BEST BANG! BEST OF CURIO 1997-2000

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 君に触れるだけで NOB AJA CURIO&佐久間正英 5thシングル 最高14位 売上12.3万枚 
2 ひまわり NOB AJA CURIO&佐久間正英 2ndシングル 最高67位 売上0.8万枚
3 粉雪 NOB AJA CURIO&白井良明 4thシングル 最高29位 売上12.4万枚
4 風の宅急便 NOB AJA CURIO 3rdシングル(カット) 最高100位 売上0.2万枚
5 ときめき NOB AJA CURIO&白井良明 1stシングル 最高67位 売上0.5万枚
6 いつか見た夢 BRITAIN BRITAIN CURIO&白井良明 4thシングルC/W(カット)
7 オレンジのKISS NOB BRITAIN CURIO&佐久間正英 5thシングルC/W
8 TO BE LOUD NOB&AJA AJA CURIO&佐久間正英 6thシングル 最高22位 売上2.0万枚
9 BIG TODAY NOB AJA CURIO&佐久間正英 2ndアルバム『Sweet&Bitter』収録曲
10 SWEET&BITTER NOB&AJA AJA CURIO&佐久間正英 2ndアルバム『Sweet&Bitter』収録曲
11 メロディー BRITAIN AJA CURIO&佐久間正英 2ndアルバム『Sweet&Bitter』収録曲
12 W.T.C オオクボミツノブ アサジュンイチロウ CURIO&今井裕 3rdアルバム『PAWKY』収録曲
13 祈り オオクボミツノブ アサジュンイチロウ CURIO&今井裕 7thシングル 最高26位 売上2.5万枚
14 落陽と写真 オオクボミツノブ アサジュンイチロウ CURIO&今井裕 3rdアルバム『PAWKY』収録曲
15 see you,see me オオクボミツノブ アサジュンイチロウ CURIO&今井裕 8thシングル 最高43位 売上1.0万枚
16 GOOD MORNING BLUES オオクボミツノブ アサジュンイチロウ CURIO&今井裕 3rdアルバム『PAWKY』収録曲
17 BUZZ   AJA CURIO&吉田仁 2ndアルバム『Sweet&Bitter』収録曲 Instrumental

リリースデータ

2002年12月18日 300位圏外 Produced by CURIO,佐久間正英,白井良明,吉田仁,今井裕 Epic Records

メンバー

Vocal,Backing Vocals and Saxphone NOB
Guitars,Backing Vocals AJA
Bass Guitar,Backing Vocals KASSAI
Drums,Backing Vocals,Synthesizer and Programing BRITAIN

CUIRIOベストアルバム。1997〜1999年までのシングル8枚、アルバム3枚からの選曲(在籍は一応00年までなのでタイトルも1997-2000となっているが00年は新曲が出ていない)。リマスターが明記されており、井上剛がリマスターを担当。00年にボーカルNOBが覚せい剤所持により逮捕され、活動休止とEpicとの契約終了が発表されていた。01年にAJAが脱退して3人で活動を再開、インディーズレーベルから作品をリリースし、east west japanでメジャー復帰も果たして11月に4thアルバム『Glitters』をリリースしていたがそこから1ヶ月で今作がリリースされた。ジャケットやブックレットでのメンバー写真は全てイラスト加工されているがディスコグラフィーのジャケット写真はそのまま掲載、また"all songs compiled by CURIO"というクレジットもされている。またこの時点でAJAが脱退しているため、メンバー表記部分が"CURIO are"ではなく"CURIO were"と過去形に変えられている

活動再開後の作品は100位圏外となっており、今作発売時点では集計が300位以内に拡大していたがそれでも300位圏外となりランクインしなかった。03年に解散。12年にNOBとAJAで活動を再開し、2014〜2016年にかけてはBRITAINも合流、KASSAI以外の3人で本格的に再結成して新作を連続で発表した。

やや順番は前後しているが、ほぼ時系列でシングル8作、アルバム3曲からバランス良く選曲。ヒット曲「君に触れるだけで」「粉雪」をリード曲として前半はポップなCURIO、中盤〜後半にかけてはダウナーな面も含めてもう少しロックバンドとしてのハードな佇まいも見せていくような構成。突き抜けた明るさとポップさがやはり最大の魅力だったと思うし、序盤の勢いは圧巻。今作でも後半の印象がやや薄くなってしまうのは否めないが、聞き込むほどに後半の魅力も見えてくる。単に売れ線ポップなだけではない幅広さを持ったバンドだったと思う。「君に触れるだけで」「粉雪」の後に一気にシングルでも硬派な方向になってしまったのが改めてちょっと惜しかった。

B00007DXRY

印象度★★★★☆

2019.5.23修正

戻る