WANDS シングル回顧+~3期 1997-2000~

残された木村はWANDSを続ける事にして、新たに和久二郎(Vocal)、杉元一生(Guitar)が加入。3期WANDSとして再始動を果たした。この新生WANDSを3期と銘打った事で公式にWANDSは1期、2期、3期と区分された。
しかし、ジャケットをイラストだけにしてメンバー表記をしなかったり、PVでもメンバーの姿を分かりにくいようにしたりと、一応3期WANDSとしてボーカルとギターが変わった事をアナウンスはしていたものの、ボーカルチェンジを隠すようなやり方に当時のファンが反発。
ちょうどインターネットが普及し始め、ファンサイト文化が盛り上がり始めていた頃だったので3期へのバッシング合戦となった。
3期のヒット2曲がいずれも少年少女向けアニメタイアップだった事もあり、交代劇を知らずに主題歌として親しんだ若い世代も多かった。このため後追いのリスナーほどフラットに3期を受け入れることができており、現在は3期を評価する声も一定以上見受けられる。

また和久二郎は解体後にビーイングを離れてソロとなり音源もネット上で公開していたがCD発売に至ることが無く契約切れになり長らく引退状態にあったが、2012年に本名の松元治郎として復活。同じく本名で活動している安保一生(杉元)の全面バックアップにより自主制作でのCD発売を行った。4年後の2016年には2作目もリリース。本人、安保の曲だけでなく、木村真也、綿貫正顕の提供もあり、ライブでは3期WANDSメンバーが揃ったという。
「WANDS シングル回顧+~3期 1997-2000~」の続きを読む…

WANDS

WANDS シングル回顧+~2期 1995-1996~

95年以降のWANDSは急速にロック色を強めた。生音バンドサウンドへ移行し、オルナタ方面へ向かった結果、キャッチ―さは薄れ、ヒットからも遠ざかっていく事となった。
あまりに急速にやりたい方向に舵を切りすぎたゆえか、「WORST CRIME~About a rock star who was a swindler~」の次のシングルとして用意された曲は(用意されたと言っているので提供だったっぽい)ポップ路線で、もう無理だと感じた上杉昇は脱退を決意。上杉のいないWANDSに興味がないとした柴崎浩もそれに追従して共に脱退して、他社でal.ni.coを結成。結局上杉と柴崎の間にも音楽性の隔たりがあったのか、al.ni.coは立て続けにシングル3枚、アルバム1枚をリリースして1stツアーを行うも1年以上の沈黙の末に解散してしまった。 「WANDS シングル回顧+~2期 1995-1996~」の続きを読む…

WANDS

WANDS シングル回顧+~2期 1993-1994~

大島康祐の脱退により、新たにキーボードとして木村真也が加入。ジャケット写真に登場したのは中山美穂&WANDSでの「世界中の誰よりきっと」からだったが、当時はメガネをかけていなかった。「時の扉」のジャケットでもかけていないが、以降はトレードマークであるデカメガネをかけるようになった。
93年はブレイクもあって怒涛のリリースラッシュとなったが、大島康祐のストック曲、新規の提供曲も引き続き採用されていた。メンバーの自作も行われていたが、ギターの柴崎浩による作曲はC/W、アルバムに留まり、提供曲によるヒットが中心だった。 「WANDS シングル回顧+~2期 1993-1994~」の続きを読む…

WANDS

WANDS シングル回顧~1期 1991-1992~

91年にデビューした当時のメンバーは上杉昇(Vocal)、柴崎浩(Guitar)、大島康祐(Keyboards)。
大島康祐が作編曲を主に担当して音楽性の中心となっていた。しかしシングルA面で大島が担当したのは3枚のうち1枚だけとなる。音楽性の違い及び大島が自身のユニットSo-Fiを結成するためとしてブレイクする前に脱退。中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」が大ヒットして引っ張られるように「もっと強く抱きしめたなら」が大ヒットした頃には既にメンバーは入れ替わっていた。

この時代のWANDSを1期と形容するようになったのは上杉柴崎が脱退後、和久杉元が加入した新たなWANDSを3期と公式に形容してからだった。
また初期にメンバーが安定してなくてすぐに入れ替わるというのは当時のビーイング系では割とよくある事だった。

1期ではシングル3枚、アルバム(ミニ)1枚をリリース。 「WANDS シングル回顧~1期 1991-1992~」の続きを読む…

WANDS

L⇔R 全シングル回顧 1992-1997(後編)

初公開時、初ブログとして公開するもまとめ版を制作していなかったので改めてまとめ、本来の過去曲回顧ページへ移行。これに伴い、1ページだと長いので前編、後編に分割。

2017.3執筆
一般発売された全アルバム及びシングルはCD、CD未入手のC/Wは配信を利用し、アルバムと同一音源のため入手不要と思われる1st、4thシングル以外を入手して視聴。

「L⇔R 全シングル回顧 1992-1997(後編)」の続きを読む…

L⇔R

L⇔R 全シングル回顧 1992-1997(前編)

L⇔Rはリアルタイムでは全く知らず、00年頃にミリオンヒットの8センチシングルを集めていた際に「KNOCKIN’ON YOUR DOOR」を入手したのが最初の出会いだった。
しかしこの時はそれっきりで、その後高3の頃にベスト盤『Last Roll』発売時に聞いてみようと思うもレンタル入荷されなかったのでその時は聞かず、大学3年か4年頃(05,06年)に図書館でベスト盤『Last Roll』を発見。よし聞いてみっか!と軽い気持ちで聞いたところ激しい衝撃を受けてそのままオリジナルアルバムを一挙制覇した。

過去曲回顧で取り上げたいとはずっと思っていたが、L⇔Rの場合プロリスナー的に洋楽と絡めて語られる事も多く、そういった文章を書くことは不可能であり、究極的に言えば全て極上のポップスの一言で話が終わってしまう。
それゆえ逆に書けなかったが、25周年でアルバムが一斉再発され、盛り上がってきているのでとりあえず1回書いてみようということで決行。

今回はC/Wまで含めたシングル13作のみに絞って振り返ってみたので個人的に上位に来る「SOCIETY’S LOVE」などアルバム曲は取り上げていない。

2017.3執筆
一般発売された全アルバム及びシングルはCD、CD未入手のC/Wは配信を利用し、アルバムと同一音源のため入手不要と思われる1st、4thシングル以外を入手して視聴。

「L⇔R 全シングル回顧 1992-1997(前編)」の続きを読む…

L⇔R