complete of T-BOLAN at the BEING studio

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
離したくはない 森友嵐士 森友嵐士 西村マーシー 2ndシングル(カット) 最高2位 売上47.2万枚
じれったい愛 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN&明石昌夫 5thシングル 最高2位 売上68.4万枚
刹那さを消せやしない 森友嵐士 森友嵐士&
五味孝氏
T-BOLAN&明石昌夫 9thシングル 最高1位 売上73.2万枚
おさえきれないこの気持ち 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN&明石昌夫 7thシングル 最高1位 売上82.6万枚
傷だらけを抱きしめて 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN&明石昌夫 9thシングル両A面曲
Bye For Now 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN&明石昌夫 6thシングル 最高2位 売上118.3万枚
マリア 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN&明石昌夫 12thシングル(カット) 最高3位 売上78.2万枚
わがままに抱き合えたなら 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN&明石昌夫 10thシングル 最高3位 売上40.4万枚
すれ違いの純情 森友嵐士 織田哲郎 T-BOLAN&葉山たけし 8thシングル 最高2位 売上74.3万枚
10 LOVE 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN&葉山たけし 11thシングル 最高3位 売上58.0万枚
11 愛のために 愛の中で 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN&葉山たけし 14thシングル 最高2位 売上24.4万枚
12 Happiness 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN&明石昌夫 8thシングルC/W
<Premium Tracks>
13 My Life is My way
-Live version 5th Tour“LOOZ”
94.3.19中野サンプラザ-
森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN&明石昌夫 4thアルバム『SO BAD』収録曲 ライブ音源 初収録音源
14 Heart of Gold
-Live version 5th Tour“LOOZ”
94.3.18中野サンプラザ-
森友嵐士 川島だりあ T-BOLAN&明石昌夫 2ndシングルC/W ライブ音源
15 EVERYTIME YOU GO AWAY
-Arashi Morimoto Solo Works
(with Takashi Gomi)-
D.HALL D.HALL AKIRA ONOZUKA コンピ盤『ROYAL STARIGHT SOULU』収録曲
16 DON'T LET ME DOWN
-Arashi Morimoto Solo Works-
JOHN LENNON
PAUL McCARTNEY
JOHN LENNON
PAUL McCARTNEY
KOJI“KITAROH”
NAKAMURA
コンピ盤『ROYAL STARIGHT SOULV Vol.1』収録曲

リリースデータ

2002年7月25日
2012年9月26日
初登場88位 売上0.4万枚 Produced by DAIKOH NAGATO B-Gram Records

メンバー

Vocal 森友嵐士
Drums 青木和義
Guitar 五味孝氏
Bass 上野博文

T-BOLAN4thベストアルバム。90年代のビーインググループをアーティストごとにまとめていくat the BEING studioシリーズ第1弾。シリーズは1ヶ月ごとに発売されていき、全18作と告知されこの時点では02年12月までのラインナップが告知されていた(途中で打ち切りになり16作で終了した)。スリーブケース仕様、リマスター、プレミアム音源の収録、ライナーノーツの封入がシリーズに共通したフォーマットとなっていた。C/Wだった「Happiness」がアルバム初収録。ライブ音源2曲と森友のソロ名義でコンピ盤に収録されていた洋楽カバー2曲がプレミアム音源として収録されている。スリーブケースでは「Happiness」以降が<Premium Numbers>と表記されているが、CDケース裏とブックレットでは「Happiness」は含まれず、「My Life is My way」ライブ音源以降が<Premium Tracks>と表記されている。2012年にBEING LEGENDツアーに合わせて1680円の廉価盤として期間限定再発された際はスリーブケースがカットされている。

代表ヒットを抑えつつもいくつかのヒットシングルは抜けがあり、アルバム曲は無し。「Happiness」の収録はレアだが、『SINGLES』と全く同じではないがほぼ同じような選曲で真新しさはあまりない。当時はこれまでのベスト盤よりグッと迫力の増したリマスターや既に資料に乏しくなっていた中で楽曲解説が記載されたライナーノーツ付属という点に価値があった。打ち込みっぽいロックサウンドや、メンバーにキーボードやシンセ担当がいないのにやたらオケヒでキメまくるアレンジはアーリー90'sという時代性は強いが森友の熱いボーカルには圧倒的な熱量がありそれこそが最大の魅力だと思う。

「My Life is My way」のライブ音源は生身のロックバンドT-BOLANの旨みが凝縮されており、打ち込み全開だったオリジナルには戻れないような勢い。「Heart of Gold」も同様にオリジナルよりも遥かに熱いバラードになっていて、T-BOLANはライブバンドだったんだなと思える。なおこの「Heart of Gold」、『FINAL BEST』のライブ音源冒頭の台詞の有無といった明確な違いがあるもののほとんど同じような感じに聞こえる。『FINAL BEST』の方に日付の記載が無く、今作リリース当時は同一ツアーで何回も収録していないだろうから同じじゃないかと思ったが、後々どんどんと同一ツアーでも別日のライブ映像が発表されているので別日の音源だった可能性も高い。

complete of T-BOLAN at the BEING studio   complete of T-BOLAN at the BEING studio(期間限定スペシャルプライス盤) 2012廉価再発

印象度★★★★☆

戻る