BEST OF WANDS VIDEO HISTORY

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
  VIDEO CLIP
1 寂しさは秋の色 上杉昇 栗林誠一郎 明石昌夫 1stシングル フル
2 ふりむいて抱きしめて 上杉昇 大島康祐 大島康祐 2ndシングル フル
3 もっと強く抱きしめたなら 上杉昇&
魚住勉
多々納好夫 葉山たけし 3rdシングル フル
4 時の扉 上杉昇 大島康祐 明石昌夫 4thシングル ほとんどディスコグラフィー映像な上に途中まで
  LIVE(Video Shooting Live at SHIBUYA ON AIR EAST ダイジェスト)
5 Baby Baby Baby 上杉昇 大島康祐 WANDS 2ndシングルC/W 1サビ
6 星のない空の下で 上杉昇 柴崎浩 WANDS 2ndアルバム『時の扉』収録曲 1サビ
7 もう自分しか愛せない 上杉昇 大島康祐 WANDS 1stアルバム『WANDS』収録曲 1サビ
8 世界中の誰よりきっと 上杉昇&
中山美穂
織田哲郎 WANDS ベスト『BEST OF WANDS HISTORY』収録の
アコースティックバージョン 1サビ
  REHEARSAL〜LIVE(LIVE JUNK #1 KEEP MY ROCK'N ROAD)
9 天使になんてなれなかった 上杉昇 柴崎浩 WANDS 3rdアルバム『Little Bit...』収録曲 フル
10 Jumpin' Jack Boy 上杉昇 栗林誠一郎 WANDS 7thシングル フル
11 愛を語るより口づけをかわそう 上杉昇 織田哲郎 WANDS 5thシングル フル
  VIDEO CLIP&メイキング
12 Same Side 上杉昇 上杉昇&
柴崎浩
WANDS 10thシングル メイキング&フル
  LIVE(LIVE JUNK #2 PIECE OF MY SOUL)
13 FLOWER 上杉昇 柴崎浩 WANDS 4thアルバム『PIECE OF MY SOUL』収録曲 フル
14 Secret Night〜It's My Treat〜 上杉昇&
栗林誠一郎
栗林誠一郎 WANDS 9thシングル フル
15 DON'T TRY SO HARD 上杉昇 柴崎浩 WANDS 4thアルバム『PIECE OF MY SOUL』収録曲 フル
16 Good Sensation 上杉昇 大島康祐&
柴崎浩
WANDS 1stアルバム『WANDS』収録曲
  VIDEO CLIP
17 DON'T CRY 上杉昇 川島だりあ 葉山たけし 3rdアルバム『Little Bit...』収録曲 
1番のみ そのまま次に繋がる
18 世界が終るまでは… 上杉昇 織田哲郎 葉山たけし 8thシングル フル
19 錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう 小松未歩 小松未歩 池田大介 12thシングル 1番のみ
20 Brand New Love 坂井泉水 綿貫正顕 WANDS 13thシングル フル
21 明日もし君が壊れても 坂井泉水 大野愛果 WANDS 14thシングル フル
22 「今日、ナニカノハズミデ生きてる」 AZUKI 七 三好誠 WANDS 15thシングル 1番のみ
23 AWAKE 木村真也 杉本一生 WANDS 6thアルバム『AWAKE』収録曲 エンドロールと被る

リリースデータ

2000年6月9日(VHS)
2000年8月1日(DVD)
B-VISION

メンバー

Keyboard 大島康祐(1991〜1992)
Vocal 上杉昇(1991〜1997)
Guitar 柴崎浩(1991〜1997)
Keyboard 木村真也(1992〜2000)
Vocal 和久二郎(1997〜2000)
Guitar 杉本一生(1997〜2000)

WANDS1st映像作品。WANDS解体を発表して最後にリリースしたベスト盤『BEST OF WANDS HISTORY』と同時発売でVHSのみで発売された後、2ヵ月遅れでDVD化された(99年12月に発売されていたT-BOLANのVHS『T-BOLAN FINAL BEST LIVE HEAVEN LIVE&CLIPS』のDVD化と同日発売)。WANDSの歴史をビデオクリップととライブ映像によりほぼ年代順に収録。クリップははフルで制作されていないものが多く、ショートサイズになっているものが多いほか、未収録になったクリップも多数ある。

WANDSの歴史を振り返る映像集といった趣き。作品画像が表示されるディスコグラフィーと合わせながら進んでいくのでクリップの最初と最後がディスコグラフィー画面になっていたり、ショートサイズだったり、今作には未収録になった曲のディスコグラフィーを表示させるため「時の扉」や「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」では映像の大半がディスコグラフィー映像を被せていたりもするが、とにかく当時の規格(VHS)としてはクリップとライブを目いっぱい収録したようなお腹いっぱいな内容。映像作品は初にして最後だったので当時は動くWANDSが商品化されただけでも価値があったが、クリップ集としてもライブ映像としてももう少し見たいと思えてしまうので中途半端な部分もある。

2012年の『BEST LIVE&CLIPS』は今作のほぼ拡大版のような内容となり、今作と大半が重複するが、重複していないのはLIVE JUNK#1のリハーサル部分、「Same Side」のPVメイキング、「AWAKE」(これはPVというよりほぼエンドロール)、ライブ映像では「Baby Baby Baby」、「もう自分しか愛せない」、「天使になんてなれなかった」(別日)、「DON'T TRY SO HARD」、「Good Sensation」(別日)となる。またそれ以外も重複したライブ映像も全て編集が異なるので今作の価値が完全になくなったわけではない。

一方で今作は音楽映像作品がVHSからDVDに移行していった過渡期だったせいなのか音量がメチャクチャ小さくしょぼい。『BEST LIVE&CLIPS』を見た後に今作を見ると少し厳しいかもしれない。

B00005HK0QDVD  B00005F5EBVHS

印象度★★★★☆

戻る