奥様は、取り扱い注意 8話

菜美(綾瀬はるか)、優里(広末涼子)、京子(本田翼)に徐々に変化が…という回。冒頭ではこれまで菜美の過去がモノローグされていたが、今回は京子が夫(中尾明慶)の浮気を疑うモノローグに。重ねて京子の様子をおかしく思う菜美、3人で出かけたホームパーティーが変化のきっかけになるといい意味深な菜美のモノローグへ移行。

勇輝(西島秀俊)を不審に思った菜美は会社まで尾行するがおかしなところはなし。むしろあからさまに怪しい変装で周囲に不審がられる尾行を繰り広げた菜美の素人っぽさが…。京子にナレーションされていたように眼力にはタダモノではないという定評はもう周囲でも固まってるみたいだけど。

近所で連続空き巣が発生。セキュリティ対策を巡って優里、京子の夫との不和が増していたが、もう割とダメじゃないかこの2組…。連続空き巣犯は日曜日に買い物に出かけた菜美の家を次のターゲットとして潜入。しかし財布を忘れた勇輝が戻って鉢合わせ。素人とは思えない鋭い表情で気配を察知して空き巣と鉢合わせた勇輝は空き巣の初撃を防ぎ空き巣を一瞬驚愕させるも、間髪を入れずに空き巣は勇輝の顔面を殴打して逃亡。なんか後半はわざと殴らせたっぽいがこれは…。菜美は怒りに燃え犯人確保を決意。

この空き巣、どこの家でも金目の物を奪っておらず、冒頭のホームパーティー出席者の1丁目の家にばかり入っているため、とりあえず何かを探して片っ端から入っているようで、調査を開始するまでもなく、パーティー当日とその後の様子がおかしかった笛木優子にピンポイントで突撃。鋭く問い詰め知っていることを白状させた。早…

笛木優子はストレス解消に夫婦の会話盗聴を目論み、パーティーの時に主催者の寝室に盗聴器を仕掛けるという特殊性癖の持ち主だった!という超展開から更に笛木優子は盗聴の中で贈収賄事件を巡り1人自殺に見せかけて殺しただのなんだの闇の会話を聞いてしまった。そして犯罪夫婦が盗聴器に気づきプロを雇っての盗聴犯探しが行われているのを知っておびえる日々だったという。

犯罪夫婦に笛木優子が盗聴犯かもしれないと思わせるような発言をさりげなくして、笛木優子の自宅へプロを送らせた菜美は待ち伏せして格闘。プロ相手だけにこれまでの素人とは異なり過去最強クラス。過去最長の格闘時間&若干流血するほどの大激闘の末になんとか倒し、笛木優子が偶然倒した事にしたものの、犯罪夫婦の放置をそのままでいいのか?と苗木にも言われた菜美は小雪(西尾まり)を使って全くバレることなく、盗聴テープの告発に成功して犯罪夫婦を失脚させる。

プロの殺し屋と思われし空き巣と直接戦った菜美はちょっと鍛えてます程度の一般人が無事で済む相手ではない事を身をもって体感し、そんなプロとやりあったはずの勇輝がほとんど無傷で済んだ事から疑惑を深め、勇輝も初めてモノローグで「間違いない。彼女は気づき始めている」と意味深になってきたところで次回へ続く!

相変わらず本筋の事件が突拍子もない動機&展開&高速展開でアレだし、今回苗木に正体明かしすぎ(直接格闘現場に居合わせた)で、口止め程度で大丈夫なのか、盗聴性癖だぞコイツ…。というのはあるが、継続している展開はいい感じに謎を引っ張っていて面白くなってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)