With the Beatles

No タイトル 作詞作曲 備考
1 It Won't Be Long Lennon-McCartney  
2 All I've Got To Do Lennon-McCartney  
3 All My Loving Lennon-McCartney  
4 Don't Bother Me Harrison  
5 Little Child Lennon-McCartney  
6 Till There Was You Willson ミュージカル「ミュージック・マン」劇中歌のカバー
ペギー・リーのバージョンを基にカバー
7 Please Mister Postman Dobbins-Garrett-Holland-Bateman-Gorman マーヴェレッツのカバー
8 Roll Over Beethoven Berry チャック・ベリーのカバー
9 Hold Me Tight Lennon-McCartney  
10 You Really Got A Hold On Me Robinson スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクスズのカバー
11 I Wanna Be Your Man Lennon-McCartney ローリング・ストーンズへ提供 セルフカバー
ストーンズは今作の数週間前にシングルでリリース
12 Devil In Her Heart Drapkin ドネイズのカバー
原曲の「His」を「Her」へ変更するなど男性から女性へタイトル・歌詞を修正
13 Not A Second Time Lennon-McCartney  
14 Money(That's What I Want) Bradford-Gordy バレット・ストロングのカバー

リリースデータ

1963年11月22日(イギリスLP)
1976年6月5日(日本LP)
1987年2月27日(CD、モノラル)
1998年3月11日(87年盤再発)
2009年9月9日(リマスター、ステレオ初CD化)
2011年12月14日(09年盤限定再発)
2013年11月6日(09年盤再発)
2014年6月25日(09年盤限定再発)
2014年12月17日(09年盤限定SHM-CD)
2017年12月6日(2014年紙ジャケSHM-CD再発)
2019年10月2日(09年盤限定再発)
-
-
最高4位
100位圏外
初登場38位
300位圏外
300位圏外
300位圏外
初登場99位
初登場196位
-
-
-
売上5.2万枚
-
売上1.2万枚
-
-
-
売上0.11万枚
売上0.04万枚
-
Produced by George Martin パーロフォン
EMIミュージックジャパン
ユニバーサル

メンバー

Rhythm Guitar ジョン・レノン(John Lennon)
Bass ポール・マッカートニー(Sir Paul McCartney)
Lead Guitar ジョージ・ハリスン(George Harrison)
Drums リンゴ・スター(Ringo Starr)

The Beatles2ndアルバム。前作が7ヵ月もの間ずっとチャート1位を独走している最中にリリースされ、代わって1位を獲得。イギリスでは史上初のミリオンを達成し、21週1位を獲得。大ヒットとなったが、ここまでにリリースされた3作のヒットシングルは「ファンに余計なお金を使わせないため」との理由で全て収録を外されている。日本での発売は前作同様に遅く、別タイトルの編集盤としてリリースされたため解散後の76年になってからだった。また当初イギリス出身でアメリカで成功したミュージシャンがいなかったため難色を示していたアメリカのキャピトルレコードはようやく重い腰を上げてリリースに踏み切ったが、アメリカではアルバムは12曲入りなど慣習があったため、収録楽曲をシャッフル、シングル等で水増しされしばらくは別タイトル、別内容でのリリースが続く。87年のCD化の際に全世界で公式作品が統一された。87年にはモノラルでCD化され、09年のリマスター発売の際にステレオで初CD化された。モノラル盤のリマスターは『MONO BOX』のみの収録となった。

2009年リマスター盤はデジパック仕様、CD-EXTRA仕様になっており、当時のドキュメント映像が収録されている。このドキュメント映像はステレオBOXでまとめてDVD化されている。2009年リマスター盤はその後も定期的に価格と品番を変えて期間限定で再発売されているのでCDの内容自体は同じ(2009リマスター)でも複数の品番が存在する。2014年に初のSHM-CD&紙ジャケット仕様で発売されたものは日本独自企画の初回生産限定とされていて2017年にもこの仕様で再発された。2019年には映画『イエスタデイ』公開に合わせたカタログキャンペーンとして年内限定で廉価再発された。

今回も前作に続いてオリジナル8曲、カバー6曲。特筆すべき点はジョージ・ハリスンの作曲家デビューである。また前作に続く2トラック録音のほぼ1発録りになっていて、例によってステレオでは演奏が左、声が右にセパレートしている。ただ前作より時間をかけられるようになって、少し凝りだした結果、ダビング作業が増えて2トラック録音では限界となってしまったという。次回以降は4トラックへと移行する。そんなわけで今作でもステレオは音の分離を楽しむものであり、音の固まったモノラル盤の方が良いのではないかと思う。リマスター盤はモノラルがBOXのみなのが悔やまれる。当時としても現代にしても強気といえるシングル全部スルーという内容は、結果的にはシングル曲だけが目立ってしまうことを避けてアルバムとしてのまとまりが出ていて1つの作品という感が強い。ただリズム&ブルースを意識していたそうで全体的にブルージーな曲が多く、軽快さもあるんだけどそこまで個人的に好きな曲は無かったりもする。

顔半分に照明が当たって、残り半分が影になっているというジャケ写は有名だったらしいが、このデザインをそのまま再現したFIELD OF VIEWのデビュー曲「君がいたから」のジャケ写の方を先に知っていたので、元ネタはこれだったのか!とようやく分かった。他にもビートルズの曲名は日本のアーティストが恐らく意識して同じものやもじったものをつけているのでそういう発見が後追いで出来るのも楽しい。

ウィズ・ザ・ビートルズ2009リマスター盤 ウィズ・ザ・ビートルズ2019年再発盤(2009音源)   ウィズ・ザ・ビートルズ(紙ジャケット仕様)2014年SHM-CD&紙ジャケット仕様(2009音源)  

ウィズ・ザ・ビートルズ 98年発売盤(音源は87年初CD化のもの) 

印象度★★★☆☆

2015.11修正

戻る