奥様は、取り扱い注意 9話

今回は優里(広末涼子)のモノローグからスタート。冷たい夫(石黒賢)が相変わらずすぎてどんどん浮気方面に…。近所で主婦が1人自殺する事件が発生。主婦売春斡旋業者の玉山鉄二により追いつめられた末の自殺だったようで、補充要因として優里がターゲットにされつつあるようだが…。京子(本田翼)は夫(中尾明慶)を尾行して女と惚れるに洒落こむ姿を目撃して浮気どころか不倫確定。菜美(綾瀬はるか)は突如ドイツ行きの話を勇輝(西島秀俊)から聞かされるが疑惑が晴れず小雪(西尾まり)に身辺調査を依頼。信頼の調査結果が間もなく帰ってきて問題なしと思われたが小雪の元には既に勇輝が来ていて裏切られていた。

不倫発覚を2人に報告した京子は改めて夫に「残業」を辞めろと頼むが鈍い夫は気づかない。そこに姑(夫の母)が席に戻れ!と強い口調で言い放ち、自分の夫もそうだったと話し、家族と向き合う覚悟ができるまで出て行けと夫を家から追い出してしまう。浮気に悩む京子に自身の夫の思い出話を言って聞かせたり、浮気調査に向かう京子をみなまで言わずとも理解し覚悟のまなざしで送り出したりと嫌な家族だらけの中でいい人だった。

京子の夫と向き合おうとする姿に感銘を受けた優里は小関裕太と別れようとするが、ホテルインしてからの「もう会わない」発言は時既に遅く、勢いで押されてしまい、嗚呼主婦売春の闇へ一直線。そんな矢先、今まで冷たかった夫が急にたまには旅行に行こうかと言いだしたり、今更気遣いと優しさを醸し出すもんだから罪悪感もMAX。ここでついに玉山鉄二が姿を現して脅迫してくるというドンピシャタイミング。逆に石黒賢もグルなんじゃないかという勢い。

勇輝は仕事として菜美を監視しているらしき事が判明(会社で家のリアルタイム映像を見ている)。元工作員のくせにあからさまな盗撮カメラにも気づかずに菜美は表向きドイツに行く準備をしていたが、さすがにそんなマヌケではなかったようで、古典的な見知らぬ少女にメッセージを託すというアナログな伝達方法を駆使して小雪と連絡を取り本当のことを聞きだそうとして最終回へ続く!

アクションが無く、最終回への前フリみたいな話だった。始まったの早かったから12月1週で最終回か…。全部片づけるのにあと1回だと玉山鉄二の暗躍がしょぼいことになりそうだけど大丈夫だろうか…。ていうか既に「これが3人での最後のランチ会だった」というハッキリしたナレーションが入っているので全部片付いて元通りとはいかない模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)