キミが好きだと叫びたい〜Love&Yell〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 ZARD「負けないで」 坂井泉水 織田哲郎 葉山たけし 6thシングル 最高1位 売上164.5万枚
2020年再発盤 最高80位 売上0.05万枚
2 DEEN「瞳そらさないで」 坂井泉水 織田哲郎 葉山たけし 5thシングル 最高1位 売上103.8万枚
3 FIELD OF VIEW「DAN DAN 心魅かれてく」 坂井泉水 織田哲郎 葉山たけし 4thシングル 最高4位 売上52.8万枚
4 大黒摩季「熱くなれ」 大黒摩季 大黒摩季 葉山たけし 14thシングル 最高1位 売上83.4万枚
5 BAAD「君が好きだと叫びたい」 山田恭二 多々納好夫 明石昌夫 3rdシングル 最高16位 売上37.6万枚
6 SIAM SHADE「1/3の純情な感情」 SIAM SHADE SIAM SHADE SIAM SHADE
・明石昌夫
6thシングル 最高3位 売上69.9万枚
7 レベッカ「フレンズ」 NOKKO 土橋安騎夫 REBECCA 4thシングル 最高30位 売上30.7万枚
8 UNICORN「働く男」 奥田民生 奥田民生   3rdシングル 最高3位 売上27.0万枚
9 ZYYG「君が欲しくてたまらない」 上杉昇 織田哲郎 栗林誠一郎 1stシングル 最高3位 売上70.3万枚
10 WANDS「恋せよ乙女」 上杉昇 大島康祐 葉山たけし 6thシングル 最高1位 売上81.9万枚
11 REV「抱きしめたい」 出口雅之 出口雅之 葉山たけし 2ndシングル 最高4位 売上23.8万枚
12 近藤房之助&織田哲郎「BOMBER GIRL」 康珍化 織田哲郎 織田哲郎 コラボシングル 最高22位 売上22.6万枚
13 TM NETWORK「Get Wild」 小室みつ子 小室哲哉 小室哲哉 10thシングル 最高9位 売上23.1万枚
14 渡辺美里「My Revolution」 川村真澄 小室哲哉 大村雅朗 4thシングル 最高1位 売上44.5万枚
15 米米クラブ「浪漫飛行」 米米CLUB 米米CLUB 米米CLUB
&中崎英也
10thシングル 東日本版 最高1位 売上66.5万枚
西日本版 最高3位 売上41.4万枚
16 織田哲郎「いつまでも変わらぬ愛を」 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 11thシングル 最高1位 売上92.9万枚
17 MANISH「煌めく瞬間に捕われて」 高橋美鈴&
川島だりあ
川島だりあ 明石昌夫 10thシングル 最高6位 売上43.2万枚
18 GARNET CROW「Mysterious Eyes」 AZUKI 七 中村由利 古井弘人 1stシングル(↑同発) 最高20位 売上6.1万枚
19 小松未歩「チャンス」 小松未歩 小松未歩 古井弘人 5thシングル 最高3位 売上14.1万枚
20 TRICERATOPS「GOING TO THE MOON」 和田唱 和田唱 TRICERATOPS 8thシングル 最高5位 売上18.5万枚
21 センチメンタル・バス「Sunny Day Sunday」 赤羽奈津代 鈴木秋則   4thシングル 最高4位 売上51.0万枚
22 TWINZER「OH SHINY DAYS」 小田佳奈子 織田哲郎 TWINZER 2ndシングル 最高12位 売上24.3万枚
23 rumania montevideo「Still for your love」 三好真美 三好誠 古井弘人・
三好誠
1stシングル 最高9位 売上16.6万枚
24 the brilliant green
「There will be love there-愛のある場所-」
川瀬智子 奥田俊作   3rdシングル 最高1位 売上87.6万枚
25 倉木麻衣「Stay by my side」 倉木麻衣 大野愛果 Cybersound 2ndシングル 最高1位 売上92.2万枚
26 川島だりあ「Shiny day」 川島だりあ 西田魔阿思惟 西田魔阿思惟 1stシングル 最高65位 売上1.1万枚
27 Barbier
「LOVE〜眠れずに君の横顔ずっと見ていた〜」
坂井泉水 栗林誠一郎 葉山たけし 2ndシングル 最高61位 売上1.2万枚
28 ZYYG,REV,ZARD&WANDS featuring 長嶋茂雄
「果てしない夢を」
上杉昇・
坂井泉水
出口雅之 明石昌夫 コラボシングル 最高2位 売上72.6万枚
29 ZARD「Get U're Dream」 坂井泉水 大野愛果 葉山たけし 32ndシングル 最高4位 売上24.1万枚
30 大黒摩季「あなただけ見つめてる」 大黒摩季 大黒摩季 葉山たけし 6thシングル 最高2位 売上123.6万枚
31 T-BOLAN「じれったい愛」 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫 5thシングル 最高2位 売上68.4万枚
32 WANDS「もっと強く抱きしめたなら」 上杉昇&魚住勉 多々納好夫 葉山たけし 3rdシングル 最高1位 売上166.3万枚 フルサイズ

リリースデータ

2020年4月8日 初登場10位、最高5位 売上3.5万枚 Non-stop mix by DJ和 Being

Being初のMIX CD。DJ和によるMIX CDシリーズ『ラブとポップ』同様の女優ジャケットとなっていて桜井日奈子が起用されている。Being/GIZAから23曲、DJ和が所属するソニー系列から9曲が選曲され概ね1コーラス〜2コーラス程度でノンストップで原曲のまま繋がれている。最後の「もっと強く抱きしめたなら」のみフルサイズでの収録。DJ和作品では全歌詞を載せて該当部分のみ色分けする、該当部分の歌詞のみ掲載するというパターンが多いが、今作には歌詞の記載は無く作詞作曲編曲表記DJ和、桜井日奈子のコメントのみが表記されている。初動0.5万枚での初登場10位から2〜4週目はトップ20にランクインし、5週目に最高5位を記録した。ただし緊急事態宣言下により新作がほとんどリリースされず初動を大きく下回る2000枚を割り込んでの5位であった。

Non-stop mix by DJ和となっているものの、何故かMixing EngineerとしてビーイングのエンジニアShinya Suzukiが掲載されている。マスタリングは島田勝弘、A&Rやセールスプロモーターなど宣伝周りはビーイングが担当し、Supervisorとして長戸大幸、Excutive Producerとして現社長の升田敏則とビーイング主導で制作されており、実際DJ和のコメントからビーイングがDJ和にMIX CDを依頼、DJ和が曲順や繋ぎ方を考えたと明言されている。またビーイングでソニーという今作の条件に唯一Wで当てはまるTUBEは一切選曲されなかったが、6月にTUBE単独でのDJ和のMIX CDが2作同時発売されており、このために対象外になっていたと思われる。

ビーイングがDJ和の知名度を使って『ラブとポップ』のビーイング版を作って便乗ヒットを狙った…という良くも悪くもGIZA以降他社のトレンドをトレースすることも多かったビーイングらしい企画作。TUBEは前述の理由から、B'zもNGにするなど、恐らく相当細かい制約はあったと思われる。DJ和も選曲したとはコメントしていない上に、何故かソニーから中途半端に9曲混ぜるなど謎な事になっていて、さすがに急に80年代のUNICORNとかTM NETWORKとか渡辺美里が混ざってくるのは違和感がある。織田哲郎の後に小室哲哉2連続なので90年代のヒットメイカーを並べるというそういう意図なのかもしれないが、そうなると米米CLUBとUNICORNとREBECCAは何の接点も無いぞ…(TUBEと同時代でレーベルメイトだったのでTUBEが入っていれば何となく繋がりはあったが…)。大半は90年代ビーイングだが、GIZAが少し混ざっていたり、大黒摩季のアトランタオリンピックNHKテーマ曲「熱くなれ」だけでなく、ZARDとしてはそこまでヒットはしていないシドニーオリンピックNHKタイアップの「Get U're Dream」だったりと時代性を考えたような選曲も見られて、なかなか面白い部分もある。

ビーイングはポカリCMタイアップを92〜96,98年まで連続して担当していたが(今作では「いつまでも変わらぬ愛を」「瞳そらさないで」の2曲)、99年にポカリに起用された「GOING TO THE MOON」「Sunny Day Sunday」を連続して並べていたり、the brilliant greenをちょっとトレースしたようなrumania montevideoを並べて配置したりと、ソニーとの繋がりがある部分もあって面白い。DJ和は86年生まれで90年代に小中学生という主にビーイングのアニメタイアップ直撃世代でもあるので、明言はされていないがある程度選曲に関与もしているのであれば『スラムダンク』『ドラゴンボールGT』『るろうに剣心』の印象で選曲しているのかなと思うところも。ただFEEL SO BADの「バリバリ最強No.1」を選ばずに川島だりあのソロを入れたり、Barbierを入れたりとけっこうマニアックな選曲もあり、王道ヒットばかり選曲するDJ和らしくない部分もある。

繋ぎ方は割と自然にスッと切り替わっていくが、Mixing Engineerとして何故かクレジットされているビーイングのエンジニアShinya Suzukiにより細かい修正を施して仕上げているのかもしれない。『ラブとポップ』はもう少し雑に繋いでいる箇所が多かったような…。

全体に2コーラス収録されている曲も多いため、「君が好きだと叫びたい」がキッチリ1番だけで終わってしまうのが少し寂しいタイトルになっているのに扱い悪くないか?また最後にかけての盛り上がりがあまりなく、フルサイズでの締めが「もっと強く抱きしめたなら」というのも全く最後っぽくない。あれ?これで終わり?となってしまい、WANDSなら「世界が終るまでは…」の方がラストっぽく締まったような…。

そんなわけで紛れ込むソニーが謎だったり、B'zとTUBEがNGだったりと制約は垣間見えるものの懐かしのダイジェスト集としては普通に楽しめる1作。またZARD、DEEN、倉木麻衣、大黒摩季など単独で最新ベストが出ている人たちを除くと大半が02〜03年頃の『at the BEING studio』シリーズ辺りでリマスターされていたのが最後だったという曲も多く(なので今作きっかけでフルサイズを聞こうとするなら『at the BEING studio』シリーズを探してくるのがいいと思われる)、フルではないとはいえ17,8年ぶりくらいの最新リマスターで聞ける楽曲が多いのもポイント。

B084QJ25WT 

印象度★★★☆☆

2020.8.9更新

戻る