Another Side Memories〜Precious Best〜(初回盤)

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 DREAMIN' 池森秀一 池森秀一 大島康祐 1stシングル『このまま君だけを奪い去りたい』C/W※
2 夢のつづき……Love in my dream 池森秀一 池森秀一 葉山たけし 2ndシングル『翼を広げて』C/W
3 FOREVER 池森秀一 池森秀一 大島康祐 3rdシングル『Memories』C/W
4 さよならも言わないで〜Rain〜 池森秀一 池森秀一 池田大介 4thシングル『永遠をあずけてくれ』C/W
5 いつか僕の腕の中で 池森秀一 山根公路 池田大介 5thシングル『瞳そらさないで』C/W
6 Run Around 池森秀一 池森秀一 葉山たけし 6thシングル『Teenage dream』C/W
7 もう一度… 池森秀一 池森秀一 池田大介 7thシングル『未来のために』C/W
8 少年 池森秀一 山根公路・
田川伸治
古井弘人 8thシングル『LOVE FOREVER/少年』両A面曲
9 日曜日 池森秀一 池森秀一 池田大介 9thシングル『ひとりじゃない』C/W
10 月に照らされて 池森秀一 山根公路 古井弘人 10thシングル『SUNSHINE ON SUMMER TIME』C/W
11 Dancin' alone 池森秀一 田川伸治 DEEN 11thシングル『素顔で笑っていたい』C/W
12 love me 池森秀一 山根公路 池田大介 12thシングル『君がいない夏』C/W
13 海の見える街〜Indigo days〜 池森秀一 宇津本直紀 池田大介 13thシングル『夢であるように』C/W
14 go with you 池森秀一 池森秀一 池田大介 14thシングル『遠い空で』C/W
15 TAKE OFF〜まだ始まったばかり〜 池森秀一 田川伸治 DEEN 15thシングル『君さえいれば』C/W

※元々池森はソロのソウルシンガーとして93年春にデビューアルバムをリリース予定だった(『ウーマンドリーム オリジナルサウンドトラック』より)が、DEENで急遽デビューが決定。
1stシングルC/W『DREAMIN'』はそのコンピ盤『ウーマンドリーム オリジナルサウンドトラック』に池森秀一のソロ名義で収録されていたものをリメイクしたもの。

 

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 愛しい人 池森秀一 田川伸治 DEEN 16thシングル『手ごたえのない愛』C/W
2 晴れた空の下、きみつれて 池森秀一 山根公路・
宇津本直紀
DEEN 17thシングル『遠い遠い未来へ』C/W
3 Burning my soul 池森秀一 山根公路・
宇津本直紀
DEEN 18thシングル『JUST ONE』C/W
4 すてちまえ! 池森秀一 田川伸治 DEEN 19thシングル『MY LOVE』C/W
5 The Room 池森秀一 宇津本直紀 DEEN Classics ONE WHITE『Christmas time』収録曲
6 Power of Love(Cool-mix) 池森秀一 DEEN DEEN&Team T.O.S. 20thシングル『Power of Love』C/W リミックス曲
7 恋人よ、夢も嘘もすべて 池森秀一 池森秀一 DEEN Classics TWO SEPIA『秋桜〜more&more〜』収録曲
8 Break it! 池森秀一 池森秀一 DEEN・時乗浩一郎 24thシングル『Birthday eve〜誰よりも早い愛の歌〜』C/W
9 桜の下で逢いましょう 池森秀一 山根公路 DEEN 25thシングル『翼を風に乗せて〜fly away〜』C/W
10 Paradise 池森秀一 池森秀一 DEEN 26thシングル『太陽と花びら』C/W
11 Re-Birth 池森秀一 田川伸治 DEEN 27thシングル『ユートピアは見えているのに』C/W
12 月光の渚 池森秀一 田川伸治 DEEN 28thシングル『レールのない空へ』C/W
13 Summer Breeze 池森秀一 池森秀一 DEEN・時乗浩一郎 29thシングル『STRONG SOUL』C/W
14 Fine day 池森秀一 田川伸治 DEEN 30thシングル『愛の鐘が世界に響きますように』C/W

初回盤DVD
DEEN LIVE JOY Break2〜All over the world〜at Shibuya Kokaido

リリースデータ

2010年10月24日 初登場35位 売上0.4万枚 B-Gram Records

メンバー

Vocal 池森秀一
Keyboard 山根公路
Guitar 田川伸治(正式には5thシングルから加入)
 
Drums 宇津本直紀(正式には1stアルバムから加入。今作だとライブDVD及び「Run Around」〜「The Room」まで在籍。

DEEN1stC/Wベストアルバム。98年まで在籍したB-Gram(ビーイング)からの発売。93年のデビューから04年までのC/Wのうちライブ音源、カバー、別アレンジ以外のオリジナル楽曲全てをリリース順に収録。リミックスである「Power of Love(Cool-mix)」は対象外にならずに普通に収録された。またクラシックスシリーズも対象となり、オリジナル曲である「The Room」、「恋人よ、夢も嘘もすべて」が収録されたが、リメイク2曲やインストは未収録。初回盤は未公開だった98年Break2の最終公演の模様をMC除いてフル収録したライブDVDが付属する。今作発売に合わせて初めてビーイングによるDEENサイトが制作された(ビーイング在籍時から事務所制作の公式ページが充実していたためビーイングドメインのページが存在しなかった)。同時発売の『ALL TIME LIVE BEST』とは連動応募特典を展開するなど協力体制がとられ、今作のブックレット写真もビーイング在籍時ではなく比較的直近の写真が使用されるなど、ビーイング離脱組のビーイングサイド発売作品としては非常にレアな完全公認作となっている。

98年に16thシングル『手ごたえのない愛』より、BMGにビーイングレーベルBERGを作って移籍したため、DISC-2以降の楽曲はAriola Japan(旧BMG)となるはずだが、クレジットではDISC-2の8曲目以降(02年後半)の権利がAriola Japanとされている。またBERGマークが消えたのは26thシングル『太陽と花びら』だったが、今作の権利表記では24thシングル『Birthday eve〜誰よりも早い愛の歌〜』から権利がAriolaに移行になっていて、時期にズレがある。同時発売のライブベストでも02年前半の「和音」までのライブ音源の権利がB-Gramになっているなど移行した時期自体は一致している。また03〜05年に発売されたライブDVDはビーイング時代の楽曲を全てカットして収録するなど編集が施されていたため、98年のレコード会社の移籍及び03年のBERGマークの消失といったタイミングは権利とは関係が無く、02年前半と02年後半が権利の区切りとなっていたのは間違いないようだ。

 

音圧を下げる方向でリマスターが施されていた直近の『The Best クラシックス』『PERFECT SINGLES+』から一転して今作は音圧が凄い。1曲目の「DREAMIN'」から物凄い圧で突っ込んでこられるような印象を受け、『The Best クラシックス』『PERFECT SINGLES+』と同じボリュームで聞こうとするとあまりの音のデカさにボリュームを全力で下げにかかる事になるのは必定。これはリマスターもビーイング側で行っていて島田勝弘が担当したためと思われる。「The Room」と「恋人よ、夢も嘘もすべて」は『The Best クラシックス』にも収録されていたので比べてみれば分かるが格段に違う。今作以降に行われた島田勝弘によるZARDやDEEN、T-BOLANのBOXでのリマスターよりも派手に仕上げているのでまあそういう時代だったにしても…強い…。しょぼいよりは好みではあったが…。

ほとんどの曲がアルバム初収録なので非常に重宝される1作。初期はソウルシンガーとしてソロデビューするはずだった池森の当時の志向が全開のブラックミュージック色の強い曲が多く、一般的なDEENのイメージとはかなり異なる曲が並んでいる。実際ソロデビューに向けて曲を書き溜めていたので最初期の楽曲はソロ用に用意していた楽曲をDEENに流用していたんじゃないかと思う。メンバーも山根以外は定まっていない時期だけにバンドサウンドにもあまりこだわっていなくて打ち込み色が強い。メンバーが固定して池森以外も作曲に関わりだすと、A面のイメージに近い曲も増えていくが基本的にはあまりA面では見せないような曲をC/Wで行っているという感じ。個人的なC/W全盛期はDISC-1後半〜DISC-2前半。この頃は王道の中で新しいことをいろいろやっている感じながら聞きやい曲が多く、A面イメージが強いリスナーでもすんなり入れる曲が並んでいるように思う。

DISC-2後半になると自由度が増しすぎてサウンド的には凝ってて面白いもののメロディー的にパッとしないファンキーな曲が多くなっている印象。2010年発売で2004年までというのは中途半端ではあったが、2016年には続編も出て一応この先も繋がった

今作の収録範囲である04年作品までで未収録のC/W一覧 ライブ音源別バージョンカバー
『Memories(Live at Yokohama Arena 19991211)』(20thシングルC/W)
横浜アリーナでのライブ音源。初のライブビデオ『LIVE JOY Special YOKOHAMA ARENA』からの先行収録という形でCDアルバム未収録だがDVD化はされている。

『Soul inspiration<in Break5>』(21stシングル『哀しみの向こう側』C/W)
00年7月から発売時にまだ開催中だったツアーBreak5からのライブ音源。これがいつの音源かは明記されていないがDVD化された同曲は今作より後の公演のもので別音源。

『今日の日はさようなら』(22ndシングル『見上げてごらん夜の星を』C/W)
カバー曲。アルバム『和音〜songs for children〜』では宗次郎のオカリナが加えられているがC/Wバージョンでは宗次郎が参加していない。

『the end of the world』(23rdシングル『夢で逢えたら』C/W)
洋楽カバー曲。原田知世とのデュエット。原田知世が94年にソロでカバーしていた楽曲を改めてデュエットでカバーしている。

『夢で逢えたら afternoon cafe style』(23rdシングル『夢で逢えたら』C/W)
表題曲(カバー)の別バージョン。昼下がりのカフェの雰囲気を感じさせるアコースティック調の別アレンジ。

『Birthday eve〜a capella〜』(24thシングルC/W)
表題曲のアカペラバージョン。

『STRONG SOUL(Stadium mix)』(29thシングルC/W)
表題曲の別ミックス。東京ヴェルディ1969の応援歌だったので間奏部分にスタジアムでのサポーターを思わせる歓声が挿入されているが、それ以外は同じでライブ音源でもない。

『White Christmas』(30thシングルC/W)
クリスマススタンダードのカバー。「愛の鐘が世界に響きますように」に参加していた亀渕友香&Voices of Japanとのアカペラ。

『OCEAN〜The Korean Version〜』(30thシングルC/W)
アルバム『ROAD CRUISIN'』収録曲の韓国語バージョン。韓国で発売された際の同作にボーナストラックとして収録していたもの。

またClassics2作からは表題曲の別アレンジインスト楽曲(3曲+2曲)、過去シングルリメイク(2曲+2曲)が未収録だがリメイクに関しては『The BEST クラシックス』収録済み。

Another Side Memories~Precious Best~(初回限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付  Another Side Memories~Precious Best~ 通常盤 

印象度★★★★☆

2019.6.27修正

参考画像


最も古い「Dreamin'」のイントロ(Left)。格段に音圧が上昇したので元のイメージで聞くと驚くレベル。


「The Room」のリズムが入ってからのイントロ部分(Left)。クラシックベストでの抑え込まれっぷりも酷いが、シングルと今作でも形が異なっている。オーバー気味だったところを修正した感じか?

戻る