Single Best

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 KISSして/KOH+ 福山雅治 福山雅治 福山雅治/井上鑑 15thシングル(KOH+ 1st) 最高3位 売上14.7万枚
2 ひと恋めぐり 柴咲コウ Jin Nakamura 華原大輔 13thシングル 最高8位 売上4.6万枚
3 かたち あるもの 柴咲コウ/
山本成美
小松清人 華原大輔 6thシングル 最高2位 売上63.5万枚
4 柴咲コウ 渡辺未来 前嶋康明 9thシングル 最高2位 売上9.2万枚
5 Prism 柴咲コウ Jin Nakamura 市川淳 14thシングル 最高20位 売上1.5万枚
6 at home 柴咲コウ 鶴田勇気 REO 12thシングル 最高24位 売上0.9万枚
7 invitation 柴咲コウ Jin Nakamura 市川淳 10thシングル 最高9位 売上4.8万枚
8 眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ 前田たかひろ 多胡邦夫 家原正樹 3rdシングル 最高7位 売上5.8万枚
9 glitter 柴咲コウ 市川淳 華原大輔 7thシングル 最高6位 売上8.6万枚
10 思い出だけではつらすぎる 中島みゆき 中島みゆき 千住明 4thシングル 最高9位 売上3.8万枚
11 いくつかの空 秋元康 Jin Nakamura CHOKKAKU 5thシングル 最高10位 売上3.8万枚
12 Trust my feelings 原口睦
山本成美(補作詞)
久保田光太郎 家原正樹 1stシングル 最高50位 売上0.6万枚
13 月のしずく/RUI Satomi 松本良喜 松本良喜 2ndシングル(RUI) 最高1位 売上83.1万枚
14 actuality 柴咲コウ 華原大輔 華原大輔 11thシングル 最高20位 売上2.1万枚
15 Sweet Mom 柴咲コウ 市川淳 市川淳 8thシングル 最高3位 売上6.3万枚

ストリングスアレンジ:前嶋康明(2,3,6,9,14)、由宇あおい(13)、弦一徹(15あ)

リリースデータ

2008年3月12日
2008年12月3日(『Best Special Box』)
2012年11月7日(SHM-CD)
2016年10月5日(SHM-CD)
初登場1位
初登場54位
-
-
売上55.9万枚
売上0.9万枚
-
-
ユニバーサル

柴咲コウ1stベストアルバム。今作はシングルA面集となっており、RUI、KOH+名義含めたここまでの全シングルA面15曲を順不同で収録「Trust my feelings」「かたち あるもの」「actuality」、3rdアルバム『嬉々』以降の「Prism」「KISSして」5曲がアルバム初収録。初回盤は同じ曲目・曲順での15曲のMusic Videoを収録したDVD付。ここまでの3枚のオリジナルアルバムは1stが40万枚越え、2nd3rdは10万を越えた程度に留まっていたが、今作はアルバムでは初にして唯一の1位を獲得し(シングルでもRUIの1位は5週目だったため、初登場での1位はシングルアルバム含めて今作が唯一)、自身最大売上を記録した。

C/W、アルバムからセレクトした『The Back Best』と同時発売。2008年12月3日には今作初回盤(DVD付)と『The Back Best』通常盤をセットにしてSHM-CD化したBOX『Best Special Box』が発売された。

女優の歌手デビューは基本的にセルフタイアップ(自身出演のドラマ映画CM)が多いが、今作はドラマ・映画タイアップは多いが、自身が主演・2番手で出演した作品はそんなに無く、全く出演していない作品の主題歌を担当するケースが多かった。90年代まで王道だった主演主題歌パターンが通用しなくなりつつあった時期だったのもあるけど、必ずしも女優と歌手活動を強く結び付けていないところは少し珍しい。最大のヒット作になったRUIは映画『黄泉がえり』の役名だがクレジット上も「RUI」だけであり、終盤にライブを行うという役どころだったが、歌唱シーン以外に一切の台詞を発さない役柄であった。本人名義で最大のヒット作になった「かたち あるもの」に関してはドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』主題歌だが本人は出演していない(原作小説の帯コメントを担当して映画版には出演していたので作品への縁自体はあった)。1stシングルはラジオニッポン放送のタイアップでニッポン放送中心に大量OAするもコケてしまったので、歌手活動はこれっきり頓挫する可能性もあったが、RUIが大当たりになった事で本格的に歌手活動継続が決まったというからなかなか数奇だなと思う。

バラードが当たったため、どうしてもバラードのイメージが強く、実際バラードが多いが、独特な声質は確かにバラードでよく映える。しかしバラード以外の曲でも幅広く対応できていて、そもそも女優の柴咲コウが歌っているという感じはあまりしない。歌手柴咲コウは女優とはまた別のイメージがちゃんと確立されているように思う。

Single Best (DVD付初回限定盤) 初回盤DVD付    柴咲コウ Single Best 通常盤  Kou Shibasaki Best    Special Box『Best Special Box』

印象度★★★★☆

戻る