Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band

No タイトル 作詞作曲
1 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band Lennon-McCartney
2 With a Little Help from My Friends Lennon-McCartney
3 Lucy in the Sky with Diamonds Lennon-McCartney
4 Getting Better Lennon-McCartney
5 Fixing a Hole Lennon-McCartney
6 She's Leaving Home Lennon-McCartney
7 Being for the Benefit of Mr. Kite! Lennon-McCartney
8 Within You Without You Harrison
9 When I'm Sixty-Four Lennon-McCartney
10 Lovely Rita Lennon-McCartney
11 Good Morning Good Morning Lennon-McCartney
12 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) Lennon-McCartney
13 A Day in the Life Lennon-McCartney

リリースデータ

1967年6月1日(イギリス)
1967年7月5日(日本)
1987年6月1日(初CD化)
1998年3月11日(87年盤再発)
2009年9月9日(リマスター、ステレオ初CD化)
2011年12月14日(09年盤限定再発)
2013年11月6日(09年盤再発)
2014年6月25日(09年盤限定再発)
2014年12月17日(09年盤限定SHM-CD)
2017年12月6日(2014年紙ジャケSHM-CD再発)
2019年10月2日(09年盤限定再発)
-
最高34位
最高3位
100位圏外
初登場22位
300位圏外
300位圏外
300位圏外
初登場66位
初登場170位
-
-
売上11.1万枚
売上7.8万枚
-
売上1.9万枚
-
-
-
売上0.17万枚
売上0.04万枚
-
Produced by George Martin パーロフォン
EMIミュージックジャパン
ユニバーサル

メンバー

Rhythm Guitar ジョン・レノン(John Lennon)
Bass ポール・マッカートニー(Sir Paul McCartney)
Lead Guitar ジョージ・ハリスン(George Harrison)
Drums リンゴ・スター(Ringo Starr)

The Beatles8thアルバム。66年は2枚目のアルバムはリリースされず、代わりに12月に初のベスト盤『A Collection Of Beatles Oldies』(日本では主に『オールディーズ』と表記)がリリースされた。現役時代唯一のベストアルバムだが、これはCD化されていない。今作は66年11月から67年4月までかけて制作され、当時としては異例の長期レコーディングだったとされている。この間にシングル「Strawberry Fields Forever/Penny Lane」がリリースされたが未収録。今作はアメリカでも分割や水増しされずにそのまま発売されたが、13曲目の最後に収録された高周波と喋り声(「Sgt. Pepper Inner Groove」)はカットされた。レコードではモノラル・ステレオで発売されていたが、1987年の初CD化の際はステレオで統一された。モノラル盤の初CD化は09年のリマスターの際で『MONO BOX』にのみ収録されている。

2009年リマスター盤はデジパック仕様、CD-EXTRA仕様になっており、当時のドキュメント映像が収録されている。このドキュメント映像はステレオBOXでまとめてDVD化されている。2009年リマスター盤はその後も定期的に価格と品番を変えて期間限定で再発売されているのでCDの内容自体は同じ(2009リマスター)でも複数の品番が存在する。2014年に初のSHM-CD&紙ジャケット仕様で発売されたものは日本独自企画の初回生産限定とされていて2017年にもこの仕様で再発された。2019年には映画『イエスタデイ』公開に合わせたカタログキャンペーンとして年内限定で廉価再発された。

日本においては87年の初CD化のラインナップの中では最高売上を記録しているが、2009年リマスターの際は4番目の売上だった。

架空のバンドSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandによるショー仕立てというコンセプトによる世界初のコンセプトアルバムと言われている今作。ビートルズのアルバムの中でも世界的に有名で評価が高く、名盤ランキング等でも上位で取り扱われる事が多いらしい。一方でジョン・レノンはコンセプトアルバムではないという発言も残していて、実際に全てが全てビシッとコンセプトが貫かれているようには聞こえないが、ジャケットの雰囲気やアルバムの最初と最後の構成がそれっぽくなっているのでトータル色が強くなっているように感じられる。全体に実験サウンドが展開しまくっていて、どうやってその音出したんだというような極端なエフェクトがかかっていたり、ただでさえ実験的で複雑なところにジョージが傾倒していたインド要素が加わってより不可思議な世界観になっていたりと実にサイケデリック。先にシングルで出ていた「Strawberry Fields Forever」「Penny Lane」はそんな中でも確かな名曲だとは思うけど、今作は1曲1曲はさほど強くない。トータルで聞くと何だか凄く思えるようなまさにコンセプトアルバムだと思う。

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド2009年リマスター盤  サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド2019年再発盤(2009音源)  サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(紙ジャケット仕様)2014年紙ジャケSHM-CD仕様(2009音源)  

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド98年盤(1987年音源) 

印象度★★★★☆

2016.1.5更新