smile

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Smile 吉井和哉 吉井和哉 吉井和哉  
2 マリーにくちづけ 吉井和哉 吉井和哉 The Yellow Monkey  
3 Love Communication 吉井和哉 吉井和哉 The Yellow Monkey 5thシングル 最高29位 売上5.5万枚
4 サイケデリック・ブルー 吉井和哉 吉井和哉 The Yellow Monkey  
5 See-Saw Girl 吉井和哉 吉井和哉 The Yellow Monkey 5thシングルC/W
6 争いの街 吉井和哉 吉井和哉 The Yellow Monkey  
7 エデンの夜に 吉井和哉 吉井和哉 The Yellow Monkey  
8 イエ・イエ・コスメティック・ラヴ 吉井和哉 吉井和哉、
菊池英昭
The Yellow Monkey  
9 ヴィーナスの花 吉井和哉 吉井和哉 The Yellow Monkey  
10 “I” 吉井和哉 吉井和哉 The Yellow Monkey  
11 Hard Rain 吉井和哉 吉井和哉 The Yellow Monkey  
12 嘆くなり我が夜のFantasy 吉井和哉 吉井和哉 The Yellow Monkey 6thシングル(カット) 最高34位 売上3.1万枚
13 熱帯夜 吉井和哉 吉井和哉 The Yellow Monkey 4thシングル 最高59位 売上1.1万枚

リリースデータ

1995年2月1日
2000年8月19日(再発)
2013年12月4日(リマスター/Blu-spec CD2)
初登場4位
-
300位圏外
売上17.6万枚
-
-
Producers:吉井和哉/宗清裕之(Triad) TRIAD(日本コロムビア)

メンバー

Vocals&Guitar 吉井和哉
Guitars 菊池英昭
Bass 廣瀬洋一
Drums 菊池英二

THE YELLOW MONKEY4thアルバム。前作から11ヶ月ぶり。前作以降の2シングルとC/W「See-Saw Girl」を収録。1ヶ月後に「嘆くなり我が夜のFantasy」がシングルカットされた。「熱帯夜」でシングル初の1万枚突破を果たすと「Love Communication」は11日前の先行シングルだったもののトップ30入りして5万枚を越える売上を記録。人気急上昇の兆しが見える中で今作は一気に初のトップ10入りを果たした。2000年に廉価再発、2013年には非公認ベスト含む全アルバムが一斉にリマスター/Blu-spec CD2で再発された。2016年にDL、2018年にストリーミングでそれぞれ配信開始された際は2013年にリマスター再発された全アルバムにRemastered表記があり、2013年リマスター音源で配信されているものと思われる。

コンセプトアルバムだった前作をやりたい放題やり、ライブ動員も好調だが売上が伸び悩んでいた。担当スタッフの宗清裕之との話し合いの中、「10万枚で終わるか、1位を目指すのか」との問いにメンバーは1位を目指すと意志を確認し、メインライターの吉井は明確にヒットチャート向けの曲作りへと舵を切った。今作ではまずタイトルがこれまで長々とつけていたところから恐ろしくシンプルなものになったほか、タイトルに合わせてブックレットはカラフルな装飾で彩られ、バンド史上他に見ないような笑顔のメンバー写真で構成されている。

この路線変更により、これまでから一転してポップで聞きやすくなった。序盤で「Love Communication」を配置、ラスト2曲にシングル曲という構成も聞き始めと聞き終えた時の引っ掛かりが良い。ポップになったといっても派手にバンド外の音を導入するだとか、夢や希望をまっすぐに歌い始めたとかそこまで極端な売れ線に走ったわけではなく、らしさを十分に残した上でアングラからメジャーシーンへと殴り込みをかけにいったようなイメージ。セルアウトとする向きもあるが、ヒットチャートの中では今作もまだまだアングラに近い立ち位置で売れ線というほど売れ線ではない。一気に聞きやすくなったのは確かで後追いでベストアルバムの後にオリジナルアルバムも聞いてみようかという場合、ひとまず最高傑作と吉井和哉本人が公言している『SICKS』はマストとして、順番に聞くこだわりが無いのであれば今作から聞くとほぼイエモンのイメージ通りに躍進していく流れが体感できる

B00F4R19ZY2013年リマスターBlu-spec CD2盤  B00005HK8C00年再発盤  B00005I0EE95年盤 

印象度★★★★☆

※オリジナル盤ブックレットを参照しつつ、音源はAmazon MusicのRemasteredのHD(CD同等)音源で視聴しています。

戻る