Rubber Soul

No タイトル 作詞作曲
1 Drive My Car Lennon-McCartney
2 Norwegian Wood(This Bird Has Flown)
ノルウェーの森
Lennon-McCartney
3 You Won't See Me Lennon-McCartney
4 Nowhere Man
ひとりぼっちのあいつ
Lennon-McCartney
5 Think for Yourself
嘘つき女
Harrison
6 The Word
愛のことば
Lennon-McCartney
7 Michelle Lennon-McCartney
8 What Goes on Lennon-McCartney-Starkey
9 Girl Lennon-McCartney
10 I'm Looking Through You
君はいずこへ
Lennon-McCartney
11 In My Life Lennon-McCartney
12 Wait Lennon-McCartney
13 If I Needed Someone
恋をするなら
Harrison
14 Run for Your Life
浮気娘
Lennon-McCartney

リリースデータ

1965年12月3日(イギリス)
1966年3月15日(日本)
1967年6月5日(日本)
1987年4月30日(初CD化)
1998年3月11日(87年盤再発)
2009年9月9日(リマスター、ステレオ初CD化)
2011年12月14日(09年盤限定再発)
2013年11月6日(09年盤再発)
2014年6月25日(09年盤限定再発)
2014年12月17日(09年盤限定SHM-CD)
2017年12月6日(2014年紙ジャケSHM-CD再発)
2019年10月2日(09年盤限定再発)
-
-
最高49位
最高10位
100位圏外
初登場26位
300位圏外
300位圏外
300位圏外
初登場81位
初登場177位
-
-
-
売上4.4万枚
売上3.6万枚
-
売上1.8万枚
-
-
-
売上0.14万枚
売上0.04万枚
-
Produced by George Martin パーロフォン
EMIミュージックジャパン
ユニバーサル

メンバー

Rhythm Guitar ジョン・レノン(John Lennon)
Bass ポール・マッカートニー(Sir Paul McCartney)
Lead Guitar ジョージ・ハリスン(George Harrison)
Drums リンゴ・スター(Ringo Starr)

The Beatles6thアルバム。前作からわずか4ヶ月でのリリース。シングル「Day Tripper」と同時発売。年末リリースに間に合わせるために10月半ばからレコーディングが開始され、11月半ばまでの1ヶ月程度でレコーディングが終了したとされている。アメリカでも同じタイトルで数日後に発売されたが、例によって収録曲が異なっている。日本ではイギリス準拠で半年後に発売された。レコードではモノラル・ステレオで発売されていたが、1987年の初CD化の際はステレオで統一された。しかしCD化の際にはオリジナルのステレオ盤の出来に納得が行っていなかったジョージ・マーティンによりリミックスが施され、CDでは87年盤のリミックス音源が標準音源となった。後の『赤盤』『1』でも87年リミックス音源が使用されている。モノラル盤とオリジナルのステレオ盤はCD化されていなかったが(04年のアメリカ盤BOXでアメリカ盤はCD化)、09年のリマスターの際には『MONO BOX』にモノラル盤と合わせてオリジナルのステレオ音源もまとめて収録されている。この仕様は前作と今作のみとなる。

2009年リマスター盤はデジパック仕様、CD-EXTRA仕様になっており、当時のドキュメント映像が収録されている。このドキュメント映像はステレオBOXでまとめてDVD化されている。2009年リマスター盤はその後も定期的に価格と品番を変えて期間限定で再発売されているのでCDの内容自体は同じ(2009リマスター)でも複数の品番が存在する。2014年に初のSHM-CD&紙ジャケット仕様で発売されたものは日本独自企画の初回生産限定とされていて2017年にもこの仕様で再発された。2019年には映画『イエスタデイ』公開に合わせたカタログキャンペーンとして年内限定で廉価再発された。

シタールを導入した「Norwegian Wood」の印象が強いものの、後に見られるサイケ色や実験色は無くて比較的シンプルなフォークロック的なサウンドで統一されている。これまでよりも明らかにアーティストっぽいというか凝った雰囲気が随所に見られてこれまでとこれ以降の過渡期になるような印象のアルバムだ。有名な曲があまり入ってないので最初は地味なアルバムだと思ったけど、よくよく聞いてみると急いで作ったとは思えないほど進化していて聞きごたえがあるというのが凄い。

ラバー・ソウル2009年リマスター盤  ラバー・ソウル2019年再発盤(09音源)  ラバー・ソウル(紙ジャケット仕様)2014年紙ジャケSHM-CD盤(09音源)  

ラバー・ソウル98年盤(1987音源) 

印象度★★★★☆

2015.12.12更新

戻る