七音

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 灼熱の花 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人  
2 Fake my mind 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人  
3 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人  
4 いーんじゃない!! 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人 2ndシングル 最高34位 売上1.6万枚
5 アノヒト 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人 3rdシングル『ミネラル』C/W
6 夢の翼 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人  
7 恋は舞い降りた 七緒香 松本孝弘 松本孝弘&徳永暁人 1stシングル 最高22位 売上8.8万枚

リリースデータ

1998年1月28日 初登場14位 売上7.4万枚 ZAIN RECORDS

七緒香1stアルバム。97年5月にB'z松本孝弘が全面的にプロデュースを担当する新人として大々的にデビュー。ここまでの3シングルから3曲を収録。3rdシングル「ミネラル」はアニメ「中華一番!」EDとなっていたが未収録。「ミネラル」はアルバム未収録のままとなっており、現在も04年のビーイングGIZAのコンピ盤『It's TV SHOW!!』にのみ収録されている。全7曲は自身の名前とかけていた模様。また松本プロデュースは今作で終了し、次のシングルまでも1年10ヵ月ものブランクが生じた。

七緒香の声はどこか相川七瀬っぽい。これは織田哲郎がエイベックスから相川七瀬をデビューさせて大ヒットしたので(ただし織田哲郎曰くビーイングでやろうと思ったのに断られて他でやっていいと言われた)、B'z松本プロデュースで対抗させたといった感じ。ただ方向性は売れ線の明るいポップロックといった感じでダークな印象の相川七瀬とは真逆だし、何よりB'z松本のカラーがかなり濃い。あまりギターとか詳しくなくても90年代半ばのB'zを聞いたことがあるなら、今作は全編に渡ってB'zっぽい。キラキラしたキーボードやシンセの入り方なんかも98年当時のB'zはハードロック色を強めてあまり入れなくなっていたがその少し前の時期まではけっこうやっていた。ギターサウンドにしてもあまりB'zっぽいギターというのが分かっていなくてもB'zに聞こえるという改めてB'z松本の個性の強さが際立ったアルバム。B'z松本流のガールポップロックで7曲はあっという間。フルアルバムで聞きたかったと思える爽快な1作だが…前述のように七緒香本人の個性よりもB'z松本の個性が前面に出すぎた感もある。

七音

印象度★★★★☆

2019.6.19修正

戻る