14 message〜every ballad songs 2〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 UNSPEAKABLE 持田香織 菊池一仁 中尾昌文,大谷靖夫&伊藤一朗 22ndシングル『UNTITLED 4 ballads』1曲目 最高1位 売上37.0万枚
2 キヲク 持田香織 菊池一仁 村田昭&Every Little Thing 20thシングル 最高4位 売上13.7万枚
3 雨の鳴る夜、しずくを君に 持田香織 多胡邦夫 十川知司&Every Little Thing 7thアルバム『Crispy Park』収録曲
4 ソラアイ 持田香織 HIKARI HIKARI&伊藤一朗 26thシングル 最高8位 売上4.8万枚
5 nostalgia 持田香織 菊池一仁 tasuku&伊藤一朗 22ndシングル『UNTITLED 4 ballads』4曲目
6 しあわせの風景 持田香織 菊池一仁 中尾昌文&伊藤一朗 25thシングル『また あした』3曲目
7 azure moon 持田香織 HIKARI HIKARI&Every Little Thing 29thシングル 最高12位 売上2.6万枚
8 ルーム 持田香織 菊池一仁 大谷靖夫,中尾昌文&伊藤一朗 22ndシングル『UNTITLED 4 ballads』3曲目
9 恋文 持田香織 HIKARI HIKARI&Every Little Thing 27thシングル 最高1位 売上15.7万枚
10 五月雨 持田香織 多胡邦夫 中尾昌文&伊藤一朗 6thアルバム『commonplace』収録曲
11 帰り道 持田香織 tetsuhiko&
十川知司
十川知司&伊藤一朗 28thシングル『きみの て』C/W
12 good night 持田香織 HIKARI HIKARI&伊藤一朗 27thシングル両A面曲
13 また あした 持田香織 小幡英之 十川知司&Every Little Thing 25thシングル 最高3位 売上18.1万枚
14 愛の謳 持田香織 多胡邦夫 村田昭 22ndシングル『UNTITLED 4 ballads』2曲目

リリースデータ

2007年2月14日 初登場2位 売上11.7万枚 avex trax

メンバー

All Vocals&Backing Vocals 持田香織
All Electric&Acoustic Guitars 伊藤一朗

Every Little Thing2ndバラードベスト。01年の『Every Ballad Songs』の続編。前作リリース後、02年〜06年までの楽曲からバラード曲が選曲されている。「ルーム」「帰り道」はアルバム初収録。「ルーム」は後のベスト盤にも収録されているが、「帰り道」のアルバム収録は今作のみ。リマスタリングを担当したのは前田康二。初回盤はインタビューや写真が掲載された100Pスペシャルブック仕様。06年8月の『Crispy Park』、シングルカット『スイミー』以降ツアーを行っていて先行シングルが無い中で発売された。木村カエラの2週目に及ばず2位となり、前作を10万近く下回るなど前作同様に当時の最低売上を更新(リミックスアルバム除く)したものの、これ以降のオリジナルアルバムで今作の売上を越えた作品は無い。

シングルでバラード多めな割にアルバムではバランス取ってバラードじゃない曲をけっこうやったりはしていたんだけど、この時期のELTのイメージはやはりバラードだったと思うので、当時のイメージど真ん中な曲が並んでいて1曲でも印象に残っているなら聞いて損のない当時のイメージ通りのベスト盤。「fragile」頃までで印象が止まっているリスナーがこの時点でのELTの魅力を認識するには最適な1作だ。シングルでバラードを連発していたため、今回はほとんどがシングル曲。前作がバラードを片っ端からかき集めた感じだったのに対して今回はバラードの中から一応ちゃんと選抜した感じにもなった。5年間という区切りの中においても声が激変しているため、古い曲は野太く張り上げ、新しい曲になってくると枯れ気味で発音が丸くなるなど差があり、リリース順ではなく、曲順バラバラなのが今作のかなりの"妙"になっているように思う。

一方でシングルが多いゆえに『Every Best Single〜COMPLETE〜』を聞いた後だとほとんど被ってしまう。このためやや役目を終えつつあるベスト盤ではあるが、C/W曲である「帰り道」のアルバム収録は今作のみというのが今作最大のトピックか。

14 message ~every ballad songs 2~ (初回限定盤)初回盤  14 message ~every ballad songs 2~通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る