1st 僕の行方

B00005ONW4
01年10月24日
“時代を後どり”、“ポピュラーミュージックグループ”というキャッチコピーを掲げての記念すべきデビュー作。BARKSによるこんな記事も残されているが、R&BやHIP HOPが主流になり、浜崎あゆみが全盛期で、桑田さんが1人ミリオン状態で、ミスチルの人気が復活して、GLAYラルクが大失速して青春パンクが元気だったこの時代に全く即さない音楽性だった事もあり、“時代を後どり”というキャッチは秀逸だった。しかしやはりCD売上が急速に冷え込む中での時代の後どりはマズかったのか今作リリース時点では全く無風状態で100位圏外。




僕の行方

作詞作曲:伊藤俊吾、編曲:キンモクセイ
イントロの瞬間から“あの頃”の雰囲気が漂う1stにして新人感のない貫禄安定の1曲。各楽器は決して派手には鳴らさないもののよく聞くとかなり細かく作りこまれたバンドサウンドになっていて色々な演奏に耳を傾けて聞くと毎回違う楽しみ方ができる。あとクレジットをよく見るとCongaの演奏クレジットがドラムの張替智広とは別枠でムーチョ張替になっているのが地味に遊んでて面白い。

夏の電車は走る~のサビもそこまでキャッチーというわけではないがけっこうクセになってきて普遍性が高い。一方で歌詞は夏の電車が僕らを乗せて走るという言葉に呼応するのが”引き返したい気もしらないで”、”残してきた人も知らないで”、”幾つの気がかりも知らないで”などとどれも未来を懸念するような言葉が並んでいて、デビューという始まりながらも相当な不安を抱えていてでも電車は止まれないから前に進むしかない…みたいな複雑な心境が見え隠れする。デビューの心境というだけでなく、電車は人生にそのまま置き換える事も可能。社会に出ていくというのはまさにこういう心情だよな…。

また“あの日の歌が蘇る”の後に“だけどなごり雪は降らない”と分かりやすく明示されているので主人公が思い浮かべているのはまさにかぐや姫、イルカの名曲「なごり雪」そのものだろう。

MVでは「8時だヨ!全員集合」のコントセットを再現しているが…01年10月時点で高校2年生でも既に番組名しか知らない世代だったので「二人のアカボシ」のヒット以降にこのジャケットを見た際もなんか昭和のコントっぽいセットだなとしか思えなかった。当時25歳前後だったメンバーは番組終了時点で10歳前後だったので小学生の頃の記憶として残っていたとは思われるがメンバーと同世代以上じゃないと分かった上での懐かしさは感じられないのでは…。

1stアルバムではストリングスは素晴らしいものだVersionとしてそのままストリングスを加えた豪華なアレンジ。まあ悪くはないけど別に入ってなくてもいいかなぁ…。
★★★★☆
1stアルバム『音楽は素晴らしいものだ』(ストリングスは素晴らしいものだVersion)
ベスト『ベスト・コンディション~Kinmokusei single collection~
再発限定べスト『ベスト・コンディション+レアトラックス

僕の行方
キンモクセイ
2007/11/21 ¥255

僕の行方 (ストリングスは素晴らしいものだVersion)
キンモクセイ
2002/07/03 ¥255

C/W しあわせ

作詞作曲:伊藤俊吾、編曲:キンモクセイ
やたらと自分を幸せだと連呼しまくる幸せ言い聞かせ系ソング。具体的に何がどう幸せなのかはあまり明かされず”こんな不順な生活なのに”、”こんな不純な生活なのに”あの人とこの人といれるから幸せだという。不純で不順なあの人とこの人との生活って一体…。まあ幸せかどうかは気の持ちようだと思うのでそういう事なんだろうけど、でも何かどこか疑問を持っていないとこんな幸せ幸せ連呼しないよなぁ…。
★★★☆☆
1stアルバム『音楽は素晴らしいものだ

しあわせ
キンモクセイ
2002/07/03 ¥255

C/W 逃げろ

作詞作曲:伊藤俊吾、編曲:キンモクセイ
01年に自主制作でリリースしたミニアルバム『キンモクセイの約18分』収録曲のリメイク。とにかく”逃げる”曲だがどうやら主人公は君が好きな事は不変ながら君にはあの人がいてあの人に対する憎しみが消えないので自制のために逃げる、という事なのか。『キンモクセイの約18分』のバージョンもだいぶロックで勢いがあったが、このC/Wでの再録はさらにブラッシュアップされていてより激しさが増している。特にボーカルの激情っぷりはなかなか他の曲では出てこないテンション感だと思う。
★★★☆☆
ベスト『ベスト・コンディション~Kinmokusei single collection~』初回盤Bonus Disc
再発限定べスト『ベスト・コンディション+レアトラックス』(自主制作盤ミニアルバム『キンモクセイの約18分』収録Ver.)

逃げろ
キンモクセイ
2001/10/24 ¥255

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*