27th Silent love~open my heart~/BE WITH U

Silent love~open my heart~/BE WITH U(初回限定盤)(DVD付) Silent love~open my heart~/BE WITH U
07年11月28日
GIZA studioをメインに関西拠点で稼働していたビーイングだが、再び東京を拠点とした新レーベルNORTHERN MUSICを設立。GIZAのトップだった倉木麻衣がいきなりNORTHERN MUSICへ移籍した。当時はまだ愛内里菜、GARNET CROW、三枝夕夏 IN dbなどGIZAにはトップ10級の面々が残っていたがここからの数年間でかつての90年代末期のビーイングのように次々と引退・解散・移籍となってほぼみんないなくなってしまい、この頃からいて今もGIZAにいるのは徳永暁人が所属するdoaだけになってしまったのでNORTHERN設立と倉木麻衣の移籍はGIZAの時代が終わっていくターニングポイントだったのかも。なおGIZAからは一緒にスパークリング☆ポイントが移籍、2006年にGIZAからZAINへ移動していた滴草由実もこのタイミングでNORTHERNにやってきて合計3組で始まったが、スパークリング☆ポイントがその年のうちに停止してしまったのでいきなり2組となり、近年は滴草由実も会場限定CDに移行してしまい、設立以降一切の補充をしなかったため、結局ほとんど倉木麻衣専属レーベルになった。

NORTHERN移籍以降はビーイング以外の外部作家の起用が増え、ビーイング外で活躍している作家から1回ポッキリの参加や正体不明の横文字作家など多種多様となった。

今作ではついに初登場9位となり、いよいよトップ10入りがギリギリの状態へと陥った。初めてシングルに初回盤DVDが付属した。

Silent love~open my heart~

作編曲:Daisuke “DAIS” Miyachi & Yuichi Ohno、Strings Arranged by CHICA
初の外部委託曲。大体見た事のある作家で固まっていたので知らない名前が並ぶクレジットが新鮮だった。クレジットを見るとベース以外は生(ギター、ドラム、ピアノにそれぞれ奏者がいる)、ストリングスも生と打ち込み主体からガラッと生音志向になっていて、『ONE LIFE』でも今作の演奏クレジットだけ異様に長い。ただドラムは生にする必要なかったんじゃないかというくらい出てこないし、出てきても軽い音がチッチッと鳴っているだけで意識しないとほとんど耳に入ってこないし、全体にいつもより音が盛られているような印象もほとんど受けない。ストリングスこそ鳴っているものの、J-POP大ストバラ時代に突入していた中では控えめも控えめだし…。「白い雪」から2年連続ウィンターバラードで、「白い雪」が思いのほかシンプルな割に存在感が強かったのですっかり印象負けして埋もれてしまい、あまり覚えていないシングルの1つになってしまったところがある。
★★★☆☆
7thアルバム『ONE LIFE
2ndベスト『ALL MY BEST

Silent love~open my heart~
倉木麻衣
2007/11/28 ¥250

BE WITH U

作曲:徳永暁人、編曲:Cybersound
アコギと打ち込みが引っ張っていくリズミカルな楽曲。トラックの切れ味も良く、。クールながらもサビではそこそこキャッチーにはじけるし、既存作家の意地を見せたというか、特に「Season of love」でのCybersoundがキレが無くなってしまったように感じていたので、かなり安心感がある。
★★★☆☆
7thアルバム『ONE LIFE
2ndベスト『ALL MY BEST

BE WITH U
倉木麻衣
2007/11/28 ¥250

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*