Please Please Me

No タイトル 作詞作曲 備考
1 I Saw Her Standing There McCartney-Lennon  
2 Misery McCartney-Lennon  
3 Anna(Go To Him) Alexander アーサー・アレキサンダーのカバー
4 Chains Goffin-King クッキーズのカバー
5 Boys Dixon-Farrell シュレルズのカバー
6 Ask Me Why McCartney-Lennon 2ndシングルB面
7 Please Please Me McCartney-Lennon 2ndシングル
8 Love Me Do McCartney-Lennon 1stシングル モノラル
9 P.S. I Love You McCartney-Lennon 1stシングルB面 モノラル
10 Baby It's You David-Williamns-Bacharach シュレルズのカバー
11 Do You Want To Know A Secret McCartney-Lennon  
12 A Taste Of Honey
蜜の味
Scott-Marlow ミュージカルのために作られた曲のカバー
レニー・ウェルチのバージョンを基にカバーしたとされている
13 There's A Place McCartney-Lennon  
14 Twist And Shout Mediey-Russell トップ・ノーツのカバー

リリースデータ

1963年3月22日(イギリスLPモノラル)
1963年4月26日(イギリスLPステレオ)
1976年6月20日(日本)
1987年2月27日(初CD化モノラル)
1998年3月11日(87年盤再発)
2009年9月9日(リマスター、ステレオ初CD化)
2011年12月14日(09年盤限定再発)
2013年11月6日(09年盤再発)
2014年6月25日(09年盤限定再発)
2014年12月17日(09年盤限定SHM-CD)
2017年12月6日(2014年紙ジャケSHM-CD再発)
2019年10月2日(09年盤限定再発)
-
-
-
最高3位
100位圏外
初登場28位
300位圏外
300位圏外
300位圏外
初登場91位
初登場179位
-
-
-
-
売上6.6万枚
-
売上1.6万枚
-
-
-
売上0.12万枚
売上0.04万枚
-
Produced by George Martin パーロフォン
EMIミュージックジャパン
ユニバーサル

メンバー

Rhythm Guitar ジョン・レノン(John Lennon)
Bass ポール・マッカートニー(Sir Paul McCartney)
Lead Guitar ジョージ・ハリスン(George Harrison)
Drums リンゴ・スター(Ringo Starr)

THE BEATLES1stアルバム。62年10月5日に「Love Me Do」でデビュー、続く63年1月の「Please Please Me」のヒットを受けて急造された作品とされている。シングルとしてリリースされた4曲以外の10曲を1日でレコーディング。当日ジョン・レノンが風邪をひいていた。2トラック録音だったため、ほとんどの楽曲は1発録りになっている。ステレオ盤では右にボーカル、左に全演奏と音がセパレートしている。発売当時の主流はモノラルだったが、遅れてステレオでも発売されている。日本では編集盤が発売されていたため、当時このタイトルでの発売は無く、解散後の76年にようやくレコードで発売されている。87年の初CD化の際にはモノラルで発売され、09年のリマスター発売の際には初めてステレオでCD化されている。モノラルのリマスター盤は『MONO BOX』収録のみで単独発売されていない。2009年リマスター盤はデジパック仕様、CD-EXTRA仕様になっており、当時のドキュメント映像が収録されている。このドキュメント映像はステレオBOXでまとめてDVD化されている。

2009年リマスター盤はその後も定期的に価格と品番を変えて期間限定で再発売されているのでCDの内容自体は同じ(2009リマスター)でも複数の品番が存在する。2014年に初のSHM-CD&紙ジャケット仕様で発売されたものは日本独自企画の初回生産限定とされていて2017年にもこの仕様で再発された。2019年には映画『イエスタデイ』公開に合わせたカタログキャンペーンとして年内限定で廉価再発された。

なお「Love Me Do」「P.S. I Love You」はステレオマスターが破棄されてしまっているため、ステレオ盤でもモノラルで収録されている。レコードでステレオ発売されていた時は疑似ステレオバージョンで収録していたが不評だったので、今回はモノラルに差し替えたとのこと。またクレジットがこのアルバムの頃はおなじみのレノン=マッカトニーではなく、何故かマッカトニー=レノンと逆になっている。

オリジナル8曲、カバー6曲という構成で1stにして既に4人全員のリードボーカル曲が存在する。音が左右に完全セパレート(厳密には同時録音しているためボーカルの方にマイクで拾ってしまった演奏音は入っている)しているというのはなかなか奇妙な質感である。当時はモノを主眼において注力していたそうなので、どうもこの極端な音の割り振りは違和感が強い。モノラル音源2曲の方が固まっている分だけまだしっくり来るので、今作はモノラルバージョンを聞いた方がいいのかもしれない。2トラック録音など当時の技術面もあって、21世紀になって聞くともはや古典ともいえるが素朴な味わいがあり、全体的にはライブ感があるもののシンプル。そしてどこかで聞いたような曲も多い。「Twist And Shout」がカバーだったというのも驚きだった。

プリーズ・プリーズ・ミー2009リマスター  プリーズ・プリーズ・ミー2019年再発(2009音源)   プリーズ・プリーズ・ミー(紙ジャケット仕様)2014年SHM-CD紙ジャケ仕様(2009音源) 

プリーズ・プリーズ・ミー 1998年盤(87年初CD化モノラル音源)  

印象度★★★★☆

2015.11修正

戻る