Time flies(完全生産限定盤・初回仕様限定盤)

Disc 1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 OVERTURE   京田誠一 京田誠一 Instrumental 1stアルバム『透明な色』収録曲
2 ぐるぐるカーテン 秋元康 黒須克彦 湯浅篤 1stシングル 最高2位 売上21.4万枚
3 おいでシャンプー 秋元康 小田切大 TATOO 2ndシングル 最高1位 売上22.5万枚
4 走れ!Bicycle 秋元康 Shusui、伊藤涼、
木村篤史、ヒロイズム
湯浅篤 3rdシングル 最高1位 売上24.5万枚
5 制服のマネキン 秋元康 杉山勝彦 百石元 4thシングル 最高1位 売上31.4万枚
6 君の名は希望 秋元康 杉山勝彦 杉山勝彦、有木竜郎 5thシングル 最高1位 売上32.0万枚
7 ガールズルール 秋元康 後藤康二 後藤康二 6thシングル 最高1位 売上46.0万枚
8 バレッタ 秋元康 サイトウヨシヒロ 若田部誠 7thシングル 最高1位 売上51.7万枚
9 気づいたら片想い 秋元康 Akira Sunset 湯浅篤 8thシングル 最高1位 売上54.7万枚
10 夏のFree & Easy 秋元康 井上トモノリ 橋本幸太 9thシングル 最高1位 売上52.7万枚
11 何度目の青空か? 秋元康 川浦正大 百石元 10thシングル 最高1位 売上62.0万枚
12 命は美しい 秋元康 Hiroki Sagawa Hiroki Sagawa 11thシングル 最高1位 売上62.2万枚
13 太陽ノック 秋元康 黒須克彦 長田直之 12thシングル 最高1位 売上68.0万枚
14 今、話したい誰かがいる 秋元康 Akira Sunset、APAZZI Akira Sunset、APAZZI 13thシングル 最高1位 売上74.1万枚
15 ハルジオンが咲く頃 秋元康 Akira Sunset、APAZZI Akira Sunset、APAZZI 14thシングル 最高1位 売上83.5万枚

 

Disc 2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 裸足でSummer 秋元康 福森秀敏 APPAZI 15thシングル 最高1位 売上86.7万枚
2 サヨナラの意味 秋元康 杉山勝彦 若田部誠 16thシングル 最高1位 売上98.4万枚
3 インフルエンサー 秋元康 すみだしんや APPAZI 17thシングル 最高1位 売上105.2万枚
4 逃げ水 秋元康 谷村庸平 谷村庸平 18thシングル 最高1位 売上106.7万枚
5 いつかできるから今日できる 秋元康 Akira Sunset、京田誠一 京田誠一、Akira Sunset 19thシングル 最高1位 売上110.7万枚
6 シンクロニシティ 秋元康 シライシ紗トリ シライシ紗トリ 20thシングル 最高1位 売上132.1万枚
7 ジコチューで行こう! 秋元康 ナスカ 野中“まさ”雄一 21stシングル 最高1位 売上133.1万枚
8 帰り道は遠回りしたくなる 秋元康 渡邉俊彦 渡邉俊彦、早川博隆 22ndシングル 最高1位 売上137.5万枚
9 Sing Out! 秋元康 Ryota Saito、TETTA 野中“まさ”雄一 23rdシングル 最高1位 売上121.0万枚
10 夜明けまで強がらなくてもいい 秋元康 山田裕介 APPAZI 24thシングル 最高1位 売上119.5万枚
11 しあわせの保護色 秋元康 MASANORI URA 武藤星児 25thシングル 最高1位 売上112.0万枚
12 僕は僕を好きになる 秋元康 杉山勝彦 杉山勝彦、石原剛志 26thシングル 最高1位 売上71.9万枚
13 ごめんねFingers crossed 秋元康 杉山勝彦、APAZZI APAZZI 27thシングル 最高1位 売上69.7万枚
14 君に叱られた 秋元康 youth case 石塚知生 28thシングル 最高1位 売上62.3万枚
15 最後のTight Hug 秋元康 杉山勝彦 杉山勝彦、谷地学 11/5先行配信 初CD化 選抜

 

完全生産限定盤・初回仕様限定盤のみDisc 3
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 僕がいる場所 秋元康 杉山勝彦 杉山勝彦、有木竜郎 1stアルバム『透明な色』収録曲
2 きっかけ 秋元康 杉山勝彦 杉山勝彦、有木竜郎 2ndアルバム『それぞれの椅子』収録曲
3 スカイダイビング 秋元康 菅井達司 菅井達司 3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』収録曲
4 ありがちな恋愛 秋元康 杉山勝彦 野中“まさ”雄一 4thアルバム『今が思い出になるまで』収録曲
5 世界中の隣人よ 秋元康 taka taka 1st配信シングル 初CD化
6 Route 246 秋元康 小室哲哉 小室哲哉、Music Design 2nd配信シングル 初CD化
7 ゆっくりと咲く花 秋元康 石川陽泉 野中“まさ”雄一 新曲 2期生未発売曲(2020年)
8 歳月の轍 秋元康 Akira Sunset、APAZZI APAZZI、Akira Sunset 新曲 生田絵梨花ソロ
9 あなたからの卒業 秋元康 Tony23 野中“まさ”雄一 新曲 新内眞衣ソロ
10 Hard to say 秋元康 tee tea SHiNTA 新曲 現アンダー+現選抜のアンダー経験者

完全生産限定盤/初回仕様限定盤Blu-ray共通収録
1.「最後のTight Hug」Music Video

完全生産限定盤Blu-ray
2."10th Anniversary"Documentary Movie「10年の歩み」

初回仕様限定盤Blu-ray
2.「歳月の轍」 Music Video
3.「あなたからの卒業」Music Video
4.「Hard to say」Music Video
5.しかちゃんともっちゃんの動画

リリースデータ

2021年12月15日 初登場1位 売上35.2万枚 Total Produce:秋元康 Sony Records

メンバー

1期生 秋元真夏生田絵梨花、齋藤飛鳥、樋口日奈、星野みなみ、和田まあや
2期生 北野日奈子、新内眞衣、鈴木絢音、山ア怜奈
3期生 伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希
4期生 遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、柴田柚菜、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめ、早川聖来、矢久保美緒
新4期生 黒見明香、佐藤璃果、林瑠奈、松尾美佑、弓木奈於
 
卒業生 岩瀬佑美子、安藤美雲、柏幸奈、宮澤成良、市來玲奈、伊藤寧々、畠中清羅、永島聖羅、深川麻衣、橋本奈々未、中元日芽香、伊藤万理華、
川村真洋、生駒里奈、斎藤ちはる、相楽伊織、若月佑美、能條愛未、川後陽菜、西野七瀬、衛藤美彩、伊藤かりん、斉藤優里、桜井玲香、
佐々木琴子、井上小百合、中田花奈、白石麻衣、堀未央奈、松村沙友理、伊藤純奈、渡辺みり愛、大園桃子、高山一実、寺田蘭世
交換留学 松井玲奈(SKE48)
活動辞退 西川七海、矢田里沙子、米徳京花
契約終了 大和里菜

乃木坂46ベストアルバム。4thアルバムから2年8ヶ月ぶり。タイムファイルズではなくタイムフライズ。ここまでの28作のシングルCD表題曲+11月5日に先行配信されていた生田絵梨花のラストセンター新曲「最後のTight Hug」をリリース順に収録。ベスト盤としてはアンダー曲を集めた『僕だけの君〜Under Super Best〜』が2018年に発売されていたがベスト盤と銘打っておらず、今作が初のベストとして扱われ、10周年記念作としても扱われている。実際には11年8月結成、12年2月デビューのため、結成10周年は過ぎたがCDデビュー10周年を年明けに控えているという結成とデビューそれぞれの10周年の間のタイミングでの発売。「Sing Out!」以降がアルバム初収録。初登場1位から2週目5位、3週目となる年始は他に新譜も無かったため1.2万枚で1位に再浮上、自身初の返り咲き1位を記録した。

完全生産限定盤・初回仕様限定盤はDISC-3が追加され、4作のオリジナルアルバムリード曲4曲+配信限定2曲(アルバム初収録、初CD化)+2020年の2期生ライブで披露されMVも商品化されていたが未配信&未CD化だった2期生の未発売曲「ゆっくりと咲く花」+新曲3曲を収録。商品案内では「ゆっくりと咲く花」も新曲扱いで新曲4曲と表記されている。また現メンバー37人の生写真ランダム1種封入(完全と初回で写真が異なる)。

ゆっくりと咲く花」はレコーディング時のメンバーとなっているため既に卒業している佐々木琴子、堀未央奈、伊藤純奈、渡辺みり愛、寺田蘭世も参加している。佐々木琴子は卒業後の制作だったMVには参加していなかったが、音源には参加していたことが今作の参加表記により正式に判明した。

「最後のTight Hug」は28th選抜メンバーから卒業した高山一実を除くメンバーが参加、「Hard to say」は28thアンダーメンバーから卒業した寺田蘭世を除くメンバーに加えて現選抜でアンダー経験者である齋藤飛鳥・樋口日奈・星野みなみ・北野日奈子・新内眞衣・鈴木絢音・岩本蓮加・梅澤美波・久保史緒里が追加で参加している。

生田絵梨花、新内眞衣は卒業を発表していて最終参加作として発売され、DISC-3にそれぞれ卒業ソロ曲が収録された。生田は発売日当日が卒コン、31日付で卒業、新内眞衣は2月に卒業。星野みなみも直後に卒業を発表したため最終参加作となり2月に卒業。12月12日付で卒業となっていた寺田蘭世は卒業メンバー扱いで「Hard to say」には不参加。

完全生産限定盤は「最後のTight Hug」MVとドキュメントムービー「"10th Anniversary"Documentary Movie「10年の歩み」」を収録したBlu-ray付。3rd以降坂道グループの初回生産限定盤で共通している映像作品サイズの三方背BOX、HISTORY PHOTO BOOK封入。
初回仕様限定盤は「最後のTight Hug」、「歳月の轍」 、「あなたからの卒業」 、「Hard to say」のMV、「しかちゃんともっちゃんの動画」収録Blu-ray付、CDサイズの三方背BOX、フォトブック「ARCHIVE COLLECTION」封入。
通常盤はCD2枚組。
Sony Music Shop限定10周年記念メンバーカスタムジャケット盤はCDは通常盤と同じ2枚組でメンバーソロジャケット37種。各メンバーが選択した歴代ジャケットを着用+サイドに衣装のみ2着という構図で構成されている。生写真1種封入でこれはランダムではなく該当メンバーの写真が封入される。

配信版(DL/ST)は完全生産限定盤・初回仕様限定盤と同内容の全曲を収録したComplete Editionとして配信。ストリーミングはComplete Editionのみとなっている。
DL販売ではこれに加えて通常盤に該当するDISC-1,2の30曲のみ(バージョン表記無し)、完全生産限定盤・初回仕様限定盤のDISC-3のうちアルバムリード4曲を除く配信2曲+新曲4曲に「最後のTight Hug」も加えた7曲のみNew Song Editionでも配信。3種とも圧縮とハイレゾ版の2音源ある。

2nd〜4thアルバムで展開したタイプごとに収録曲が途中から変わる楽曲違い複数商法は行われず、これは1stアルバム、アンダーアルバム以来となる。また完全生産限定盤・初回仕様限定盤のみもう1枚追加されるという上位互換仕様なのは1stアルバム以来。Blu-rayのみ2種で内容が異なるため、映像と音源をコンプリートする場合は完全生産限定盤・初回仕様限定盤が必須となるが、音源のみの場合は完全生産限定盤・初回仕様限定盤のどちらか1種で全て揃う。またストリーミングはごちゃごちゃ分けずにComplete Edition1択。良く分かってないライトリスナーや未来のリスナーに向けても親切な仕様だ(AKB48は10周年ベスト『0と1の間』でこれを怠ってごちゃごちゃに発売、配信したせいでベスト盤が定番作にならなかった)。

なお今作は構成上、1度も選抜に入っていないメンバーは自動的にDISC-1,2の参加曲がゼロとなるが、メンバーカスタムジャケット盤は全員分制作されたため、山崎怜奈、中村麗乃、向井葉月、吉田綾乃クリスティー、金川紗耶、北川悠理、柴田柚菜、矢久保美緒、黒見明香、佐藤璃果、林瑠奈、松尾美佑、弓木奈於は参加曲ゼロのCDでソロジャケットを飾るという珍事が発生した。ただし完全生産限定盤・初回仕様限定盤DISC-3の全員曲「世界中の隣人よ」と新曲「Hard to say」はアンダーメンバー+歴代アンダー経験メンバーによる楽曲のため、該当メンバーもこの2曲には参加している。山崎怜奈は加えて2期生曲「ゆっくりと咲く花」にも参加。

歴代メンバーでは安藤美雲、柏幸奈、西川七海、矢田里沙子、米徳京花はDISC-3まで含めて今作には参加曲が1曲も無い。1期生は10thまでで全員を1度は選抜入りさせるように毎回入れ替えていたが(ファンの間で思い出選抜と言われていた)、安藤、柏はその前に卒業したため。西川・矢田・米徳は長期にわたって2期生の大半が研究生扱いのままで参加曲ゼロのまま活動辞退したため。2期生は1度も選抜入りせずに卒業したメンバーが他に伊藤かりん、佐々木琴子、伊藤純奈と3人いるが、「世界中の隣人よ」には3人とも参加、佐々木琴子、伊藤純奈は2期生曲「ゆっくりと咲く花」にも参加しているためゼロではない。

 

というわけで10周年ベストと言いつつストレートな選抜シングルコレクション「君の名は希望」が乃木坂らしさの原点にあるような1曲となったが当時からファン人気は高かったもののさほどブレイク感があったわけではなく、その次の「ガールズルール」でセンターを交代してからグングンと伸びていった。このためかみんな大好き杉山勝彦は意外なほどシングル曲にしばらく起用されていない。アルバムリード曲請負人とし4曲中3曲を担当しているもののシングル起用は「サヨナラの意味」まで無い上にその後も出番がなく、2021年になって急に連投された事になる。また季節ごとにややルーティン感(春は攻めのダンス系、夏は元気に明るいアイドル系で48系列と区別つかなくなる、秋はしっとり系)のあるシングルを続けながらじわじわと明確なピークが出来ないまま長く高い人気を保ち続け、気がついたら既にJPN化していたAKB48を抜き去っていた。明確な代表作は出なかったが逆に突出せずにピーク感が出なかったのが良かったように思う。

どれもいい曲…ではあるが正直TVとライブ映像で聞き飽きた感があり、新鮮だったのはTVもライブもほぼ常にTVサイズなので2番を聞くのが久々だったなというくらい。個人的にはやはりシングルとして求められるものはある程度のらしさも求められる上に、大体毎年この時期にこんな感じの曲というのが決まっているのか、年々難しくなっていく印象で、アンダーやユニット曲の方が自由で好きな曲が多い。なのであんまりベストアルバムという感じはしない単なるシングルコレクションという感覚ではあるんだけど、まあとりあえず今から聞くならこれだけ聞いておけというストレートな1作ではあると思う。シングル以外のファン投票ベストとか出ても面白いんじゃないかとは思った。

DISC-3はアルバムリード曲が並んでいて「きっかけ」はシングル以外で1番有名な曲だと思うが(ミスチル桜井が名曲だと誉めた、"みんな大好き杉山勝彦"な空気感が本格的に固まった、2021年紅白でも歌唱した)、リード曲だけあってシングル級。配信2シングルは企画色が強くなんどもいえないところ(コロバラと小室WOW WOW WOW WOW)。

「ゆっくりと咲く花」は2期生の歴史を踏まえた上で2期生への愛着とこの後どんどん卒業していったという点を踏まえて聞けば尊い曲ではあるが曲自体は割と普通のバラードなのでさらっと聞くと本当にフツー。生田ソロ「歳月の轍」も卒業していく心情に寄り添わせた作詞家お得意の卒バラにはなっているもののやはり卒バラの域は出ない。面白かったのは新内ソロの「あなたからの卒業」がシティポップ風のオシャレな雰囲気になった事で、卒バラ重ね掛けにしなかったのは好印象だし、一風変わった卒業ソングになった。

「Hard to say」は歴代アンダー経験者も加えているが正直そうした意味が分からない。逆に言うとアンダー経験が無いために参加していないのは1期生は秋元真夏のみ、3期生は山下美月、与田祐希だけである。4期生は遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめ、早川聖来と多くなるが4期生は選抜入りは24thからだがアンダー合流は28thからで1作しかなくそのまま28thの選抜とアンダーに別れているだけだ。1〜3期生ではアンダー未経験者は3人しかいない事になり、秋元真夏、山下美月、与田祐希の3人をハブったみたいになっていてなんとも…。4期生入れても残り9人なんだからもうここまで来るならいっそ全員曲でいいだろこれ

 

Blu-ray
「最後のTight Hug」Music VideoはいつものシングルMVと同じような雰囲気で生田絵梨花ラストソングとして綺麗な仕上がり。ロケ主体の作風が変なドラマ要素を除いた橋本奈々未最終作の「サヨナラの意味」を少し彷彿とさせる。

『"10th Anniversary"Documentary Movie「10年の歩み」』はなんと150分もある壮大なドキュメント映像。これまでのドキュメント映画よりもドキュメントしているというか10年を1年ごとに丁寧に振り返っていく。ドキュメント映画以上に長すぎるので一気に見るのはしんどくだれてくる部分もあるものの10年の歴史は確かに感じられる。

「歳月の轍」 、「あなたからの卒業」 、「Hard to say」のMVはたぶん後々MV集第3弾に入ると思われる。「歳月の轍」は割とイメージ通りだったけど、「あなたからの卒業」はオールナイトニッポンのラジオイメージをそのままMVに仕上げた内容、「Hard to say」は案の定メンバーが揃ってのダンスは無く個別シーンで構成。最初に顔が分かるのが現役でアンダー参加歴の長い和田まあや、それに続く山崎怜奈となっている演出は熱いが、その後は特にフューチャーもされず、現選抜の人たちのほうが何度も出てくる案の定な構成。まあそうなるよね…。

「しかちゃんともっちゃんの動画」はアルバム特典恒例になっているマネージャーのスマホ撮影動画集でこれだけでも1時間程度あってかなり長い。前回はやたら桃子桃子また桃子だったが今回は真夏さんがよく出てくるようになったような…。

完全生産限定盤の冊子『HISTORY PHOTO BOOK』は10年間の歴代写真を1年ごとにリリースイベント一覧と合わせて細かく並べたフォトブック。後半は現メンバー写真も収録。
初回仕様限定盤の冊子『ARCHIVE COLLECTION』は各シングルの全タイプジャケ写、アー写、MV写真(全員集合部分)、制服衣装&歌唱衣装(センターメンバー、Wセンターの曲は制服と歌唱で1人ずつ)、フォーメーション表、C/W曲目をまとめて1ページごとに掲載、アルバムは全ジャケ写、アー写、曲目のみとなっている。また「ALL MEMBER COLLECTION」として歴代全メンバーの加入時・卒業時(在籍メンバーは現在写真)のアー写を1人ずつ掲載。合格1ヶ月程度で辞めた1期生2人はさすがに無かった事になっているが、唯一の契約終了扱いの大和、研究生のまま辞退扱いの2期生3人もきちんと掲載されている。

資料的価値が高いのは初回仕様限定盤の『ARCHIVE COLLECTION』だと思うが、Blu-rayは3rdMV集が出た後は「しかちゃんともっちゃんの動画」以外は価値が失われるのでそうなると完全生産限定盤の『"10th Anniversary"Documentary Movie「10年の歩み」』の方が明らかに重要になってくるのでどっちを残すかなかなか難しい…。

なお歌詞ブックレットはただ作詞作曲編曲と歌詞が並んでいるだけの味気ないものなので、通常盤はCDとして手元に歌詞と盤を残したいにしても殺風景な感じはある(ジャケットも見ての通りメンバー不在の衣装だけだし)。サブスクに加入しているなら投げ売りされている通常盤をレンタルしたり中古格安入手するよりもDISC-3(特に「きっかけ」)が聞けるサブスクの方が優位性は高いと思う(Apple Music(※)、Amazon Music、mora qualitasであればハイレゾ相当で聞ける)。
※AppleはWindowsからはiTunesに排他モード搭載が無いのでハイレゾで出力できるのはApple製品限定)

B09HQW4CT7完全生産限定盤  B09HR5LGH9初回仕様限定盤  B09HR2PJ3Z通常盤(DISC1,2のみ) 

印象度★★★★☆

2022.1.29更新

戻る