complete of 織田哲郎 at the BEING studio

No タイトル 作詞 作曲 編曲 提供相手 備考
1 いつまでも変わらぬ愛を 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 - 11thシングル 最高1位 売上92.9万枚
2 SUMMER DREAM 亜蘭知子 織田哲郎 池田大介&鈴木康志 TUBE 1stセルフカバーアルバム『SONGS』収録曲
3 世界中の誰よりきっと 上杉昇&
中山美穂
織田哲郎 織田哲郎 中山美穂&WANDS 1stセルフカバーアルバム『SONGS』収録曲
4 揺れる想い 坂井泉水 織田哲郎 織田哲郎 ZARD 1stセルフカバーアルバム『SONGS』収録曲
5 君の瞳にRainbow 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 - 12thシングル 最高17位 売上14.8万枚
6 OH SHINY DAYS 小田佳奈子 織田哲郎 織田哲郎 TWINZER 1stセルフカバーアルバム『SONGS』収録曲
7 翼を広げて 坂井泉水 織田哲郎 JIMMIE HASKELL DEEN 1stセルフカバーアルバム『SONGS』収録曲
8 サヨナラから始めよう 森友嵐 織田哲郎 織田哲郎 T-BOLAN 1stセルフカバーアルバム『SONGS』収録曲
9 チョット 大黒摩季 織田哲郎 織田哲郎&
DENNIS MATKOSKY
大黒摩季 1stセルフカバーアルバム『SONGS』収録曲
10 君の笑顔を守りたい 織田哲郎&
萩原夕希
織田哲郎 織田哲郎 - 14thシングル 最高8位 売上18.6万枚
11 愛を語るより口づけをかわそう 上杉昇 織田哲郎 織田哲郎 WANDS 1stセルフカバーアルバム『SONGS』収録曲
12 このまま君だけを奪い去りたい 上杉昇 織田哲郎 JIMMIE HASKELL DEEN 1stセルフカバーアルバム『SONGS』収録曲
<Premium Tracks>
13 光と影の中で 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 - 9thシングル(収録アルバム同発) 100位圏外
14 Smile for me 織田哲郎 織田哲郎 織田哲郎 - 10thシングル 100位圏外
15 Wild Heart/TOUGH BANANA 舛添要一 織田哲郎&
江川ほーじん
&小田原豊
&小島良喜
  - TOUGH BANANA アルバム『TOUGH BANANA』収録曲

ストリングスアレンジ:JIMMIE HASKELL&織田哲郎(3)、JIMMIE HASKELL(11)
ストリングス&ブラスアレンジ:織田哲郎&JIMMIE HASKELL(10)

リリースデータ

2002年9月25日
2012年9月26日(廉価再発)
初登場83位 売上0.4万枚 B-Gram Records

TOUGH BANANAメンバー

Vocal,Guitar 織田哲郎
Bass 江川ほーじん
Drums 小田原豊
Keyboard,Piano 小島良喜

織田哲郎1st非公認ベストアルバム。at the BEING studioシリーズ第3弾。このシリーズは全て長戸大幸のプロデュース扱いとなっているが、今作のみ"Produced by DAIKOH NAGATO"のクレジットがない。この理由については明言されていない。織田哲郎名義のアルバムは93年以来(DON'T LOOK BACKでは98年)、シングル含めても00年以来となる。2012年にはBEING LEGEND開催に合わせて1680円の廉価版で期間限定再発された。廉価版はスリーブケースがカットされている。

BMGルームスでリリースした自身のヒットシングル上位3曲と93年のセルフカバーアルバム『SONGS』全11曲中9曲を収録。『SONGS』から外されたのはWinkに提供した「咲き誇れいとしさよ」と渚のオールスター名義で自身も参加していた曲を1人でセルフカバーした「Be My Benus」の2曲。プレミアムトラックはBMG移籍前にPLATZでリリースした作品群からの3曲で、シングル「光と影の中で」「Smile for me」、自身を中心に結成したバンドTOUGH BANANAとしてリリースしたアルバムから「Wild Heart」を収録。「君の笑顔を守りたい」「Smile for me」はアルバム初収録

今作に関しては発売日翌日の02年9月26日付の織田哲郎公式ページの日記で今作が送られてきたと綴っていた(公式サイトリニューアルにより現在は日記が削除されている)。それによるとライナーに書かれている"〜と推測する"いう当時の織田の心境を予測した部分に関してはすべてきっちり外れており、"一度くらい俺んとこ取材に来ればいいのに"と取材も受けていない事を綴っていた。さらに織田の経歴をたどっていく文中でも織田が高校の頃バンド活動をしていた地区近藤真彦に提供したという曲(「京都サマータイム・ブルース」と書かれているがこれは同じアルバムに入っていた馬飼野康二の作曲楽曲で、織田哲郎が作曲したのは「SUMMER IN TEARS」)という単なる事実関係の間違いまでもが指摘されていた。このシリーズのライナー取材者は全て同一人物のため、他のat the BEING studioシリーズでも的外れの推測や事実関係の誤記など同様の間違いが多いのではないかと思われ、実際後年の記述やアーティスト本人の語る内容と矛盾している箇所も多い。

本人が"これをcomplete of、と呼ばれてもなぁ"と当時の日記でコメントしていたようにソロミュージシャン織田哲郎の軌跡は全く含まれず(ソニー時代が対象外だし)、ヒットメイカー織田哲郎のヒット曲セルフカバーを主軸とした『SONGS』+αな再編集盤。まあヒット曲がたくさん聞けるので興味を抱きやすいアルバムではあるが、セルフカバーもあくまで別解釈的な比較的地味なアレンジのものが多い。何度か聞けば味が出てくるものの原曲の方がヒットを狙って仕上げたものなので当然聞きやすいわけで…。「いつまでも変わらぬ愛を」こそ1度聞いただけで耳に残るヒット路線全開の名曲ながらもオリジナル曲の数が少なすぎるので今作だけではベスト盤としては何とも言い難いところがある。

complete of 織田哲郎 at the BEING studio   complete of 織田哲郎 at the BEING studio(期間限定スペシャルプライス盤) 2012年廉価再発盤

印象度★★★★☆

2019.6.2修正

戻る