Zenyatta Mondatta

No タイトル 作詞作曲 備考
1 Don't Stand So Close to Me Sting 8thシングル
2 Driven to Tears Sting  
3 When the World Is Running Down,You Make the Best of What's Still Around Sting  
4 Canary in a Coalmine Sting  
5 Voices Inside My Head Sting  
6 Bombs Away S.Copeland  
7 De Do Do Do, De Da Da Da Sting 9thシングル(カット)
8 Behind My Camel A.Summers  
9 Man in a Suitcase Sting  
10 Shadows in the Rain Sting  
11 The Other Way of Stopping S.Copeland  

リリースデータ

1980年10月3日(LP)
1988年10月21日
1989年9月6日(ゴールドCD)
1993年2月28日
2003年4月23日(SACDハイブリッドCD)
2003年6月27日
2005年7月21日(LPサイズ紙ジャケットCD)
2005年9月21日
2006年11月22日
2007年1月24日(紙ジャケ)
2007年3月21日(次回作とのWパック)
2008年1月23日(SHM-CD)
2008年11月19日(紙ジャケSHM-CD)
2011年11月9日(SHM-CD)
2014年6月25日(プラチナSHM-CD)
2014年6月25日(SHM-CD)
2014年6月25日(SHM-SACD)
不明
-
-
-
-
-
-
-
-
初登場241位
-
-
-
-
-
-
-
不明
-
-
-
-
-
-
-
-
売上0.1万枚
-
-
-
-
-
-
-
Produced by THE POLICE and Nigel Gray A&M
ポニーキャニオン
ポニーキャニオン
ポリドール
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル

メンバー

GUITAR ANDY SUMMERS
DRUMS STEWART COPELAND
BASS&VOCAL STING

THE POLICE3rdアルバム。前作から1年ぶり。今作で初めて日本のO社ランキングにもチャートインした模様(88年以前が参照できないため詳細不明)。「Don't Stand So Close to Me」はスティングの教育実習の経験から着想を得て書かれたとされていて、邦題が「高校教師」になったため日本ではスティングは高校教師だったというイメージになってしまったが、実際には小学校の教員だったという。03年以降はリマスター、紙ジャケ、SACD、ハイブリッドSACD、SHM-CD、SHM-SACD…等々様々な発売形態でほぼ毎年のように再発されまくる状況が10数年続いた。今作の場合は2014年にSHM-CD、SHM-SACD、プラチナSHM-CDの3種で同時発売したのが最後となっている。何故今作のみSHM-CDの派生3種で発売したのかは不明。

最新リマスターは2018年のLPボックス用のリマスターを2019年にCD化したBOX『Every Move You Make: The Studio Recordings』収録のものとなる。

5枚のアルバムの真ん中に位置する3作目はそのままに前半後半を繋ぐ過渡期のような印象の1作。3人での演奏を基本としたスタイルは今作で完結して残り2作ではシンセの導入が目立つようになる。前2作で完成した3人の緊張感あふれる演奏は今作ではだいぶ緩めになっていて比較的ゆったり気味。全体に地味で落ち着いた印象が強く残る。タイトルの謎さとインパクトでは今作が1番だとは思うんだけど、全体にはやや物足りなさを感じる。ただ改めて何度か聞いているとシンプルな中でも凝った良さというのも見えてきてこれもまた悪くないと思えてくる。

ゼニヤッタ・モンダッタ2011年盤  ゼニヤッタ・モンダッタ(紙ジャケット仕様)2014年盤 

印象度★★★☆☆

2020.3.13更新

戻る