16th じれったい愛’98

スポンサーリンク

16th じれったい愛’98

B00005F5MB
98年11月26日
前作とその後の『SINGLES』『BALLADS』リリースを最後に1997年は一切の動きが無く、1998年も引き続き一切の動きが無い中で唐突に発売されたリミックス作品。アレンジャーによる既存ボーカルを利用したリミックス/リアレンジ作品であり、リミックスとはされているがクレジット上は各担当者はArranged by扱いであり、Remixed byではない。このタイミングでのメンバー稼働は無く、メンバーが関わっている様子すら無かった

続けて年明けには『1999 REMIXES』が発売された。年が変わったので他の曲は全て’99表記だが、今作の2曲は’98表記のまま。ただしiTunesの配信では今作の2曲も’99表記に誤記されている。今作が初登場26位から3週でチャートアウトしたのに対して『1999 REMIXES』はトップ10入りこそギリギリで逃すも初登場11位で9万枚で本人非関与っぽいリミックス作品にしてはまずまずの売上を記録している。

基本的に今作と『1999 REMIXES』は独立した作品であり、以後のベストアルバムにこれらリミックスバージョンが選曲されることはなかった

じれったい愛’98

作詞作曲:森友嵐士、編曲:徳永暁人
5thシングルのリミックス。徳永暁人がアレンジを担当。詳細な表記は無いがアレンジャーの1人オケ制作を基本にしつつ覆面スタジオミュージシャンの参加も曲によってはありそうな気がする。メンバーは恐らく関与しておらず、ボーカルも昔のものを使用していると思われる。ただ曲の最後に原曲にない森友のハッ!という声が加えられていてこれは当時の素材に残されていた未使用の声を引っ張ってきたのだろうか。

今作に関してはシングル表題曲にしただけはあって、デジタルギターロックという感じで、そのまま生演奏に置き換えても演奏できそう。これはこれで意外と悪くは無い。リミックスというとどうしてもダンサブルなトラックメイカー的なやつを想像してしまうが、そういうダンス・クラブ系とは一線を画している。
★★★☆☆
リミックスアルバム『1999 REMIXES

じれったい愛 ’99
T-BOLAN

C/W Bye For Now’98

作詞作曲:森友嵐士、編曲:徳永暁人
こっちはちょっとメインにはならないかな…という感じで、リアレンジというよりはリミックスっぽさが漂うリアレンジとリミックスの中間のようなアレンジ。打ち込み音がポンポンしていてマヌケな雰囲気が漂うし、素敵な別れの雰囲気じゃないよねっていう…。
★★★☆☆
リミックスアルバム『1999 REMIXES

Bye for Now ’99
T-BOLAN

コメント

タイトルとURLをコピーしました