STORY〜HY BEST〜

DISC 1
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 ホワイトビーチ 新里英之,名嘉俊,仲宗根泉 新里英之,仲宗根泉 1stアルバム『Departure』収録曲 セルフカバー
2 革命 名嘉俊 名嘉俊 1stアルバム『Departure』収録曲 セルフカバー
3 Ocean 新里英之 新里英之 1stアルバム『Departure』収録曲 セルフカバー
4 旅立ち 名嘉俊 名嘉俊 1stアルバム『Departure』収録曲 セルフカバー
5 AM11:00 名嘉俊 名嘉俊 2ndアルバム『Street Story』収録曲 セルフカバー
6 隆福丸 新里英之 新里英之 2ndアルバム『Street Story』収録曲 セルフカバー
7 あなた 仲宗根泉 仲宗根泉,宮里悠平 2ndアルバム『Street Story』収録曲 セルフカバー
8 さあ行こう 名嘉俊 名嘉俊 2ndアルバム『Street Story』収録曲 セルフカバー
9 Street Story 名嘉俊 新里英之,名嘉俊 2ndアルバム『Street Story』収録曲 セルフカバー
10 てがみ 名嘉俊 名嘉俊 3rdアルバム『TRUNK』収録曲 セルフカバー
11 そこにあるべきではないもの 名嘉俊 名嘉俊 3rdアルバム『TRUNK』収録曲 セルフカバー
12 Song for… 仲宗根泉 仲宗根泉 3rdアルバム『TRUNK』収録曲 セルフカバー
13 モノクロ 名嘉俊 名嘉俊,仲宗根泉 4thアルバム『Confidence』収録曲 セルフカバー
14 canvas 宮里悠平 宮里悠平,仲宗根泉 4thアルバム『Confidence』収録曲 セルフカバー
15 NAO 仲宗根泉 仲宗根泉 4thアルバム『Confidence』収録曲 セルフカバー

Strings Re-Arrange:Araki Yotaro(12,14,15)

DISC 2
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 未来 名嘉俊 名嘉俊 5thアルバム『HeatY』収録曲 セルフカバー
2 366日 仲宗根泉 仲宗根泉 5thアルバム『HeatY』収録曲 セルフカバー
3 時をこえ 仲宗根泉 仲宗根泉 6thアルバム『Whistle』収録曲 セルフカバー
4 ガジュマルビート 名嘉俊 名嘉俊 7thアルバム『Parade』収録曲 セルフカバー
5 南風 名嘉俊 名嘉俊 7thアルバム『Parade』収録曲 セルフカバー
6 いちばん近くに 新里英之,仲宗根泉 新里英之,仲宗根泉 8thアルバム『Route 29』収録曲 セルフカバー
7 帰る場所 仲宗根泉 仲宗根泉 9thアルバム『GLOCAL』収録曲
8 エール 新里英之,名嘉俊 新里英之 9thアルバム『GLOCAL』収録曲
9 あなたを想う風 新里英之 新里英之 10thアルバム『LOVER』収録曲
10 my friend 名嘉俊,仲宗根泉 名嘉俊,仲宗根泉 11thアルバム『LIFE』収録曲
11 風になって花になって 新里英之,仲宗根泉 新里英之 11thアルバム『LIFE』収録曲
12 スマイル 新里英之 新里英之 11thアルバム『LIFE』収録曲
13 HAPPY 名嘉俊 名嘉俊 12thアルバム『CHANCE』収録曲
14 3月の陽炎 仲宗根泉 仲宗根泉 12thアルバム『CHANCE』収録曲
15 Fortune 仲宗根泉 仲宗根泉 仲宗根泉ソロ曲 詩集『あなたへ』付属CD収録曲 HYとしてセルフカバー

Strings Re-Arrange:Araki Yotaro(1,2)、笹路正徳(9)

リリースデータ

2018年8月22日
2018年8月22日(スペシャル・プライス盤)
初登場10位
初登場48位、最高37位
売上1.6万枚
売上0.6万枚
Sound Produced by Kazutoshi Masaoka(セルフカバー)
浅田信一(DISC 2-8,9)、川口大輔(DISC 2-10,11,12,13,14)
ASSE!! Records(ユニバーサル)

メンバー

Vocal and Guitar 新里英之
Drums and Vocal 名嘉俊
Bass 許田信介
Keyboards and Vocal 仲宗根泉
Guitar and Chorus 宮里悠平
And All Shinker

HY初のセルフカバーベストアルバム。前レーベルから非公認リリースされた『HY SUPER BEST』『HY LOVERS BEST』はあったが、初の公認ベストアルバム。ここまでの全アルバム、配信限定、FC限定等のアルバム未収録曲含む全楽曲を対象にして"収録してほしい楽曲の一般リクエストを募集し、その中から上位曲を含む全30曲を収録"とされているが、公開されたのは上位15曲のみで、30曲全てが投票結果とは書かれていない。またセルフカバーされたのは前レーベル時代の楽曲までで、現レーベルへ移籍して以降の楽曲はそのまま収録されており、ブックレットにも印をつけて"既にリリースされた音源を収録しています"と注意書きがされている。当時TUN名義で作詞作曲をしていた名嘉俊だが、今作では全て名嘉俊名義でクレジットされた。

HUB CLUB盤(ファンクラブ限定完全予約生産限定)ファンクラブ会員のみのリクエスト結果を対象としており、選曲が異なる。またDVD、グッズが付属する。
1.ホワイトビーチ(PremiumMix) / 2.AM11:00 / 3.旅立ち / 4.隆福丸 / 5.モノクロ / 6.トゥータン / 7.三月の陽炎★ / 8.未来 / 9.canvas / 10.ocean / 11.HYSUMMER / 12.Songfor… / 13.HAPPY★ / 14.てがみ / 15.さあ行こう / 16.ガジュマルビート / 17.NAO / 18.StreetStory / 19.あなた / 20.あの町この街 / 21.宝物 / 22.エール★ / 23.ONE / 24.涙 / 25.あなたを想う風★ / 26.帰る場所★ / 27.すてきなキッカケ / 28.いちばん近くに / 29.ハレル★ / 30.366日(★は既存音源、残りはセルフカバー)
「ホワイトビーチ(PremiumMix)」はファンクラブ会員のコーラスがミックスされたバージョン、「HYSUMMER」「あの町この街」「宝物」「ONE」「涙」「すてきなキッカケ」のセルフカバーはHUB CLUB盤のみの収録となる。「トゥータン」は初回盤・通常盤には未収録だがスペシャル・プライス盤には収録されている。

初回盤はFC限定ライブからのライブ映像5曲、「旅立ち」ストリートLIVE映像、「ホワイトビーチ」Music Video (2018)、『STORY 〜HY BEST〜』ジャケット制作風景を収録したスペシャルコンテンツを収録したDVD付。FC限定ライブの5曲はHUB CLUB盤のDVDと重複するが以降は内容が異なる。

通常盤はCDのみ。CD30曲の内容は初回盤と同じ。

スペシャル・プライス盤はCDを1枚にして半分の15曲に選曲を絞り1800円(税抜き)の廉価設定にしたものとなる。
ホワイトビーチ / AM11:00 /Song for… / 366日 / モノクロ / NAO / さあ行こう / トゥータン / 隆福丸 / あなた / いちばん近くに / エール★ / 帰る場所★ / あなたを想う風★ / HAPPY★
「トゥータン」のみ初回盤・通常盤には収録されていないが、HUB CLUB盤には収録されている。

 

前レーベルが勝手に出したとはいえかなりしっかり網羅してしまった『HY SUPER BEST』の存在があるだけに、選曲が被りまくりになってしまうためか、そもそも前レーベル時代の音源を現レーベルで自由に使う事が出来ないためなのか、綺麗に前レーベル時代の楽曲だけ再録音。リアレンジは施さずに細かい修正はしつつも当時のアレンジのまま現在の感覚で再演奏する、といった形で徹底。このためパッと聞きはほとんど前と同じであまり聞きこんでない曲ほどどこが違うのかも分からない。さすがに尖っていた初期の曲は明らかに演奏が小奇麗に、ラップのイキがりっぷりが無くなり、ボーカルもマイルドになっているので、確かに今のHYになっているのが分かる。というか今のHYだったらこうなるだろうなという想像通りに優等生的になった印象。やはりHYにとって初期のラップや当時ミクスチャーロックと言われた方向性は若気の至りそのものであり成長と共に完全に失われたものであることが改めて感じられた。DISC-1の中盤すぎくらいからはもうどんどん落ち着いて丸くなっていったのでセルフカバーとオリジナルの違いがほとんど分からなくなってくる。

「トゥータン」と「HYSUMMER」がFC限定盤にしか選曲されなかったのは意外だったけど、『HY SUPER BEST』よりも聞き終えた感触はいい。『HY SUPER BEST』だとただ落ち着いていくばかりで後半はバラードまみれになっていってマンネリ全開のまま終わるが、今作の場合はDISC-1後半〜DISCC-2前半にかけてが1番停滞感がある。沖縄バラードか大バラードとミディアム〜ミドル程度の落ち着いたポップソングがほぼ交代交代で出てくる感じになりマンネリを感じさせるが、移籍後は30越えて逆に開き直ったかのようなフレッシュさを押し出しての勢いで押した曲も増えるので、バラードまみれのマンネリ感は軽減される。どうにも普通にいい曲以上の印象になってこないところはあるが、HYが持つ暖かさや普遍性は変わらないどころか鉄壁のものとなっていると思う。

ずっと聞き続けてきたリスナーが軌跡を振り返るのにもいいけど、どちらかといえば流行っていた頃に聴いていて途中で聞かなくなったリスナーが時を経て、年齢を重ねて再び聞くのに適したベスト盤だと思う。『Departure』、『Street Story』は明らかに若さゆえの尖りがあった当時の音源の方が勢いがあるしメンバー自ら当時には勝てないとも公言しているが、あの時代の雰囲気や想い出としてではなく、今の感覚で今作を30曲聞き通していくのなら落ち着いたセルフカバーの方が自然に聞こえる

STORY ~HY BEST~(初回限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  STORY ~HY BEST~(通常盤)通常盤  STORY ~HY BEST~(スペシャル・プライス盤)スペシャル・プライス盤  

印象度★★★★☆

2018.11.15更新

戻る