破テロじゃないのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)