WE DO

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 WE DO 水野良樹 水野良樹 近藤隆史、田中ユウスケ 1st配信シングル
2 SING! 水野良樹 水野良樹 亀田誠治 3rd配信シングル
3 スピカ〜あなたがいるということ〜 山下穂尊 山下穂尊 島田昌典  
4 STAR LIGHT JOURNEY 水野良樹 水野良樹 本間昭光 5th配信シングル
5 アイデンティティ 水野良樹 水野良樹 近藤隆史、田中ユウスケ 4th配信シングル
6 あなたは 吉岡聖恵 吉岡聖恵 島田昌典  
7 太陽 いきものがかり いきものがかり 本間昭光 FC限定シングルCD、2nd配信シングル
8 きみへの愛を言葉にするんだ 水野良樹 水野良樹 本間昭光  
9 しゃりらりあ 水野良樹 水野良樹 近藤隆史、田中ユウスケ  
10 try again 山下穂尊 山下穂尊 近藤隆史、田中ユウスケ  
11 さよなら青春 水野良樹 水野良樹 島田昌典  
12 口笛にかわるまで 吉岡聖恵 吉岡聖恵 亀田誠治  
13 季節 山下穂尊 山下穂尊 亀田誠治  

弦編曲:美央(1,5)、室屋光一郎(10)
管編曲:本間将人(1,9)

初回盤DISC-2 CD
いきものがかりファンクラスツアー 〜モゥ集牧だよー!2019〜
2019.5.14@Zepp DiverCity
No タイトル 編曲 備考
1 Introduction   SE
2 WE DO 近藤隆史、田中ユウスケ 1st配信シングル
3 気まぐれロマンティック 江口亮 12thシングル
4 いつだって僕らは 近藤隆史、田中ユウスケ 22ndシングル
5 アイデンティティ 近藤隆史、田中ユウスケ 4th配信シングル
6 てのひらの音 中村タイチ 4thアルバム『ハジマリノウタ』収録曲
7 @miso soup 中村タイチ 2ndアルバム『ライフアルバム』収録曲
8 帰りたくなったよ 島田昌典 9thシングル
9 笑顔 亀田誠治 26thシングル
10 ブルーバード 江口亮 10thシングル
11 じょいふる 近藤隆史、田中ユウスケ 15thシングル両A面曲
12 会いにいくよ 亀田誠治 5thアルバム『NEWTRAL』収録曲
13 太陽 本間昭光 2nd配信シングル
14 SING! 亀田誠治 3rd配信シングル
15 心の花を咲かせよう 島田昌典 3rdアルバム『My song Your song』収録曲

Sound Produced & Additional Arranged by 本間昭光

Horn Arranged by 本間将人(2)
Strings Arranged by 美央(2,4,5)、クラッシャー木村(3,10)

リリースデータ

2019年12月25日 初登場2位 売上5.6万枚 Epic Records

メンバー

Vocal&Background Vocal
DISC-2 Vocal,Background Vocal(6)
吉岡聖恵
Electric Guitar,Background Vocal
DISC-2 Electric Guitar,Background Vocal,Vocal(6),Keyboard(8)
水野良樹
Acoustic Guitar,Harmonica&Background Vocal
DISC-2 Acoustic Guitar,Harmonica&Background Vocal,Vocal(6)
山下穂尊

いきものがかり8thアルバム。ベスト盤『超いきものばかり』以来3年9ヵ月ぶり、オリジナルアルバムとしては5年ぶり2017年年明けに放牧と称した活動休止に突入し、2018年11月に集牧と称して活動再開を発表。放牧前にリリースしたシングル「ラストシーン」はアルバム未収録のままとなり、集牧以降にリリースした5曲の配信シングルを収録。「太陽」のみFC限定でCDが配布されていたが、それ以外の4曲は初CD化となった。初回盤はライブCD、ライナーノーツ「WE TALK」、ライナーノーツ「WE TALK」の映像版(Full Video)視聴QRコード付属のBOXケース入り仕様。

活動を再開したものの2019年は1〜4月の間に立て続けに4作配信、3〜5月にFC限定ツアーを行った後、11月の先行配信「STAR LIGHT JOURNEY」まで動きが無い状態が半年ほど続いて活動再開の話題性がすっかり冷めていたことや、シングルCDを一切出しておらず配信でのDL数も初動で1万前後弱という休止前のCDシングル売上と同等程度でヒットらしいヒットが出ていない状態だった事もあって、今作は初登場2位を記録するも最低初動を更新累計でも1st初動にかろうじて並ぶ程度で最低売上を更新した。

「WE DO」は活動再開作として新鮮で新たないきものがかりを予感させる1曲で、勢いに乗せて4月まで立て続けに新曲が出るもプッツリ途絶えて謎の半年以上のブランク…と恐らくその間に今作を制作していたものと思われるが、こうなってくると再開したの早かったんじゃないかと思う。吉岡がソロのカバーアルバムを出した直後の再開になってしまったし、普通にアルバムをある程度完成させてから活動を再開して適宜新曲を切りながらも変な間を空けずに今作とその後のツアーに繋げていけば良かったのに、こんな見切り発車っぽい事になるとは…。

先に出ていた配信曲での印象同様に「WE DO」こそ新鮮だけどそれ以外は基本的にいつもの王道ポップス。さすがに大ストバラ連発にはなってないもののストリングスは相変わらず多用。美央によるストリングスアレンジ2曲(1,5)は演奏クレジットにストリングスが入っていないため打ち込みのストリングスになっているようだが、「きみへの愛を言葉にするんだ」「しゃりらりあ」を除く全曲にストリングスが使用されている。また例によって全曲(ギターの入っていない「あなたは」除く)にサポートのギター(アコースティックギター、エレキギター)が入っていて、参加しているアレンジャー陣も前と変わらないのでまあ変わりようがないというか。

『超いきものばかり』が完全飽和状態だったので休止中にいきものがかりを改めて聞き返すことも無く、正直3年くらい一切聞かずにいた事もあって、重ねた月日の分だけ今作は久々にフレッシュに聞けたのは良かった。4また『超いきものばかり』を聞いている間に最早良いも悪いも何も感じなくなってしまっていたので、さほど間を空けずに続けて聞いていたらどうだったかは分からないが、なんだかんだ王道ポップスの良さ、変わらない良さを感じられた。これといった進化も変化もないが、ただひたすら安心安定の1作。1〜4月までの配信も戻ってきた感じで良かっただけに、そこから急に半年以上途絶えたので再開熱も切れてしまって今作発売へイマイチ気分が乗り切れなかったところはある。なんかもうちょっと再開に対して盛り上がった気分で今作を聞きたかったなぁ…。

初回盤ライブCD
ライブCDには何故かアレンジ表記のみされていてホーンやストリングスアレンジも記載されているが、これらは全て原曲の表記であり、このライブに管弦隊は不参加のため(バンドメンバーとマニピュレーターまでしか演奏者として表記されていない)鳴っている管弦音は全て同期と思われる。

4thの初回盤DVDと1stライブDVD、5th初回盤のライブベストくらいしかライブに触れた事は無いけどそれらと比べるとFC限定のライブのためか、久々のライブだったためか、経験を重ねて盛り上げ方が確立されたのか、吉岡聖恵はあちこちで観客への煽りを入れたり、歌い方を変えたりしてテンションが異様なまでに高いのが印象的。ちょっと高すぎてCDで聞いていると引いてしまうほどだが、勢いはみなぎっていて熱い。FC限定にしては選曲は王道にも思えるがこれでも普段よりはマニアックな曲もやっている感じなんだろうか。絶妙な塩梅の選曲は懐かしさも新しさもあってなかなか良かった。

WE DO (初回生産限定盤) (特典なし)初回盤ライブCD付   WE DO (通常盤) (特典なし)通常盤 

印象度★★★★☆

戻る