43rd グロリアス マインド

スポンサーリンク

43rd グロリアス マインド

B000XOCTMK
07年12月12日
07年5月に坂井泉水が亡くなり、8月の追悼セレクション盤『Soffio di vento Best of IZUMI SAKAI Selection』、『Brezza di mare dedicated to IZUMI SAKAI』、そしてファン投票によりリクエストベスト発売が告知されている中で発売された。

突然の死去によりZARDは追悼再ブレイク状態となっていて当時は50万枚程度の売上だった『Golden Best』が90万枚を突破するほどの勢いとなっていた。今作も10万枚には届かなかったものの、「星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように」以来の初登場2位を記録し、初動だけで前2作の売上を突破、累計では「星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように」を上回り、21世紀(「さわやかな君の気持ち」以降)では最大ヒットとなった。

また今作を含むメドレーを追悼ライブ形式で紅白歌合戦でも特別コーナーで披露した。

グロリアス マインド

作曲:大野愛果、編曲:葉山たけし
アニメ『名探偵コナン』OP。入院して手術する前、前作発売直前の2006年4月に母親の付き添いでスタジオに来てレコーディングしたという正真正銘最後のレコーディング音源とされている。8月に発売された書籍『きっと忘れない』に歌詞と生前最後のレコーディングとなったこの時のエピソードが記載された事で初めて存在が公表された。この時は次のシングル用でタイアップの話があったので取り急ぎサビだけでもという事でサビの部分だけ歌詞を書いてレコーディングしたと説明されていた。

しかし実際にはサビ以外も存在していて、サビ以外は仮の英語詞が乗せられた音源がいつの間にかレコーディングされていた。直後の9月の追悼コンサートでサプライズ披露し、10月から『名探偵コナン』OPとしてOAを開始。ただしこの時期のコナンは連続して放送されていた『結界師』が不振によるゴールデン打ち切りで9月で深夜枠へ移動、08年1月に次の作品が始まるまでの繋ぎとしてコナンの1時間SP、『金田一少年の事件簿』の新作をやるなど秋のミステリースペシャルだとか黒のミステリースペシャルだとか銘打って10~12月の年内を引っ張っぱるというドタバタな時期だった。この期間はコナン以外の作品やコナンのリマスター再放送なども駆使した結果、なんと10~12月の間に今作が主題歌として放送された新作コナンはたった4回ポッキリであった。そして4回目最後の主題歌回は12月3日であり、今作の発売は12日なので使用終了後の発売であった。

明らかにサビ特化というか仮の英語詞なせいもあるがサビ以外は何だかパッとしないしこれから修正入りそうな感じで、サビとそれ以外がツギハギした感じだがアレンジで繋いだり繰り返したりして何とか1曲に仕立てている。未完成版「時間の翼」よりも未完成だったといえるかもしれないし、このような未完成仮歌音源なら倉庫に大量に眠ってお蔵入りしていそうな感じがするが、事態が事態だっただけに無理やりにでも形にしたような1曲。

たださらっと聞くと英語詞なところに若干の違和感はあるものの割と普通の1曲として聞けてしまう。かなり切なさ漂うメロディーなのでこれが結果的に最後になってしまったと思うと感傷的になってしまいなかなか何度も聞こうとも思えないところもある。それを抜きにしても葉山たけしが復帰して、王道路線復帰後のZARDの曲の中では06年の2シングルがちょっとパッとしなかったので久々に強い曲だったと思う。聞いた当時はやはり冷静ではなかったのでもっと名曲に聞こえたところもあったが年月を経てみると、前年のシングル群でちょっとまた停滞した感じがあった中で多少持ち直したくらいな印象で現在は落ち着いている。

なお元々タイアップの話があったというのがコナンだったのかどうかは不明。サビだけならCMタイアップの方がありそうだけど、CMにしちゃ暗いし、コナン用にまずはサビだけ提出するつもりだったのかもしれないし…。

あと若干時系列に不自然さがあるように思うのは『Request Best~beautiful memory~』投票が開始された6月27日時点で存在が明かされていないので投票リストには無かった。曲の存在が明かされて以降も曲を聞ける機会が前述のように9月の追悼ライブで初披露、一般的には10月以降4回しか使用されなかったコナン主題歌としてだけ。それがいつの間にか投票リストに加わっていたのか、投票者が勝手に投票してたのか、まさかの投票5位という猛烈な集中票を集める結果となった。当時しれっと5位になっていたのでかなり驚いた記憶がある。投票した時はリストに無かったし、元々秋発売予定で投票をやっていたので締め切り自体はけっこう早かったはずだが、その後投票がいつ終わったのか把握してない。50万票も来て集計が大変だったので延期になった頃にはもう終わっていて、そんなにギリギリまでは投票受け付けてはいなかったような…。
★★★☆☆
4thベスト『Request Best~beautiful memory~
1stBOX『ZARD PREMIUM BOX 1991-2008 Complete Single Collection』
2ndBOX『ZARD SINGLE COLLECTION~20th ANNIVERSARY~
5thベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~

グロリアス マインド
ZARD

C/W 探しに行こうよ(2007 version)

作曲:徳永暁人、編曲:葉山たけし
03年「明日を夢見て」C/Wのリアレンジ。GIZAサウンド全盛で軽かったサウンドが、厚みのある王道サウンドに蘇っており、やはりZARDはこういうサウンドが良いと改めて思える1曲。この曲が選ばれたのは君の死を無駄にしないというフレーズが入っていたからだと思うが、状況が状況だけに重すぎて当時なかなか何度も聞く気にはなれなかった。
★★★☆☆
2007 versionアルバム未収録
1stBOX『ZARD PREMIUM BOX 1991-2008 Complete Single Collection』
2ndBOX『ZARD SINGLE COLLECTION~20th ANNIVERSARY~

探しに行こうよ (2007 version)
ZARD

C/W 愛を信じていたい(2007 version)

作曲:徳永暁人、編曲:葉山たけし
97年「君に逢いたくなったら…」C/Wのリアレンジ。当時は王道サウンド連発中ながらもC/Wでは少し変わった方向のアレンジをやっていた時期でこの曲も少々実験的なアレンジになっていた。今回はそれを王道サウンドにリメイク。これに関しては元も良かったので何とも言えない。王道は王道でいいし、原曲もあれはあれで少し変わってた分だけ引っかかるものがあったわけだし。
★★★☆☆
2007 versionアルバム未収録
1stBOX『ZARD PREMIUM BOX 1991-2008 Complete Single Collection』
2ndBOX『ZARD SINGLE COLLECTION~20th ANNIVERSARY~

愛を信じていたい (2007 version)
ZARD

コメント

タイトルとURLをコピーしました