Beatles For Sale

No タイトル 作詞作曲 備考
1 No Reply Lennon-McCartney  
2 I'm a Loser Lennon-McCartney  
3 Baby's in Black Lennon-McCartney  
4 Rock and Roll Music Berry チャック・ベリーのカバー
5 I'll Follow the Sun Lennon-McCartney  
6 Mr. Moonlight Johnson ドクター・フィールグッド&ジ・インターンズのカバー
7 Kansas City/Hey, Hey, Hey, Hey Lieber-Stoller/Penniman リトル・リチャードのカバー メドレー
8 Eight Days a Week Lennon-McCartney  
9 Words of Love Holly  
10 Honey Don't Perkins カール・パーキンスのカバー
11 Every Little Thing Lennon-McCartney  
12 I Don't Want to Spoil the Party
パーティーはそのままに
Lennon-McCartney  
13 What You're Doing Lennon-McCartney  
14 Everybody's Trying to Be My Baby
みんないい娘
Perkins カール・パーキンスのカバー

リリースデータ

1964年12月4日
1965年2月15日(『ビートルズ '65』)
1968年8月1日(『ビートルズ '65』再発)
1987年2月27日(初CD化・モノラル)
1998年3月11日(87年盤再発)
2009年9月9日(リマスター、ステレオ初CD化)
2011年12月14日(09年盤限定再発)
2013年11月6日(09年盤再発)
2014年6月25日(09年盤限定再発)
2014年12月17日(09年盤限定SHM-CD)
2017年12月6日(2014年紙ジャケSHM-CD再発)
2019年10月2日(09年盤限定再発)
-
-
最高78位
最高7位
100位圏外
初登場43位
300位圏外
300位圏外
300位圏外
初登場98位
初登場193位
-
-
-
売上0.4万枚
売上4.7万枚
-
売上0.99万枚
-
-
-
売上0.12万枚
売上0.04万枚
-
Produced by George Martin パーロフォン
EMIミュージックジャパン
ユニバーサル

メンバー

Rhythm Guitar ジョン・レノン(John Lennon)
Bass ポール・マッカートニー(Sir Paul McCartney)
Lead Guitar ジョージ・ハリスン(George Harrison)
Drums リンゴ・スター(Ringo Starr)

The Beatles4thアルバム。年間アルバム2枚の契約を守るため、前作発売直後からレコーディングが開始されたがブレイクによるライブ活動やTV出演などのスケジュールがキツキツに詰まっており時間が無い中で制作が進んだ。このため新曲8曲、カバー6曲という1st、2nd時と同じ構成になっている。11月27日にはシングル「I Feel Fine」がリリースされていたが、なるべくシングルをアルバムに収録しない方針によって未収録となっており、今作は初めてシングル曲なしのアルバムとなった。

アメリカでは『Beatles '65』『Beatles VI』の2作に他の楽曲との組み合わせで分散されて収録された。日本ではイギリス準拠で発売されたが当時は原題が使用されず『ビートルズ'65』のタイトルで発売されていた。アメリカ独自編集盤の『Beatles '65』とタイトルが被っていたが日本盤はタイトルが違うだけでイギリス準拠。87年の初CD化以降は原題をカタカナにした『ビートルズ・フォー・セール』に改められている。87年のCD化の際はモノラルだったが、09年のリマスターの際はステレオ盤が初CD化され、ステレオが標準となった。モノラル盤は『MONO BOX』のみの収録となっている。

2009年リマスター盤はデジパック仕様、CD-EXTRA仕様になっており、当時のドキュメント映像が収録されている。このドキュメント映像はステレオBOXでまとめてDVD化されている。2009年リマスター盤はその後も定期的に価格と品番を変えて期間限定で再発売されているのでCDの内容自体は同じ(2009リマスター)でも複数の品番が存在する。2014年に初のSHM-CD&紙ジャケット仕様で発売されたものは日本独自企画の初回生産限定とされていて2017年にもこの仕様で再発された。2019年には映画『イエスタデイ』公開に合わせたカタログキャンペーンとして年内限定で廉価再発された。

クリスマス商戦にひっかけてこのようなタイトルになったそうだが、ビートルズ売り出し中ってオリジナルアルバムの中では最もやっつけ感が漂うタイトル…。カバー曲収録に戻ってしまったり、なんともお疲れ気味のジャケット写真といい、多忙すぎて時間が無いという状況が反映されているせいかどうもアルバムとしてもなんだかパッとしない。『赤盤』にも「Eight Days a Week」しか選曲されてないし、どうしても全アルバム並べていくと下の方にはなってしまう。ただ時間が無い中で契約に基づいてギリギリで制作されたという割には前3作よりもさらに色々やれることが増えた感じはあり、これだけの状況の中でここまで仕上げたというのは十分に凄いとも思える。

ビートルズ・フォー・セール2009年リマスター盤  ビートルズ・フォー・セール 2019年再発盤(2009音源)  ビートルズ・フォー・セール(紙ジャケット仕様)2014年紙ジャケSHM-CD盤(2009音源)  

ビートルズ・フォー・セール98年盤(1987音源)

印象度★★★☆☆

2015.12.1更新

戻る